キネフジさんの映画レビュー・感想・評価

キネフジ

キネフジ

映画(199)
ドラマ(0)

眉山 -びざん-(2007年製作の映画)

4.0


「眉山」観ました。


毎年この季節になるとぼくは眉山へ行きます。今年で6度目。この映画の全ての人たちにとってそうなように、ぼくにとっても眉山は特別な場所です。

この作品を観るの随分久しぶりのよう
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます


「しあわせなひとりぼっち」観ました。


全編通してとても親しみがあって、スッと心に沁み入ってくるような作品でした。

登場人物のそれぞれにきちんとしたキャラクターがあって、立ち位置というか役割とい
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.5


「ダンケルク」観ました。


やはり史実を切り取る作品というのは、観かた、捉え方の感覚的なギアを変える必要があるなと感じました。

やれ見応えがあるとか、やれ楽しめたとか、そういう種類のものじゃない
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.2


「ミックス。」観ました。


んーーーーーーーーーー。

もちろん映画です。エンタメです。コメディです。

けど。。

ちょーっと卓球バカにし過ぎてません?笑


ってのが率直な感想です。

や、わ
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.3


「アウトレイジ 最終章」観ました。


最終章でした。

と、いうのがもうなんのひねりも面白味もない率直な感想です。

1作目から膨らんでいった風船がビヨンドでパンパンに膨れ上がって、そのまま空気が
>>続きを読む

TOMORROW パーマネントライフを探して(2015年製作の映画)

3.8


「TOMORROW パーマネントライフを探して」観ました。


「農業」「経済」「エネルギー」「民主主義」「教育」の5つにカテゴライズされた、今最も注目されている新しい試み、仕組みを紹介してるドキュ
>>続きを読む

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

3.8


「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」観ました。


映画館かどこかで予告を観て、いつか観てみようと思ってたドキュメント作品です。

とっても良かったです。

経済や文明の発展や時代の流れに流され
>>続きを読む

父親たちの星条旗(2006年製作の映画)

3.3


「父親たちの星条旗」観ました。

政治家の利権や、国家の権威の為に英雄に仕立てあげられた青年たちの苦悩が描かれています。


じつは戦争の映画はちょっと避けてるようなとこがあって、海外のものは特にそ
>>続きを読む

パーソナル・ショッパー(2016年製作の映画)

3.5


「パーソナル・ショッパー」観ました。


完全にクリステンちゃん観たさで視聴です。

彼女が主演してる時点でもうこの作品は成功してます。

パーソナルショッパーとしてキーラの為に煌びやかな衣装を選ぶ
>>続きを読む

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(2007年製作の映画)

3.6


「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」観ました。


なんというかかんというか、いやはやもうこれは革新的にサイコの領域で、平々凡々な常人のぼくには到底ついていけないレベルの世界でした。悪魔に取り憑かれてい
>>続きを読む

パニック・ルーム(2002年製作の映画)

3.8


「パニック・ルーム」観ました。

先日のベンジャミン・バトンの流れでフィンチャー作品をと思い視聴。

一般的には割と評価がそれほどでもない作品として云われてるようですが、ぼくはぜんぜん楽しく観る事
>>続きを読む

サウルの息子(2015年製作の映画)

3.8


「サウルの息子」観ました。


悍ましく恐ろしい時代の話です。ほんとうに。ぼく自身の生活とは掛け離れ過ぎてて現実味はないのだけど、今も何処かの国では厳しい環境の中で必死に生きてる人達がいるのだろうけ
>>続きを読む

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

3.7


「ビフォア・サンセット」観ました。


サンライズから9年後。舞台はウィーンからパリへ。

続編モノは決まって注目度は半端なく高いけど、それ以上に期待のハードルも高く、今作はサンライズでの情熱的な
>>続きを読む

レスラー(2008年製作の映画)

3.3


「レスラー」観ました。

プロレスの暗黙の了解みたいな部分とか、試合前に段取りを決めてたり、とか、試合が終われば互いを労わりあう、とか、そこにはまずリスペクトの気持ちが、前提としてあって。

そんな
>>続きを読む

25時(2002年製作の映画)

4.0


こういう映画好きです。

真っ当に生きる事の尊さを、普通や一般といったどこにでもある暮らしの豊かさを、人生は素晴らしいという事の本当の意味を、滲ませるように確かめるように描かれた作品でした。

E・
>>続きを読む

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

3.4


1918年に80才で産まれ、2003年に85才で没する。計算が合わない...。


ベンジャミンさんがだんだん若返っていくっていうファンタジーなのだけれど、いま何才くらいなんだろいま何才くらいなんだ
>>続きを読む

リンカーン(2012年製作の映画)

3.3


世界史に疎いのでリソカーソがどんな偉業を成し遂げたのかを、多く知らなかったのと、(南北戦争や、奴隷解放的なワードぐらいしか心の辞書には残っていなく)、久々の映画だったのでちょっと堅めの、普段避けがち
>>続きを読む

二郎は鮨の夢を見る(2011年製作の映画)

2.5


YouTubeで銀座 久兵衛の動画を見て面白かったので、それなら二郎はどうやと借りてみる。

借りてはみたものの、実は二郎もYouTubeで全編観られるという事を、DVDを観る前に気付き結局YouT
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.5


いやはやなかなかぶっ飛んだ映画(๑´ㅂ`๑)

終始ツッコミどころが随所に満載で、大人と子供が一緒になって考えて作った映画みたいだなあと思いました。ベンスティラーの「LIFE!」とミシェルゴンドリー
>>続きを読む

タイムマシン(2002年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます


過去を変えるためにタイムマシンを使っても、細かい部分は変えられるけど大筋の結果を変える事は出来ない。という発想に、映画館で観た当時、ぼくはとても大きな衝撃を覚えました。なるほどなあと妙に腑に落ちたと
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

4.2


奇跡体験アンビリバボーでやってそうなこのお話はやはり実話を元にしてるみたいですね。こわ〜。

前半と後半とで2つのストーリーに分けて物語が進行していきます。その視点が極端に切り替わる作りになってて、
>>続きを読む

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

4.0


白鳥の湖のプリマを勝ち取り演じきるまでの苦悩と葛藤をホラー的目線で捉えた恐い映画。

全編通してとにかく生傷が絶えず、爪が割れて血が出るとか、指の皮裂いて痛いとか、血が出るまで背中掻きむしるとか、な
>>続きを読む

トータル・リコール(2012年製作の映画)

3.2


すこーしネタバレあります。


前半の1時間くらいはとても良かったです。リメイクという名のコピーではなく、ちゃんとアレンジのエッセンスが加えられたカバーになってて、かつ、SF感は洗練されてて今っぽい
>>続きを読む

トータル・リコール(1990年製作の映画)

3.5


ちっさいときに日曜洋画劇場でよくやってたのを観ててとにかく衝撃的な映像の連続だったってことだけ印象に残ってた作品。

今回コリンファレル版を観てみようと思い、その前に原本を観とかんとなって事で視聴。
>>続きを読む

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

3.8


「はじまりのうた」の前身的かつ、「はじまりのうた」に通じる為のデモテープのような作品。


名もなき男女が街角の一点で引き合い、はたまた永き人生の一点としても心を通わせる。その為の音楽は多くの言葉を
>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

4.5


2度目の視聴。

1度目のときにめちゃくちゃ面白かった記憶だけ焼きついてて、その記憶を頼りに見直してみることに。


案の定やっぱめちゃくちゃ面白かったです (๑´ㅂ`๑)
もーね、全体の緊張感がヒ
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003年製作の映画)

4.0


アカデミー賞総ナメ感半端ないですね。こんなに取ってたのか。

あとレビューの「記録」だけの数もめちゃ多い笑 見直そうかなってテンションになかなかなれないんだきっと。だって3×3ですよ3×3。9時間
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(2002年製作の映画)

3.5


第2部はなんつってもスメアゴルのちょっかいかける感と、メリー&ピピンの裏活躍感、あとそろそろアラゴルンとアルウェンとの愛の行方に飽き飽きしてくるのが逆の意味で見応えのポイントです。

(๑´ㅂ`๑)
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング(2001年製作の映画)

3.8


久々の視聴です。

この作品が上映されてた当時地元のシネコンでバイトしてて、映画タダで観れるのだけど、この映画ぼく3回も観ました。3回も。3時間の長尺を3回も。

ひまだったんだろな〜〜。

>>続きを読む

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

3.6


ヘイトフル8のときも思ったけど長い。長いのだよ。良い意味でも長いし、悪い意味でも長い。てことはやっぱり長いんだな。ははは。



いうのがぱっと見の印象です。


内容もそれももう言わずもがなです
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

3.8


2度目の視聴です。

2度目でも、ものすご難解でした〜。2度目でも。

数学的などれそれとか、宇宙の仕組みがあれこれとか、そこの部分の必要理解はこの作品の3割くらい占めてるんじゃないでしょうか。あと
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.9


【余談】
はじめてレンタルコーナーで見つけたとき、ジャケットとタイトルからいかにも希望と再生を醸し出してる感がぷんぷんしてるような気がして、

やれ、

「なんとかの見つけ方」

とか、

やれ、
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.2


優しそうな映画を探して選んだふたつめの作品。


ゲイのルディがダウン症のマルコを何故あんなにも深く必要とするのだろうって、ずっと考えながら観てました。
ただの隣人で、性差別をし、自分の損得でしか物
>>続きを読む

サージェント・ペッパー ぼくの友だち(2004年製作の映画)

3.0


優しそうな映画を探して選んだ作品。

逆R指定で9才以下のみ視聴可の映画。(実際にはそんなのはないけど、そんな映画です)

ちゃちとかそういう類いの意味じゃなく、その頃に観てたらきっとめちゃくちゃワ
>>続きを読む

コラテラル(2004年製作の映画)

4.2



作品自体は過去に何度か観てて、冬の寒い夜だったりとか、心が荒んでやさぐれてしまった日なんかにぼくはこの映画が観たくなります。


タクシードライバーが殺し屋の仕事に巻き込まれるってゆう内容で、作中
>>続きを読む

緑色音楽(2017年製作の映画)

3.5


臓器提供についてがテーマとしてあることと。

1時間ほどの短尺作品であること。

youtubeで観られるということ。


が、絶妙なバランスとアンバランス感を示してて、答えなんてそんなに簡単に出や
>>続きを読む

>|