青いむーみん

青いむーみん

雑食です。

RE:BORN(2015年製作の映画)

3.7

 最高のアクションを堪能できる。生身の人間がCGなしでやりあってるんだから迫力がないわけがない。何をやっているのかも分かるし暗いシーンもあるが誤魔化している感じはしない。多種多様な武器も面白い。このア>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

2.3

 まさかここまで何もない映画だとは思わなかった。感情を揺すぶられることも展開に驚くことも上手さに唸ることも、こういう青春を送りたかったと思いを馳せることも、なんにもなかった。なぜならファンタジーすぎて>>続きを読む

バイバイマン(2016年製作の映画)

3.6

 怖くない。感染系ホラーは大好物で去年のイットフォローズなんか最高だったんだけど、これは特になんでもなかった。これって、バイバイマンは人を殺させたり、攻撃したりすることを止めて多少怖がらせる程度にして>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.8

 挑戦的な内容も去ることながら画が全て極まっていて美しい。マクドナルド初号店にしても、マクドナルド兄弟の仮想店内デモンストレーションにしても、地下ラウンジにしてもとにかく画がいい。
 日本人の多くはこ
>>続きを読む

夜明けの祈り(2016年製作の映画)

3.9

 宗教信仰モノは結局のところ、無宗教な人間には理解できないとは思っている。「神のゆらぎ」において、『命はその時点で尽きても信仰は永遠である』という考え方を知らしめられたので、この価値基準に再度驚かされ>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.1

 スパイダーマン史上一番好き。間を嫌った前詰めしまくりの編集で全く退屈させない。当然じっくり魅せるところはゆっくり見せてくれる。あくまでも主役のスパイダーマンを軸にしているのでヒロインにより過ぎずロマ>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

3.5

 だんだん目がコスプレ慣れしてくるということが新たな発見だった。それを差し引いても虹村兄弟は素晴らしかったんじゃないだろうか。二人ともいいんだけど特に真剣佑の億泰はもうまんまその人じゃんか。話し方とか>>続きを読む

海底 47m(2017年製作の映画)

3.7

 深夜にメキシコの街へ出かけようとすること自体が震え上がるほど怖いことだと思っていたのでサメ以前に無駄な恐怖を味わってしまった。この映画の趣旨はそこではないので特に何もなかったがメキシコ人から見た白人>>続きを読む

少女ファニーと運命の旅(2016年製作の映画)

3.9

 重苦しいテーマなんだけどスリルとサスペンスで結構エンタテインメント化できている。少女ファニーも強さを表現できていたし、その上可愛らしいので応援したくなる。しかし、ドットメガネカトリック野郎のファニー>>続きを読む

ウィッチ(2015年製作の映画)

3.7

 魔女に魅入られるということを体現してくれる家族を静かに見守る映画。まずこの雰囲気が好きでないと眠くなったり、まだ何も起こらないのかと憤ったりしてしまうんじゃないだろうか。それぐらい静かでただひたすら>>続きを読む

ダイ・ビューティフル(2016年製作の映画)

4.0

 初フィリピン映画。ハートストーンに続き、LGBTの皮を被った一人の人間の物語。本当にこれはお芝居なのか?と何度疑問に思ったことか。監督曰く、主人公トリシャのモデルとなる人物はいるそうだが基本的に創作>>続きを読む

ハートストーン(2016年製作の映画)

4.0

 アイスランドと言えばシガーロス、ビョーク、ムームだが正にそういった音楽が育まれた土地の物語で、少年少女たちが性に目覚め、お互いの関係性に目覚めていく映画だ。
 LGBTモノと言われる映画をそのジャン
>>続きを読む

ビニー/信じる男(2015年製作の映画)

3.9

 ボクシングはよく分からないし、ビニーという人物も当然知らないのだけれど、この映画は良かった。挫折からの復活モノだけどオチ方がちょっと凄まじいし、這い上がる時の苦痛は計り知れない。結果的にマイルズ・テ>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.7

 いや、悪くはない。悪くはないんだけどこれがいいぞってのも特にない。キャストぐらいだろうか。窪田正孝って多分初めて主役のものを観たんだけど、かなりカネキに寄せれててよかった。身長以外は完全にカネキだっ>>続きを読む

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

3.6

 たくさん笑いはしなかったけどところどころ面白かった。このジジイはどうやってここまで生きてこれたのか不思議。

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.8

 もう話の筋なんかどうでもいいんですよね。1つ目より今回のほうが潔くて好き。魅せるべきことは決まっている。それをひたすら見せてくれるから楽しめる。ただちょっとジョン・ウィックの身体の強度というか硬さが>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.7

 何とも言えない。差別の二重苦を見せつけられるけど、彼には救いの人がいて、好きな人がいて、ある意味では幸せな部分もあったのだと思う。最後の邂逅はこっちまで緊張してしまった。

アリーキャット(2016年製作の映画)

3.7

 自分も窪塚×KJって観るしかないじゃん!って観に行ったタイプだけど、客層が特にKJ好きそうな感じの人が多くて面白かった。普段ああいう小さな映画館では見かけない層だったから余計に目立ってたし。
 非正
>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

3.8

 原作なんて全く知らない状態で鑑賞。簡単に言ったらダメおじさん肉体の覚醒、精神の覚醒。だけの話なんだけどヒロインの存在の悲しさも相まって妙なオリジナリティを感じる。クライマックスがローマデルビー真っ最>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.0

 浜辺美波。まずこの逸材に拍手。桜良というキャラクターを120%にして魅せていただいたような気がする。北村匠海。彼にも拍手。イケメンがこういう役をやると説得力がないパターンが往々にしてあるが今回はそれ>>続きを読む

アイム・ノット・シリアルキラー(2016年製作の映画)

2.5

 久しぶりにB級王道のホラーを観た。犯人の正体がわかっても驚けるわけないでしょ。だって最初の殺人目的シーンでシルエット見れば分かるし。全然目的の分からない話だった。かなり酷い出来だと思う。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.0

 戦闘シーンに全てが詰まっている。皆に帰らなければならない理由があるが平等に悲惨に死んでいく。ただ一人を除いて。しかしそれは事実。その強みがあるのは分かるが、本人たちが登場するのはいらない。事実に基づ>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.0

 こういう映画を観るために見知らぬ監督、役者でもチェックしているわけだよ。と思わせてくれる映画だった。ヴェスパーことアナリア・バッソが美しい。家族みんなのキャラが立ってて飽きない面白さがずっと続いてい>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.3

 マーニーが好きだったから観たんだけど割りとガッカリ。学校の時間もっと長くてよかったのでは…。いいなと思える表現方法がなかった。

ハードコア(2015年製作の映画)

4.0

 ヘイリー・ベネット様ヒロインということでもう他に何も要らないんだけど、他の部分も面白かった。映像も展開もまんまゲームなんだけど、それを映画でやっただけというには面白すぎる。やはりアクションは誤魔化さ>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.8

 マーク・ウォールバーグ主演実録モノ。バーニングオーシャンに続き今作も良かった。被害者たちの被害状況、特に心身の損傷はガッツリ描けていた。事件が起こるまでの描写がいかにも過ぎてちょっと演出臭さを感じて>>続きを読む

セールスマン(2016年製作の映画)

3.7

 微妙な映画。登場人物たちの判断の微妙さ、映像を情報として見せる適度な微妙さ、この土地でのこの事件の微妙さ。非常にアンバランスな状況がバランスを取りながら物語られていく。最後まで見ても何が善で何が悪か>>続きを読む

残像(2016年製作の映画)

3.8

 尊敬と愛情の眼差しで近づいてくる学生ハンナが美しすぎてストゥシェミンスキに嫉妬する。信念の強さだけでなく脆さも描かれている。これは超人の話ではなく全く人間らしい人間の話。

キング・アーサー (2016年製作の映画)

3.5

 ガイ・リッチー作品なのに物足りない。割りと普通のファンタジーになってしまっていた。

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.2

「そうか、こんな感じなのか」この言葉だけで嗚咽する。

ライフ(2017年製作の映画)

3.7

 この怖さは本物だ。序盤の人物紹介後からの展開が正にホラーで心地よかった。どこから襲われるかわからない、対処する方法が分からないというのは本当に怖い。しかし途中までは本当に怖いSFホラーだけど終盤勢い>>続きを読む

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

4.2

 好きな映画だ。ヴィンフリートのキャラクターは大袈裟じゃなく、その辺に生息するおじさんと想像するに難くない。子供には好まれるであろうフザケ方はやがてあしらわれるようになる。実際この映画内でも物凄くリア>>続きを読む

しあわせな人生の選択(2015年製作の映画)

3.7

 自分の一番大切なものを誰かに託さなければならないとき、誰をどう選ぶのか?これがテーマだと思う。実際そういう立場になったら多くの人が悩むだろう。そうなったときの最善手がこの映画には選択肢としてあって、>>続きを読む

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.2

 とんでもない出会い方から始まったので、最初っからずっと持ち直すことだけを願いながらの鑑賞になってしまった。とにかく出会い方がヤバイ。ケータイを忘れてしまったら、見知らぬ男から自宅に電話がかかってきて>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

4.1

 児童文学の賞であるカーネギー賞を受賞した原作はジュブナイルでありながら人間の根源的な部分をテーマにしており、分かりたくないことを分からせるために怪物が物語るストーリー。物語の力を信じた作品で非常に好>>続きを読む

>|