映画観るマシーンさんの映画レビュー・感想・評価

映画観るマシーン

映画観るマシーン

脳みそ溶けるまで映画観ていたい。好きな映画には手放しの賛辞を!よろしくお願いしまああす!(サマーウォーズ並感)

映画(563)
ドラマ(0)

ソードフィッシュ(2001年製作の映画)

3.6

B級感ぷんぷんさせながらもまあまあ楽しめる
そんな本腰入れて観るもんでもない

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

3.7

シンガポールのマリーナベイの上の船みたいなやつ、あれ海に浮かべてみたいって誰しも考えたことあるよな、その夢を叶えてくれたんや
細かいことは気にすんな
髪下ろした園子可愛すぎひん?

誰もがそれを知っている(2018年製作の映画)

3.6

終わってから気付いたけどパコお前ハビエル・バルデムやんけ
イタリアなんあれ?なんかニューシネマパラダイスの舞台とめちゃめちゃ被った
悪くなかったけどもうちょい頑張れ

運び屋(2018年製作の映画)

4.0

映画館で観た
やはりイーストウッド
最高にイーストウッド

ウトヤ島、7月22日(2018年製作の映画)

3.5

敢えてドキュメンタリータッチにワンカットで撮る必要あったか?リアリティ求めたんだろうけどどうせなら『映画』として作って欲しかった。そういう点ですげえ不満
序盤で足折ってヒステリックになる女にムカつきす
>>続きを読む

アイデンティティー(2003年製作の映画)

3.8

どんでん返しミステリーはいつ観ても飽きないよなあ
嵐でモーテルに足止めされた11人が1人また1人と殺されていく、犯人は誰なのか、不可解な現象の謎とは
オチに衝撃、完全に騙されたわ

ゼロ・ダーク・サーティ(2012年製作の映画)

3.3

CIA女性捜査官がビンラディン暗殺テロ撲滅に異常なまでの執念で挑む
最初から最後までド丁寧に描かれてて勉強にはなるが映画としては好きでない

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(1997年製作の映画)

3.8

余命数日の宣告を受けた2人、天国の扉を叩きつつある2人がまだ見ぬ海を目指して病院を抜け出す話
クスッと笑ってホロりと泣いて
彼らの滅茶苦茶な逃避行は死の恐怖からの逃避行でもあって、色々言いながらやっぱ
>>続きを読む

デビルマン(2004年製作の映画)

1.0

「あー、俺デーモンになっちゃったよ(棒」
主人公の棒読みの叫びには爆笑した
特に田圃のシーンでの「あーー!」が死ぬほど面白かった
マッチ付けて「浮気したことある?」も傑作だったなあ
デーモンの拠点でサ
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.7

ねとねとした不快感
ひたすら不安を煽られる
真相が若干安っぽくて残念だったけど怖かったよお
親友のロッド良い奴すぎ

キングダム見えざる敵(2007年製作の映画)

3.6

序盤ぐっと掴まれて中盤だらだらして終盤一気に引き込まれる
「お前あの時なんて言ったんだ?」最後のあのシーンは考えさせられる。人の数だけ正義があるんだなあ。

ファルコーネ マフィア大捜査線(2000年製作の映画)

3.8

80〜90年代シチリアを支配するマフィアと闘い300人以上を検挙するも爆殺されてしまったファルコーネ検事を描いたノンフィクション映画
めちゃめちゃ面白かった

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

3.9

愛すべきバラバラぽんこつ家族が一つになるのを描いたロードムービー
負け犬揃いの家族が黄色いワーゲンバスをみんなで押しながら飛び乗るシーンは作中で何度も描かれており印象的かつ象徴的
ボロ泣きというより笑
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

4.2

タランティーノ監督の魅力が爆発
何度観ても面白い

"パルプ・フィクション"というだけあってヴィンセントがトイレに行くと何かが起こる、大筋のストーリーがそこまで複雑じゃないのも"パルプ・フィクション"
>>続きを読む

三人の名付親(1948年製作の映画)

3.5

保安官たちから追われるならず者3人、逃走中に砂漠の中乗り捨てられた馬車の中で産気づく女性に出会う。お産を手伝うとその女性は3人を名付け親にし、子供を助けてやってくれと言い残して死んだ。3人は子供を守り>>続きを読む

死の砂塵(1951年製作の映画)

3.6

やっぱカーク・ダグラスかっこいい
殺人容疑で私刑される寸前のおじいちゃんを助け出し正式な裁判を受けさせるために大きな町まで砂漠の中を敵に襲われ熱射に襲われながら護送する話
最後のどんでん返しな

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

4.0

何度観ても最高
タランティーノのぶっ飛びバイオレンスと最高のストーリーと洗練されたハイセンスなブラックユーモア、小洒落た魅せるショット、そして『続・荒野の用心棒』への愛
OPテーマからジャンゴだしKK
>>続きを読む

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

3.9

立川シネマシティ爆音上映タランティーノ祭り、一度映画館で見たかってん!
彼の作品はオープニングクレジットからスタイリッシュだし一秒でも画面から目を離したくない
体力心力フルに使った3時間だった

極限
>>続きを読む

リオ・グランデの砦(1950年製作の映画)

3.3

J・フォード騎兵隊三部作の3作目
洋画を吹替えで観たのめっちゃ久しぶり、ジョン・ウェインの声聞き慣れ過ぎて吹替えが違和感しかなかった、、、、
内容は良かったのになあ
優しさの塊みたいな西部劇

黄色いリボン(1949年製作の映画)

4.1

J・フォード騎兵隊三部作の2作目
めちゃめちゃ面白いっす
殺伐とした西部劇しか受け付けへんかった前までの自分やったらあかんかったかも、ハリウッド・ウエスタンの良さがわかるようになった今やからこそ面白い
>>続きを読む

アパッチ砦(1948年製作の映画)

3.8

J・フォード騎兵隊三部作の1作目
舞台は僻地にある前線基地、そこで生活する人々の恋模様を叙情的に、騎兵隊の人間的生活をコミカルに、アパッチ族との戦闘を大胆に描く
ハリウッド・ウエスタンの魅力がふんだん
>>続きを読む

3時10分、決断のとき(2007年製作の映画)

4.0

漢の西部劇、痺れました
漢であるなら絶対に譲れない何かを持とう
西部きっての極悪人ベン・ウェイン(ラッセル・クロウ)と彼の護送を任された牧場主ダン(クリスチャン・ベール)の複雑な友情
ベンは自身の誇り
>>続きを読む

ガンヒルの決斗(1959年製作の映画)

3.7

妻を強姦の末に殺害したのは親友の一人息子だった。友情と復讐の狭間で苦しみながら敵地で自分の正義を全うする。
カーク・ダグラスかっこよすぎ!アンソニー・クイン渋すぎ!敵の支配する町で孤立無援っていう折角
>>続きを読む

不思議惑星キン・ザ・ザ(1986年製作の映画)

4.0

ロシア語の授業で鑑賞
めちゃめちゃおすすめの映画
不思議な惑星キンザザに飛ばされてしまったおっさんとバイオリン弾きの若者が何とかして地球に帰ろうとする話
色々設定がばがばだし宇宙人みんなロシア語喋れる
>>続きを読む

拳銃王(1950年製作の映画)

3.8

主人公は実在した無法者リンゴキッド
強いガンマンには彼を討って名をあげんとする若者が集まってくる、かつて自分もそうであったように……
強いガンマンの悲惨な最期に思うところあり

ビリー・ザ・キッド/21才の生涯(1973年製作の映画)

3.9

Bob DylanのKnockin' on Heaven's Doorは永遠の名曲です
滅びの美学、切ない男の哀愁を描かせたらサム・ペキンパーの右に出る監督はいません
長年の友人ビリーザキッドを止む無
>>続きを読む

リオ・ブラボー(1959年製作の映画)

3.8

Just my rifle, pony and me ♪
詰所にて3人で歌うシーン好きです、汗にまみれて生きる西部の男たちの哀愁が漂ってます
古き時代の良き西部劇

男はつらいよ 柴又慕情(1972年製作の映画)

3.8

嘘やろ吉永小百合可愛すぎん?
星空の下でマドンナ歌子から結婚する話を聞かされた寅さん、「良かったじゃねえか」「おー、星よ!今夜は流れ星の多い晩だぜ」「今度は頼んでご覧」
そうして星空を見上げる歌子の横
>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎恋歌(1971年製作の映画)

3.9

家族愛、人間の幸せとは何なのかを考えさせられる
初めて家に友達を連れてきた息子を見るマドンナの目、孫満男を抱くひろしパパ、葬式の席で母親の演説をぶつひろし……
「寅次郎君、今、君は女房も子供もいないか
>>続きを読む

男はつらいよ 純情篇(1971年製作の映画)

4.0

「失敗すりゃあ故郷に帰ればいいって思ってるからダメなんだ、おらぁもう帰らねえよ、うん!」って散々言いながら、でも最終便の汽笛を聞いて「ワタクシは二度と帰りませんよー……でも、やっぱり帰るな!!うん!あ>>続きを読む

男はつらいよ 奮闘篇(1971年製作の映画)

3.7

「俺が死んだと思ったか?……死ぬわけねえよなっ」の笑顔にうるっときた
人の温かさを感じる一作
人間捨てたもんじゃねえ

男はつらいよ フーテンの寅(1970年製作の映画)

3.7

これ昔TVで観たやつだ
庭でひろしに殴られるとこ、ちょっと泣きそうになった
今回もやっぱり失恋するわけだけど、障子越しに「10年20年経って昔のことに思いを馳せる眠れぬ夜に、ああ寅とかいう馬鹿な男がい
>>続きを読む

続・男はつらいよ(1969年製作の映画)

3.8

妹に有り金殆どあげちゃって、別れて角を曲がってから財布を見て
「痛かったなあ、今の」
粋だなあ寅さん、「顔で笑って腹で泣く」かあ、男の鑑だよほんと

男はつらいよ(1969年製作の映画)

4.0

「わたくし、生まれも育ちも葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い、姓は車、名は寅次郎。人呼んでフーテンの寅と発します。」
気ままな旅烏フーテンの寅さんが生まれ故郷葛飾柴又に帰ってきてはひと騒動、女性に一目惚
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.7

グリンデルバルドかっこいい
ニュートかっこいい
ナギニって、私の記憶が正しければヴォルデモートの蛇の名前もナギニだったと思うが、もしかしたらシリーズの最後にヴォルデモート登場か?

>|