YACCO

劇場版 呪術廻戦 0のYACCOのレビュー・感想・評価

劇場版 呪術廻戦 0(2021年製作の映画)
4.5
百鬼夜行の12月24日に鑑賞。その後、年明け一発目の映画鑑賞として2回目の鑑賞。
原作が好きでアニメを楽しんだ人ならば楽しめること間違いなしの映画化だと思う。
0巻にさらに今後の情報を補完し、その後の展開を知っている人も知らない人にも楽しめるようになっている。また、京都組やナナミンの登場なども見る側のツボをつく演出も忘れない。
今作の主人公でもある、乙骨君の声が時折「エヴァのシンジかな?」と思ったりしたけれど(セリフもなんだか若干かぶるので 笑)、緒方さんの声はとても良かった。彼は、今後アニメにも登場するキャラだけれど、登場が楽しみになった。
また、リカちゃんのビジュアル再現度がアニメ化によってクオリティが上がっていて、作り手の気合が感じられた。
公開前に0巻を読み直して映画館に向かったけれど、バトルシーンも作りこんでくれていたし、紙面で見ていた一つ一つのシーンに色がつき、躍動する様は見ていてとても楽しかった。原作を読み想像していたバトルシーンを超えるものを映画として魅せてくれたと思う。
そして何より、個人的には「失礼だな、純愛だよ」のシーンはぐっときた。
また、King Gnuの歌をはじめとした劇中の音楽もセンスも良くて、その世界観を演出するとともに楽しませてくれた。帰り路もろもろダウンロードしたのはいうまでもない。
呪術廻戦ファンならずとも楽しめる映画であると思うが、ファンならばより楽しめるようになっていると思う。これは、私のようにリピーターも増えるではないだろうか。