青いむーみんさんの映画レビュー・感想・評価

青いむーみん

青いむーみん

雑食です。

映画(300)
ドラマ(0)

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.7

バットマンがバットマンであるがゆえに1人沈殿してる感じが一周回って笑えてきてしまう映画。

この責任はレゴバットマンが大きく負っていると思う。あれほどキャラクターがデフォルメされていじられるともう戻れ
>>続きを読む

密偵(2016年製作の映画)

3.6

日本警察と韓国レジスタンスとの間に立たされた韓国人の選択を描いた作品。

真新しいことのない物語、映像でちょっとがっかりしてしまった。電車内での事件も観たことあるパターンだったし、今作特有の何かという
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.0

最高の復讐の方法を実演することになってしまった映画。

これは原作が凄い。作中作に物凄い魅力がない限り成立しない物語なのにそれが成立しているだけで天晴。恐怖と甘い期待からくる緊張をリーダビリティにして
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

紳士アクションお祭り映画の第二作目。

前回同様抜群に楽しいアクションは健在で頭っからド派手にぶっ飛ばしていくから序盤からの加速度は前回よりも上だ。前作で死んだ彼が登場するのでやはりアガる。部分的に前
>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

3.7

実話ベースの障害乗り越えジーニアス物語。

普通の人の5%しか見えないというのが実際に観客にも感じられるように画面全体が何度も5%の視力に切り替えられる。この視力では努力も情熱もそう長くは保てないとな
>>続きを読む

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

3.8

瀬々監督の秀作二連発の二発目。

季節の捉え方の美しいこと。引きの画のきれいなこと。やっぱりそこが目を引いた。
『彼女が目覚めるその日まで』ではメインは病気であり、その発症、症状、病名の確定が丁寧に描
>>続きを読む

彼女が目覚めるその日まで(2016年製作の映画)

3.8

抗NMDA受容体脳炎の症状を丁寧に描いた秀作。

日本では同時期に『8年越しの花嫁』という同じ病気を題材にした映画が公開されているが、撮りたいことが全く異なるので両方観ると興味深い。
こちらクロエ版で
>>続きを読む

フラットライナーズ(2017年製作の映画)

3.3

ガッバガバのぬるぬるホラー。
基本的な線は面白いのでそこに監督の創造力の限りをぶち込んでやりたい放題やれば面白くならざるをえないのにそうなってないのはその程度のアイデアしかないのだろうなぁ。

ディエ
>>続きを読む

ソニータ(2015年製作の映画)

4.1

世界中でもトップクラスの特殊で厳格なルールを持つイランから自由を歌うアフガニスタン人の少女の嘘みたいな本当のストーリー。

観ると決めた映画は事前に何も調べないしできるだけ情報を得ないようにするのでこ
>>続きを読む

チャルカ~未来を紡ぐ糸車~(2016年製作の映画)

3.7

福島に津波が来ようが来まいが原発がある限り生み出され続けている放射性廃棄物の行き先を追った問題提起ドキュメンタリー。

放射性廃棄物処理の先進国としてフィンランドが挙げられ実際にその現場の取材もされて
>>続きを読む

被ばく牛と生きる(2017年製作の映画)

4.0

ペットへの愛と家畜への愛はどう異なるのか。食用に育てられた動物が食用にできなくなれば生かす意味がなくなるのか。社会的沈黙で押し潰されそうな”生”を問う映画だ。

福島で畜産農家を営む四組の数年前の動向
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.6

ファックファックファック!!!ファッキンサイコーだったぜ松岡!!松岡による松岡のための松岡の映画。

もう知れ渡っているであろう若手ナンバーワン女優松岡茉優が初主演を飾ったこの映画。『桐島部活やめるっ
>>続きを読む

(2016年製作の映画)

3.5

暴力に支配された人たちの話。

ある暴力が発端でいろいろな暴力が枝分かれしていく。一度外れてしまった箍はもう元には戻らない。永遠に増殖していく暴力の連鎖。殴る暴力、裏切る暴力、知らないふりをする暴力。
>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

3.9

殺人エンタテインメント(実話)な不謹慎だけど楽しい映画。

これはある意味シャマランの『ヴィジット』のようにガチでヤバイ状況における間の抜けた行為が際立つ映画だ。そこは笑ってしまうこともあるし、ゾクッ
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.4

ギフトを与えられた者のギフト部分だけを人格として切り取るということの間違いを指摘し続け、特別な部分もそうでない部分も含んで一つの人格として扱うという非常に現代的なテーマの映画。

言ってはいけないこと
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.0

日本への、他者への、映画への愛溢れる異常なほど手の込んだ素敵な映画。

トラビス・ナイト監督は初監督作品から飛ばし過ぎじゃないかと心配になるほどの出来で、今後これほどの力の入った作品を続けていけるのな
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.8

 告知で観た印象ではとにかく強くカッコイイ女性がバッタバッタと悪者をなぎ倒していくようなシンプルな映画だったが、アクションばかりではなくストーリーがしっかりあってよく練られたスパイ映画だったのでちょっ>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.6

 7種類のノオミ・ラパスフェスティバル。ちょっと設定に無理がある近未来SFだけどその無理さを特に怪訝に思うことはない。七つの人格が一人の人格を共有したらどうなるかというシミュレーションを今現在では嘘く>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

4.8

 不器用な奴らの極限の必死さがスクリーンを燃やす。前篇に引き続き演技が限界突破しているので他の映画とは別物だと思わないと他作品がかわいそうだ。この熱量はオールタイムベスト級。
 テーマが非常に好みであ
>>続きを読む

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.5

 死霊館シリーズとアナベルシリーズは話に繋がる部分はあるものの映画の質としては別物だと考えたほうがいい。個人的にジェームズ・ワン監督作とそれ以外との差が大きすぎると思っていて、ジェームズ・ワン作品はド>>続きを読む

婚約者の友人(2016年製作の映画)

3.8

 アドリアンという登場人物のキャラクターを通じて戦後のフランスドイツの関係が描かれている。戦後すぐに元敵国へ入るということがどういうことか。戦争が終わったということが人々の隅々までに染み渡るのはどれほ>>続きを読む

ブルーム・オブ・イエスタディ(2016年製作の映画)

3.3

 ホロコースト研究に勤しむドイツ人とフランス人のイカれた男女が過去に囚われず未来を見ようとする映画。

 この二人があまりイカれてなければもっと普通に受け入れられたと思うが、あまりにも酷いイカれ方を
>>続きを読む

わたしたち(2016年製作の映画)

3.8

 ユン・ガウン監督が是枝裕和大好きとは知っていたけど、作品を観てもそれは伝わってきた。子供たちの世界をどこまでもリアルに忠実に描こうとする姿勢も映画を観れば伝わる。大人になっても人間関係は難しい。その>>続きを読む

レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー(2016年製作の映画)

3.7

 う~ん…レゴの映画って言うともう身体が勝手に「またやってくれるぜ!」って思ってるからどうしても期待値が高くなる。その期待値を遥かに超えていった前作レゴバットマンだっただけに、半年と待たず公開された今>>続きを読む

愛を綴る女(2016年製作の映画)

3.5

 主人公が恋愛体質の上に選ぶ対象は一筋縄ではいかない男ばかり。そんな女に淡い期待を抱きつつ政略結婚してしまった男の末路とは…正に紛うことなきおフランスの映画でございます。

 いくらこの主人公に苛立っ
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.1

 いや、カッコよすぎるだろ新宿新次というか菅田将暉。自分は完全にバリカン目線で観てしまったからバリカンから見る新次への憧れが伝染してしまって、菅田将暉に抱かれたい列があったら並んでしまいそうなことにな>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.9

 あ~あ完結しちゃった。すげぇ楽しかったのに。素晴らしい映画かというとそういうわけじゃないし、ひっ掻き回す役が今回はいないからちょっと単純すぎて物語の筋的には前作、前前作より後退してるんだけど、シリー>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.9

 評判の高さそのままにハイクオリティな映画になっていました。

 人種分離政策があった時代の話。仕事する棟は別、トイレは別、食事する場所も別、しかも必ず古い方、汚い方、狭い方をあてがわれる黒人女性たち
>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

4.2

 遅ればせながら初クストリッツァ。どうして今まで観ていなかったのか…こんなに面白いものがあるなんて知らなかった。魅惑のマジック・リアリズムの世界に取り込まれて嵌りそう。

 コメディでありながらリアリ
>>続きを読む

アンダー・ハー・マウス(2016年製作の映画)

2.5

 LGBTモノだったり障がい者モノだったりは基本的に全て他の人達と同じ人間であるということが根幹にあるので、もうその見方をする素地ができあがってしまった。なのでそれをより深くするような、例えば『ダイビ>>続きを読む

パーフェクト・レボリューション(2017年製作の映画)

4.2

 こりゃあ快作だ。障がい者に努力させて感動を呼ぶ、いや胸ぐら掴んで泣かせようとするようなコンテンツとは真逆の物語。確かに実在する人物が元ではあるけども実話を装ってゴニョゴニョやっていて、障がい者の現実>>続きを読む

望郷(2017年製作の映画)

3.4

 原作短編集より「夢の国」「光の航路」を連続短編として描かれた作品。あくまでも原作の映像化で、読んでいたとおりの映像、物語を観ることができた。

 光の演出などちょっと映画らしいことをやっているけど概
>>続きを読む

サーミの血(2016年製作の映画)

4.0

 全く存在すら知らなかったヨーロッパの差別の歴史。この事実を世に放つことがこの映画の意義であるとするならば確かに受け取らせていただきました。

 老年のエレ・マリャ以外のサーミの出演者は全て本物である
>>続きを読む

スクランブル(2017年製作の映画)

3.6

 この映画のメインはなんといってもアナ・デ・アルマスの美貌っぷりとスコット・イーストウッドのイケメンっぷりと美しい車のオンパレード。そこが楽しみなら観て損なし。
 あんまり驚けないタイプのどんでん返し
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.5

 この物語は100%殺人加害者側の立場で語られる。反省するだとかそんな次元ではなく、人の死に直面したときにだけ心が安らぐという壊れた人間の末路が描かれている。実際はそういうときだけではなかったと分かる>>続きを読む

エタニティ 永遠の花たちへ(2016年製作の映画)

3.9

 花があるから幸せなのか。幸せだから花があるのか。どちらにしろこの映画の中にはいつだって幸せのそばには花があった。

 一族の生死を分ける出来事がただただ淡々と描かれていて、伴侶と出会い、結婚し、子を
>>続きを読む

>|