えびちゃん

逃げた女のえびちゃんのレビュー・感想・評価

逃げた女(2019年製作の映画)
3.8
わかってはいる。泣きたくなるほどしんどくて何にもうまくいかねーと苦悩しているのはわたしだけじゃない。みんな大なり小なりそうなんだと。でもわたしが世界で一番かわいそう、誰もわかってくれない、って自分を慰めたりする(そしてもれなく惨めになり、自己嫌悪と共にフリダシに戻る)。
主人公のガミが夫の出張の間、羽をのばし、旧友たちを巡る。というだけのなんでもないストーリーである。なんでもない会話劇なのだが、つまらない/面白いを絶妙に綱渡っていき引き込まれる。となりの鶏が意地悪だとかワンナイトの男が執着してめんどいだとか世界一どうでもいい内容さえもひたすら興味深い会話だった。
久しぶりに会った友人たちは、それぞれ生きづらさや人生のままならなさを抱えている。悩みや考えていることを共有しあっていくうちに、本当にこれでいいのか?という心の底にしまった思いの蓋が少しずつずれていく。
ひたすら淡々としていてほんの少々迫り上がったようなクライマックスを迎える。踵を返したガミの目はスクリーンを捉えるが、心はそこにない。人生は苦悩と思索の連続である。