YACCOさんの映画レビュー・感想・評価

YACCO

YACCO

東京リベンジャーズ(2021年製作の映画)

3.5

アニメを見て、原作を読んで、映画に行きついた。
この漫画の実写化もなによりキャストが原作を裏切るものでないことが重要だと思うので、見るのを少し迷ったのだが、鑑賞。
タケミっち演じるは北村匠海。うん、良
>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

4.0

こちらも公開延期に次ぐ延期でやっと見ることができた。
ブラック・ウィドウもとい、ナターシャの生い立ちがなかなかダークなものでありつつ、小説や漫画に登場しそうなもので、映画が始まるやいなや起こる逃走劇は
>>続きを読む

アメリカン・ユートピア(2020年製作の映画)

4.0

満を持してとでもいおうか、やっと本作を見に行くことができた。
評判は周りから聞いていたものの、上映館数も少ないうえにコロナ渦のためなかなか見に行く機会を作れなかった今作。すすめてくれた人の評判通りの良
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

4.0

細田監督映画といえば夏のイメージが私にはある。今作は公開日に関東梅雨明け宣言ということで、やはり私のなかでのそのイメージは揺るがなかった。梅雨明けした青空の下、millennium paradeの「U>>続きを読む

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

3.5

「キングコング対ゴジラ」では勝敗がつかなかった対決に決着がつくというし、モンスターバーズシリーズは全て見てきており、シュン・オグリも登場するということで鑑賞。
これまでのゴジラが登場するモンスターバー
>>続きを読む

キャラクター(2021年製作の映画)

3.5

てっきり漫画原作かと思いきや、オリジナル原作だったのと、予告編を見て興味が湧きふらりと鑑賞。(そのせいか、間違えて前のほうの席をとってしまうというミスをおかす…)

安定の菅田将暉とFukaseの対決
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Beginning(2021年製作の映画)

4.0

今作を鑑賞し「龍馬伝」を撮った大友監督が以蔵を演じた佐藤健に「るろうに剣心」の緋村剣心を演じて欲しいと思ったのだとしたら、その気持ちがすごくわかったような気がした。
今作はこれまでの「るろうに剣心」と
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

4.0

私のなかで、大友監督といえば「るろうに剣心」。そして、剣心といえば佐藤健というイメージが強い。そんな「るろうに剣心 最終章 The Final」を、公開延期を経て緊急事態宣言直前の公開日になんとか鑑賞>>続きを読む

名探偵コナン 緋色の弾丸(2021年製作の映画)

4.0

以前は「早く黒の組織と決着をつけてくれ」と思っていた私だが、前作から映画も映画館で見るようになった。そして、最近は映画を見終わると「これもありだな。やはりコナン君はもっと見たいな」などと思う自分がいる>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

4.0

原作を読んだ時、作者が主人公に大泉洋をあて書きしていたと聞いていたので、そのつもりで読了。後に、大泉洋が主役で映画化されることを知り、公開を楽しみにしていた。
そうしたところ、原作からは結構アレンジが
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.5

何度目かの公開延期を繰り返してやっと公開された「シン・エヴァンゲリオン劇場版」。
公開延期のおかげで(と思うことにする)、アニメ版からすべて見直す時間もとれたし、もうこうなったら数か月の延期など、些細
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.0

西川美和監督最新作「素晴らしき世界」。
西川監督の視点が個人的にはとても好ましい。
人生の大半を刑務所で過ごした元殺人犯の男三上正夫を通してみる現代のあり方描く。役所広司演じる三上は、ある意味未熟な大
>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

4.5

冒頭のエピソードからやられてしまった。イヤフォンのLRについて同じように思っている人がいたなんて。そんなわけであっという間に坂元脚本に落ちてしまった。
その後出てくるエピソードや言葉の数々も、そしてふ
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

4.0

映画「新聞記者」で一気に知名度を上げた感がある藤井道人監督の最新作とのことで鑑賞。
ちょうど小説「暴虎の牙」を読み終えた直後で、少し重なる部分があったけれど、監督・脚本藤井監督とのことなので、こちらは
>>続きを読む

銀魂 THE FINAL(2021年製作の映画)

4.0

公開を楽しみに待っていた「銀魂 THE FINAL」。
アニメを見直し、原作を読み、映画鑑賞に臨んだ。
これは、今まで銀魂アニメを見てきたファンに向けた映画なんだと思う。
本来ならテレビアニメで完結す
>>続きを読む

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

3.0

1990年くらいだったと思うけれど「カノッサの屈辱」とういう深夜番組があった。この映画を見ながら私は、その番組を思い出していた、
福田監督版「カノッサの屈辱」、今日の講義のテーマは「三国志」といったあ
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.0

予想していたより見ていて切なくなる映画だった。
愛し合い思い合っていてもお別れすることもある。
昨今のような時代ならば尚更のこと。
始まりはひとつのボタンの掛け違い程度だったはずなのに、そこに、弁護士
>>続きを読む

シカゴ7裁判(2020年製作の映画)

3.5

アーロン・ソーキン監督・脚本。
アーロン・ソーキンの映画やドラマが好きな人なら間違いなく楽しめると思う。彼の得意分野にて本領発揮といったところだろうか。しかしながら、もともとは脚本のみの予定だったら
>>続きを読む

罪の声(2020年製作の映画)

3.5

この物語はフィクションだ。
原作を読んだ時、このフィクションを通して何を伝えたかったのだろうと思ったことを、今作をみて思い出した。
有名な「グリコ・森永事件」という未解決事件の真相を暴いていく今作。
>>続きを読む

スパイの妻(2020年製作の映画)

4.0

原作は未読。ドラマもやっていたようだがそちらも未視聴。
黒沢清監督の映画は「アカルイミライ」からホラー以外は見ているほうだと思うけれど、それほど相性は良くないように思う。一番の理由は、私がホラー映画や
>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

4.5

私が語るまでもなく大人気の「鬼滅の刃」の映画「無限列車編」、公開初日の映画館はほぼ満席だった。
相変わらずの映像クオリティと豪華な声優たちの熱演、原作既読ファンも裏切らない期待に応える物語。ファンたち
>>続きを読む

浅田家!(2020年製作の映画)

4.0

中野量太監督の映画は公開すると必ず足を運ぶ。
「湯を沸かすほどの熱い愛」ではまった私としてはオリジナル脚本の映画も見てみたいところだが、最近は原作があるものの映画化が続いているようだ。しかしながら、ど
>>続きを読む

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン(2020年製作の映画)

4.5

Netflixにてアニメと劇場版第1作を鑑賞してからの鑑賞。
私のようなにわかには満足のいくエンディングだったと思う。
物語もそれを彩り形作る映像もとても丁寧に作られたことが伝わってくる。140分とい
>>続きを読む

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

3.5

とても勝手に爽やかとまでは言わずとも、いわゆる同性愛を肯定的に描いた切ない映画かなと思いきや、違った。友情と恋心の狭間で揺れるなんてものじゃない。気づいてしまった同性の友人への気持ちを認められず葛藤す>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.5

クリストファー・ノーラン監督の新作ということで、迷わずIMAXにて鑑賞。
一度ですべてを理解できたとは思えず、鑑賞途中でこれはもう一回みた方がいいのかなという考えが脳裏に浮かぶ。
しかしながら、この映
>>続きを読む

映画 ギヴン(2020年製作の映画)

5.0

アニメを見ていて、春樹の恋を見とどけねばと鑑賞を決意。
「囀る鳥は羽ばたかない」の映画を作成したBlue Lynx作成の映画2作目が本作「ギヴン」。原作は知らなかったのだが、アニメを見てしまい、冒頭に
>>続きを読む

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

4.0

ディズニーピクサー映画は吹替えが多くて、字幕を探す方が難しい。
ということで、今回も吹替えにて鑑賞。本家のスパイダーマンとスター・ロードも聞きたかったけれど、吹替えでも十分に楽しめた。
あらすじはひと
>>続きを読む

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

4.0

ウディ・アレンの映画は公開されたら映画館に足を運ぼうと思っているものの、何せ多作家であるので、ついつい見逃すことも多々あり、あとでDVDなどで見たりすることが多かったこの頃。今作はティモシー・シャラメ>>続きを読む

キング(2019年製作の映画)

4.0

私のDVDコレクションの中にはローレンス・オリヴィエ監督・主演の「ヘンリー五世」がある。その印象が強かったのだが、だいぶ印象が異なるものだった。
しかしながら、映画化されているものでは個人的には一番好
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.5

私は「若草物語」はアニメから入った世代なので、今作のような次女ジョーの視点で描く若草物語は今の時代だからこそだなと感慨深く見てしまった。そして、今の時代だからこのジョーはより愛され(もちろん、私が見て>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.5

多くの映画が上演延期になったなか、意外にも先陣を切って公開した印象の今作。まあ、ある意味固定客に向けた映画だからなのかもしれないなと、その固定客にあたる私は、映画館の再開とともに足を運んだ。

ジム・
>>続きを読む

ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018年製作の映画)

3.5

見ていてどうしたってリバー・フェニックスが頭にちらついた。
そもそも、ドランがリバー・フェニックスのことも『マイ・プライベート・アイダホ』も好きだと公言しているので、恐らく多くのインスパイアを受けてい
>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

3.5

『スーサイド・スクワッド』は正直なところいまいちだった記憶で、そんななか、ハーレイ・クインは印象に残っていた。(マーゴット・ロビーがきれいなだけかもしれないけれど 笑)ハーレイ・クイン主役の映画ができ>>続きを読む

囀る鳥は羽ばたかない The clouds gather(2020年製作の映画)

4.0

この漫画がアニメ映画として、映像化される日がくるなんて、実に感慨深い。
本という本はとりあえず手に取り、まずは読んでみることにしているなどとのたまっている私だが、さすがにBL漫画に関してはそうもいかず
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.5

映画公開時気になっていたものの、見逃していた作品。
行定 勲監督、岡崎京子原作、そして今思えば期待大の若手役者を揃えて、鬱屈した青春を描く。最後に流れる小沢健二の「アルペジオ」はこの映画の曲とは知らず
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.5

主演二人の騒動により、このタイミングでみるとどうしたってバイアスがかかってしまう今作。
濱口竜介監督の映画は「ハッピーアワー」についで鑑賞するのは2作目なのだが、正直「ハッピーアワー」の役者が本業では
>>続きを読む

>|