ガブポッシブルさんの映画レビュー・感想・評価

ガブポッシブル

ガブポッシブル

SF(とくに怪獣!)、コメディ、アクションが大好物。
洋画は日本語吹替え派。
誉めるのは苦手、けなすのは得意。
俺様が4.0以上つけた映画は絶対に面白いぜ!(※あくまで個人の感想です)

映画(630)
ドラマ(2)
  • List view
  • Grid view

ダークシティ(1998年製作の映画)

3.8

≪あらすじ≫
永遠の夜の都市ダークシティ。ある日突然記憶を失い、身に覚えのない連続殺人事件の犯人にされたジョン・マードック(ルーファス・シーウェル)は不気味な黒いコートの一団に追われ、全住民が眠りにつ
>>続きを読む

超人機メタルダー(1987年製作の映画)

4.0

≪あらすじ≫
悪のネロス帝国基地ゴーストバンクで異変が起こった。帝王ゴッドネロスは病のため、正義のロボット、メタルダーを倒した軍団員に帝国を譲ろうと言う。メタルダーへの総攻撃を開始するヨロイ軍団、戦闘
>>続きを読む

ザ・スピリット(2008年製作の映画)

3.4

ところどころにユーモアを散りばめながらながら不死身のヒーロー、スピリット対悪の天才科学者オクトパスの激闘をダイナックに描いているので飽きはしない。役者たちはみんなノリノリなのが伝わってくる(色っぽい美>>続きを読む

コマンドー(1985年製作の映画)

4.5

これぞ娯楽映画の傑作! 
誘拐された娘を救おうとする元コマンドー。シンプルなストーリーで、アクションとギャグを交えながら最後までテンポよく進むのでぐいぐいと引き込まれる。何も考えずに笑え、ハラハラドキ
>>続きを読む

眠れぬ夜のために(1984年製作の映画)

3.6

不眠症と妻の浮気で悩むエド(ジェフ・ゴールドブラム)は、ある晩、ドライブに中に殺し屋たちに追われる美女ダイアナ(ミシェル・ファイファー)をいやいや救うが、実は彼女は国際密輸組織の運び屋で生命を狙われて>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.8

なかなかの快作。面倒くさいキャラたち(かなり三谷幸喜の作品っぽいけど)と本編、ネタバレ編、エンドロールの三部構成(見事にだまされた!)の脚本が素晴らしい。
序盤のワンカット37分映像はちょっとだれた(
>>続きを読む

ゴジラVSスペースゴジラ(1994年製作の映画)

3.5

1994年当時はガッカリしたけど、今回、数十年ぶりに期待せずに観ると、これがけっこう面白い。
今までサブキャラだった三枝未希(小高恵美)をメインヒロインに配し、硬派な熱血漢・新城功二(橋爪淳)とちょっ
>>続きを読む

刑事ジョン・ブック/目撃者(1985年製作の映画)

3.6

初見は『日曜洋画劇場』1990年9月30日の放映だから、今回は28年ぶりの鑑賞。

邦題が『刑事ジョン・ブック/目撃者』(原題は『WITNESS(証人)』)なのでよくある刑事ものかと思いきや、序盤はサ
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.4

女8人が高価なネックレスを厳重な監視の中、綿密な作戦と華麗なチームプレイで盗み出すという王道ストーリー。オーシャンズシリーズはこれが初見なので、歴代作品とのリンクはさっぱりわからないんだけど、有名女優>>続きを読む

ゴーストスクワッド(2017年製作の映画)

3.4

『女子高生監禁リンチ殺人事件』を題材に、少女の幽霊たちが犯人たちに復讐するホラーアクションコメディアイドル映画。井口昇監督お得意のゆがんだギャグが冴え渡る怪作となっている。
幽霊が人間とキスをするとパ
>>続きを読む

さよなら銀河鉄道999 -アンドロメダ終着駅-(1981年製作の映画)

3.4

俺は『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』、『スーパーマンⅡ 冒険編』、『スターウォーズ 帝国の逆襲』、『スタートレックII カーンの逆襲』、『エイリアン2』、「バットマン リターンズ』などなど、けっ>>続きを読む

ゼイラム(1991年製作の映画)

5.0

脱獄凶悪犯ゼイラムは追跡部隊を瞬殺し、地球へと向かう。女賞金稼ぎのイリア(森山祐子)とボブ(声:半田雅和)は地球に先回りし、ゾーン(疑似戦闘空間)を張って待ち受けるが、民間人の電気工、神谷(螢雪次朗)>>続きを読む

バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲(1997年製作の映画)

4.0

世間の評価は低いけど、十数年ぶりにあらためて観ると・・・・面白いじゃないか! 最高のヒーローアクションコメディだぜ。バットマン、ロビン、Mr.フリーズ、ポイズン・アイビーらお馴染みのヒーローとヴィラン>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

3.8

ロードショー公開以来の再鑑賞。もう21年か、時がたつのは早いものだ。
あらためて観ると、レオナルド・ディカプリオはやはりイケメン、ケイト・ウィンスレットは前半はオバサンっぽい顔してんだけど後半は美人、
>>続きを読む

俺たちフィギュアスケーター(2007年製作の映画)

4.5

かつてウィル・フェレルは日本ではそれほど有名ではなかったのだが、本作のヒットで知名度アップ。その後、一部の出演作は「俺たち」の邦題をつけられてリリースされたのには驚いた(だが後に大作『マーシャル博士の>>続きを読む

冒険者カミカゼ(1981年製作の映画)

3.5

さえない大学職員の千葉は解雇された大学から入学金強奪に成功するが、ヤクザに仲間を射殺され横取りされてしまう。そこに便乗しようとした真田と秋吉も加わり、3人は協力して金を奪回しようとするが・・・・。>>続きを読む

スターマン/愛・宇宙はるかに(1984年製作の映画)

3.6

夫スコットと死別したジェニー(『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』のカレン・アレン)の前にある日、宇宙で衛星ボイジャーに収録された「地球に歓迎する」というメッセージを受け取った異星人(ジェフ・ブリッ>>続きを読む

バットマン(1989年製作の映画)

4.0

1989年、約23年ぶりのバットマン実写化、しかも映画と言うことでどんな作品になるのか本作は世界中のバットマンファンの注目の的だった(当時の日本にそれほどバットマンファンはいなかったと思うけど)。ティ>>続きを読む

ソラリス(2002年製作の映画)

3.8

オリジナル版『惑星ソラリス』(1972年)は165分もあるのでちょっとキツいけど、本作は99分と短くて、話も簡潔で実に観易い(原作小説は未読)。
面白いのはソラリスからの訪問客たちはみんなちゃんと人格
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.0

むちゃくちゃ面白れ~! 前作『Mr.インクレディブル』(14年前!)をはるかに超えるメガクォリティ。まず超人同士のバトルアクションがすごい。各自の能力を活かした迫力満点の攻防戦を大胆なレイアウト、常に>>続きを読む

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

3.8

当時、大ヒットを飛ばし、ゴーストラブストーリー映画の金字塔となった本作だが、スタッフは絶対に大ヒットまで狙っていなかったと思う。だって監督は『フライングハイ』、『フライング・コップ 知能指数0分署』、>>続きを読む

ジョン・カーペンターの 要塞警察(1976年製作の映画)

4.0

ストリートギャング団グリーンサンダーは無言で消音銃片手にアンダーソン警察署を包囲するが、署内に取り残された黒人警官、女性職員、そして死刑囚たちは協力して迎え撃つ・・・・。

一見、自主映画と勘違いする
>>続きを読む

ロッキー・ザ・ファイナル(2006年製作の映画)

3.6

あらすじを読むと、出涸らしもいいとこじゃん。と思うことだろう。ところが、60歳のロッキーが周囲の人間たちに時に反対され、時に励まされながら、再びリングへと這い上がっていく姿はひたすらかっこいい。
ロッ
>>続きを読む

PLANET OF THE APES 猿の惑星(2001年製作の映画)

3.4

2001年公開と言うのは狙ったのだろうか? それはともかく、約17年ぶりに再鑑賞。オリジナルの『猿の惑星』(1968年)の面白さには及ばないものの、金と当時の技術を注ぎこんた大作だけあって現在でもそれ>>続きを読む

霊幻道士(1985年製作の映画)

5.0

当時の香港アクション映画は脚本はあってなきがごとし。思い付きでドタバタやっているようなものばかりであった(まあそれはそれで面白いんだけどね)。そんな中、生まれた奇跡の傑作がご存知『霊幻道士』シリーズの>>続きを読む

ニア・ダーク/月夜の出来事(1987年製作の映画)

4.5

田舎町のカウボーイ、ケイレブ(エイドリアン・パスダー)は、ある月夜の晩、ヴァンパイアの美少女メイ(ジェニー・ライト)に首筋を噛まれたことでヴァンパイアと化す。やむをえずケイレブはヴァンパイアのジェシー>>続きを読む

SFソードキル(1984年製作の映画)

3.7

戦に敗れ、湖に落ちたマカベ一族の武士タガ・ヨシミツ(藤岡弘、)は400年後の現代に氷漬けの状態で発見される。彼はロサンゼルスの研究所に運ばれ、解凍・再生されたが、刀を盗みに来た職員を斬ってしまい、逃亡>>続きを読む

クライムハンタ- 怒りの銃弾(1989年製作の映画)

3.6

犯罪のはびこる暴力都市リトルトーキョー。LAPDに所属する日本人刑事「ジョーカー」ことジョー・カワムラ(世良公則)は教会の寄付金500万ドルを強奪した凶悪犯ブルース・沢村(又野誠治)を一度は逮捕するも>>続きを読む

ザ・カンニング/アルバイト情報(1982年製作の映画)

3.3

『ザ・カンニング』シリーズ第二弾。なんだけど、『ザ・カンニング』と言うのは邦題であって、原題は
1作目『ザ・カンニング』は『Les Sous-doués Passent le Bac. (劣等生のバカ
>>続きを読む

ミステリー・メン(1999年製作の映画)

3.5

公開は1999年。マーベルの映画『X-メン』(2000年)よりちょっと早いヒーローチーム物。ただしコメディ。金はそれなりにかけられているのだが、肝心のヒーローたちがいまいち。切れて暴れるだけのミスター>>続きを読む

極道(やくざ)渡世の素敵な面々(1988年製作の映画)

3.2

陣内孝則全盛期の作品。24歳で極道の世界に飛び込んだ主人公が組の幹部に怒鳴られ、殴られながら出世していく姿を時にコミカル、時にシリアス、そして切なく演じ切っている。
バブル時代の作品だけあって華やかさ
>>続きを読む

デビル(1997年製作の映画)

3.6

午後ローで鑑賞。

アイルランドのテロ組織IRAの青年幹部フランシス・マグワイヤー(ブラッド・ピット)は武器調達のためにアメリカに入国し、警察官トム・オミーラ(ハリソン・フォード)の家に下宿するが……
>>続きを読む

ガールズ&パンツァー 最終章 第1話(2017年製作の映画)

3.6

ガルパンが帰ってきた~! メインキャラの大半が出演するだけでなく、新キャラも多数登場。見逃せないぞ!
と言いたいところだが、本作は、飛行船のモニターで副生徒会長留年のニュースを流したり、学園艦底にスケ
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.8

キャストはばっちり。映像もモーションキャプチャーを駆使して作られたメカへの変形やバトルの描写はよくできており、クライマックス戦は圧巻だ。
個人的には獅子神が超能力でネットを通して、自分の母を傷つけた連
>>続きを読む

ハンガー(1983年製作の映画)

3.9

アクション映画で有名なトニー・スコット監督(故人)の長編映画初監督作品はなんと芸術映画風ホラーだった。現代の人間社会でひっそりと優雅に暮らす吸血鬼たちをエロティックに描いており、当時としては非常に斬新>>続きを読む

アンフレンデッド(2015年製作の映画)

3.3

高校生6人がSkypeでチャットをしていた時、自殺したはずのローラのアカウントが話しかけてくる。やがてローラの死にまつわる隠された真実がPC画面上で暴露されていくと、一人、また一人と謎の死を遂げていく>>続きを読む

>|