ymd

運命じゃない人のymdのレビュー・感想・評価

運命じゃない人(2004年製作の映画)
4.0
あっぱれ内田けんじ。
彼のデビュー作にして最高傑作にして邦画の輝かしい歴史である。

群像劇というにはあまりに情けなくて気が抜けているが、そのパースペクティブは極めて緻密で策士的。そしてそれを鼻につかせない緩いユーモアも備えているから恐れ入る。

そもそもがさ、中村靖日を主演にしてる時点で勝っているわけです。目から鱗(失礼)。
あの珍奇なステップにだれもが涙するに違いない。

どんでん返しというよりは、お好み焼き屋のおばちゃんみたいにひたすらひっくり返していくタイプの映画。
だれも幸せになっていないのに、結局だれも不幸にもなっていないという帰結点もお見事と言うほかありません。

褒めまくったけど、正直、冒頭の寒い語りは萎えた。そこで諦めなくて良かった。