海老シュウマイさんの映画レビュー・感想・評価

海老シュウマイ

海老シュウマイ

映画(415)
ドラマ(1)
アニメ(0)

カラオケ行こ!(2024年製作の映画)

3.0

原作ありきにもかかわらず、リンダみも感じられ、思春期というかモラトリアム期の描写はさすが。

無害化されたヤクザ像もファンタジーとしてはいったんアリ。二人のやり取りも心地良いし、クライマックスも自然と
>>続きを読む

ある閉ざされた雪の山荘で(2024年製作の映画)

2.0

作り手たちには設定の開発行為自体は頑張って欲しいけど、

フライヤーにもある、「演技か、事件か」という発明に全く乗れず、そこが固まらないと劇中の人物が「人として」話を進められない気がする。
事件だった
>>続きを読む

パレード(2024年製作の映画)

1.0

やっぱりこの「パレード」を美しく、あるいはメランコリックに、そしてエモーショナルに読み解く余裕が私にはまだないですよ。
この「大勢の人々」を可視化されてしまうと、不快な何かが込み上げてきてゲボ吐きそう
>>続きを読む

わたしの見ている世界が全て(2022年製作の映画)

3.0

あれ?これ寅さん?
このエピソードって幻の「満男の結婚前夜」的な?

中川龍太郎先生の原案に、弟子筋にあたり日芸を主席で卒業したという監督さんたちの自意識にやられる前に、山田洋次と渥美清がちらついちゃ
>>続きを読む

アナログ(2023年製作の映画)

3.0

普通に面白かったけど、これ反デジタルというよりは、実は反ポリコレ、反アップデートをやりたかったんじゃないか。全体的に「古い」男女のキャラクター(特に女性像)は、狙ってやってますよというか。

そりゃお
>>続きを読む

正欲(2023年製作の映画)

3.0

エアSEX最高。そんな2人の関係性も最高だったのだけど、
「独りで生きること」を否定されているようで私は辛かった。現実にどうやっても他人と繋がることができてない自分にとっては孤独を深めるだけなのですが
>>続きを読む

市子(2023年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

謎解きとしては冒頭から引き込まれ、興味の持続もあったのだけど、終わってみると嫌いな点が多すぎた。

結局、ミステリーとして、あるいはファム・ファタール(笑)な物語としてなら許せるけど、そんな単なるジャ
>>続きを読む

怪物(2023年製作の映画)

1.0

これ単に、このパートではこの情報を出してキャラクター造形をして見せて(飴とかゴムの件とか)、次のパートでは違う情報を出してどう?ビックリした?ってだけだと思うんだけど。

そんなの脚本家のさじ加減なだ
>>続きを読む

もうひとつのことば(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「もうひとつのことば」とは、劇中の英語のことではないのですね。

普通すぎる感想だけど、
ラス前の国立競技場前で二人がマスクを外して会話していたのに、あえて、わざわざマスクを着用して「ゲームだったこと
>>続きを読む

ゼウスの法廷(2013年製作の映画)

1.0

もうね怒り狂ってますよ。
怒髪天を衝くとはこのことですよ。

小島聖の汗だくスポーツセックスが観られると思ったのに!

最悪、ヌードを見せないとしても、婚約者との対比として浮気相手との濃厚ラブラブセッ
>>続きを読む

ミステリと言う勿れ(2023年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

知り合いにTVドラマを猛プッシュされ、「菅田将暉がお前っぽいんだよ!お前絶対共感するから!」と言われ、FODに課金までして観たのに2話ぐらいで脱落。頭の血管切れちゃいそう。

菅田将暉の吐く「正論」が
>>続きを読む

ヒノマル♪ドリーム(2012年製作の映画)

1.0

福田沙紀さんクロニクル
2011年はTVドラマ4クールすべて出演(主演も)。このあたりがピークということになるんだろうけど、オスカー内では武井咲を推し始めていて、冷遇期の始まりというか。映画もこんなの
>>続きを読む

TSY タイム スリップ ヤンキー(2011年製作の映画)

2.0

福田沙紀さんクロニクル
まだまだ主演ドラマ「IS」を控えるこの時期で、この規模の作品なら本人、企業内研修ビデオのノリで鼻ほじりながらやってそう(それでいい)。

テレビ局と吉本が沖縄映画祭向けに作った
>>続きを読む

恋のいばら(2023年製作の映画)

4.0

日本→香港オリジナルと観て、どちらも好きだけど、順番が逆ならどうなっていたか(オリジナルが優るのは必然だけど)。

ラストのドライブ感はオリジナルのほうがより爽快で格別。本作では説明過多で冗長な気もす
>>続きを読む

ヒットマン・ロイヤー(2023年製作の映画)

2.0

このクソみたいな脚本と企画の前に頭を抱え、死んだ目で「仕事」してる大野大輔を想像して終始ニヤニヤが止まらなかったのだけど、「仕事」ってそんなもんだし、いいんじゃないか。
今回は「イケメン」さんたちをイ
>>続きを読む

ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー(2023年製作の映画)

3.0

引き続き面白かったです。で終わる程度の感想ではある。

アクションの良し悪しは興味がないので、着ぐるみ対決良かったなーという程度だけど、
宇多丸評でアクションの「続編のインフレ」を考慮、回避してて良い
>>続きを読む

山女(2022年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

これがプライムタイムのTVドラマなら許せるけど、ドキュメントが得意なこの監督ならってハードルが上がり切った状態で観ると厳しいかも。

余白を残すような「映画的」な作りに見せて、実際はテーマをセリフで複
>>続きを読む

放課後アングラーライフ(2023年製作の映画)

4.0

いいお話。ベタ中のベタだけど。

冒頭、引っ越しまでのテンポの良さ、病院のシーンもバッサリ終わらせるなど、ウェットに流れすぎない塩梅が良かった。

舞台が関西で、「関西人」のキャラクター造形や「ノリ」
>>続きを読む

高原列車が走った(1984年製作の映画)

4.0

集会と猿回しに何の関係があるんだろうというセリフが出てくるけども、それがこの映画全体を象徴していたと思う。

オルグ、アジトなどの専門用語(笑)を使いつつ真面目に組合運動、社会運動を描写する一方で、ぶ
>>続きを読む

truth 〜姦しき弔いの果て〜(2021年製作の映画)

3.0

いやこれアングラ演劇としては全然アリ。

作り手が観客に「考えさせる」ためには作っていないし、なんなら理解させようとさえ思っていないはず。
ラストもその行為の是非は置いておいて、とりあえずあのシーンを
>>続きを読む

Gメン(2023年製作の映画)

3.0

すごい王道なお話。この時代になぜこれで成り立つんだろう。

おそらく原作準拠の登場人物やらLGBTQフレンドリーやら削ることができる要素はいくらでも見つかるけども、

個人的には恒松祐里のツンデレが最
>>続きを読む

みなさん、さようなら(2012年製作の映画)

3.0

全体として楽しめたし、別に「正しさ」も求めないし、好きなように生きればいいで終わってくれれば良かったのに、
結局着地がそこか…
エンタメ作の閉じ方として綺麗だとは思うけど。

「団地」は何のメタファー
>>続きを読む

夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく(2023年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

何周か遅れた感じが絶妙にダサい。

似たテーマとして「心が叫びたがってるんだ。」や「聲の形」があり、
「君は放課後インソムニア」や「今夜、世界からこの恋が消えても」から設定を切り貼りし、
山戸結希あこ
>>続きを読む

ラーゲリより愛を込めて(2022年製作の映画)

2.0

新宿のなぜか旧財閥系のビルに入っている「平和祈念展示資料館」に行った時の違和感と同じ。ひめゆり平和祈念資料館などとは異なるもの。

もちろん、彼らの労苦も理解できるし、「氷雪の門」なんか涙なしでは観る
>>続きを読む

藍に響け(2021年製作の映画)

2.0

和太鼓の宗教性みたいのはキリスト教の教義と衝突しないんだろうか。知らんけど。

「チアダン」を今風のテイストに焼き直し「ちはやふる」演出を取り入れた手法を評価するか、
ただのスパルタ礼賛スポ根物語のく
>>続きを読む

ソロモンの偽証 後篇・裁判(2015年製作の映画)

1.0

前後編にしたことでハードルが上がることにどこまで意識的だったか。
犯人探し、真実の解明の期待が上がってしまうのにこの筋では肩透かしだし、じゃあ尺をとって人物を掘り下げるかと思えば、似たシーンの使い回し
>>続きを読む

月の満ち欠け(2022年製作の映画)

1.0

なにこれ怖い。千眼さんとこの映画かと思った。

言おうとしてることはわからなくもないけど、人間を個として捉えればこんなの良い話でもなんでもない。そして人は死ぬから尊いんだろうが。

設定にリアリティが
>>続きを読む

BAD LANDS バッド・ランズ(2023年製作の映画)

4.0

冒頭、生瀬勝久が特殊詐欺の組織をセリフで説明してくれたり、時制を字幕で説明したり、映画として不細工な気はするけども、安藤サクラの「解放」が気持ち良かった。

原作では主人公が男のところ、女性の物語へと
>>続きを読む

リバー、流れないでよ(2023年製作の映画)

2.0

久保ちゃんだったので。

意外にロケーションにやられてしまったのもあり、舞台劇ではなくて映像化させた意義を大いに感じることができた。

ただ、人の死の扱いがあまりに軽薄で下品で、あまり深く考えてないん
>>続きを読む

僕と彼女とラリーと(2021年製作の映画)

3.0

GRヤリスが最高。
3気筒で身体も小さいのに戦闘力は高い橋本環奈のよう。

とはいえ、本作ではヤリスちゃんもあまり登場しないし、
お話としても、人を殺し、ガキを使って話を盛り上げる脚本やら、伏線にもな
>>続きを読む

アウト&アウト(2018年製作の映画)

3.0

重さと軽さのバランスも好きだったし、何より部屋住みの下っ端の扱いが好きだった。悪いマッチョイズムと良いそれがあるとするなら後者。まあファンタジーだけど。

「次元大介」と同様に、主人公にはガキとババア
>>続きを読む

舞妓はレディ(2014年製作の映画)

1.0

その節はウチの妻が大変お世話になりました。オープニングの印象的な「願い事」歌唱シーンで一気に引き込まれました。

ところで周防監督、
「ピグマリオン」が階級社会へのアイロニーを含むのは最低限の常識です
>>続きを読む

津軽百年食堂(2011年製作の映画)

1.0

福田沙紀さんクロニクル。映画出演4作目。
「ゴーストフレンズ」、「メイド刑事」を経て、激推され期から通常モードへ、本作の予算規模からすると冷遇期の始まりとさえ言って良いかも。

ここまで4作のフィルマ
>>続きを読む

火天の城(2009年製作の映画)

3.0

福田沙紀さんクロニクル。映画3作目、激推され中。

相変わらず毒にも薬にもならない役柄で、こんな仕事サクッとこなしていただければ。
この役の設定年齢が不明だけど、13歳ぐらいに設定されている感じ(の福
>>続きを読む

ヤッターマン(2008年製作の映画)

3.0

福田沙紀さんクロニクル。「櫻の園」に続いて激推され期だった頃の作品。

無難に可愛く出来上がっていてぷにぷになのだけど、お話に絡んでるんだか絡んでないんだか微妙な役柄。

何より深田恭子に持っていかれ
>>続きを読む

そばかす(2022年製作の映画)

3.0

あの三浦透子なのに何でもセリフにしてくれるのは何なんだろう。前田敦子の狂言回しは仕方ないにせよ全体的に過剰な印象。画面見なくても音だけ聞いてればわかるよね。

もちろん、
そんなわかりやすく、間口の広
>>続きを読む

>|