Victor Young Perez(原題)の作品情報・感想・評価

「Victor Young Perez(原題)」に投稿された感想・評価

VICTOR “YOUNG” PEREZ(October 18, 1911 – January 21, 1945)というフライ級チャンピオンの生涯を監督が自分の研究をもとに撮影をしたもの。
強烈な映画。
千九百四十四年Pologne ポーランドの10月 ヴィクター(Brahim Asloum)がアウシビッツでトレーニングに励んでいるシーンから始まる。 ヴィクターはフライ級のチャンピオンだったから、ナチスの将校は彼を見せ物にしてドイツ人(純粋な民族と)と戦わせる。

その後シーンは1929年チュニジアに戻って、彼が羊(?)の毛を集めているシーンに。ボクシングの練習をしているかれは兄の代わりに飛び入りのチャンスを与えられ、そこから彼のボクサーとしてのキャリアはスタートする。

兄のベンジャミン(Steve Suissa)はコーチとして彼をスターダムに乗せる。そして、ヴィクターはフランスへと兄とともに行く。私に言わせたら、手と足になり適切なアドバイスを与え、一番力になった兄に、『自分がボクサーだ』と自分が一人でこのチャンピオンをつかんだという傲りがかれの将来をダメにしてしまったと思う。

アウシュビッツに入らないで、かくまってくれた人が出たかもしれないのに。人生はそうはうまくいかず、彼のガールフレンド(Isabella de Ligne-La Trémoïlle)がドイツ将校と一緒にいるのをみかけると、これにに対する怒りがコントローズできず、暴力を。そこにいたナチスの将校に捕まって、アウシビッツへ送られる。

兄弟愛、いつも、どこでも兄の愛は強い。子供の時から、素晴らしい兄を持った。アウシビッツで兄と再開するが、 ヴィクターの暴言でいったん離れていったが、弟を探しに ここアウシュビッツに来たと。泣けるねえ。。