こーたさんの映画レビュー・感想・評価

こーた

こーた

映画を観ながら、いろんなことを考える。
その考えていたことを、言葉にかえて文章にする。
同じようなことを考えていたひとに出逢うと、うれしくなる。
うまく言葉にできなかった想いを、軽やかに表現してくれている文章に出逢うと、もっとうれしくなる。
思いもしなかった発想に出逢うと、がらりと世界が変わる。
映画は世界の見方を変える。
その感想も、世界を変える。

Bestは昨年のBest。

映画(196)
ドラマ(8)

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

-

日本文学の描写を忠実に映像化しようとすると、アニメーションという手法に頼らざるをえないのではないか。クローズアップにしろ、奇っ怪な変化(へんげ)にしろ、その境界はあいまいで、ひとつづきに展開する。カッ>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

-

ファンタジー、なのだとおもう。おもいがけず放りこまれた世界で、戦うことを余儀なくされた女性の唯一の武器は、無私。そして無欲。過酷な訓練を潜りぬけ、敵のなかに潜りこんで味方をつくる。架空の国でバトルロイ>>続きを読む

籠釣瓶花街酔醒(2012年製作の映画)

-

あばたの男が吉原の花魁に、ひとめ惚れしちまったのが不幸のはじまり。いや不幸なんて甘っちょろいもんではないのである。吉原百人斬り。なんと実話なんだそうで。玉三郎のながし目、勘三郎の、これでもかというほど>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

-

アメリカの、忘れさられた街のはずれにある、三枚の広告看板(スリー・ビルボード)。さいごの広告が貼り出されれたのは1986年で、板は朽ち果て、みる影もない。どうせ誰も通らない道だ。母はその看板を利用する>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

-

歌舞伎でも落語でも、いい古典は演じ手をかえ、さまざまにその物語を描いていく。語りとは騙りであり、おなじはなしを、いかにおもしろおかしくかたれるか、という優劣をきそったのが、そもそもの物語の起源なんだと>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

-

小説を読んでいると、ふっと自らの記憶が甦ってきて、なかなか頁の進まないことがある。
物語という情報を仕入れる以上に、読書は体験といっていい。
本を読むわたしたちがその物語に共感するのは、自らの経験に根
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

-

ロビイスト。縁の下の力持ち。
政治にはお膳立てがいる。
政治家の関心は、正義や信条、ましてや国民などには向いていなくて、いつだってカネと票にある。それはいつの時代も、どこの国でも変わらない。
だからロ
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

-

男もすなるスパイといふものを、女もしてみむとてするなり。
だが彼女、ロレーン・ブロートン(シャーリーズ・セロン)は、けっして女であることを武器にしない。色気は使わず、泣き言はいわず、寸分も弱さを見せな
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

-

学生のころ、理系の世界に身を置いていた。
よかったな、と思うことのひとつが、偏見というものがほとんどない、ということであった(完全にない、と言い切れないところが幾分か残念ではあるが)。
肌の色が白いと
>>続きを読む

スクランブル(2017年製作の映画)

-

子どものころ、車が大好きだった。
家のなかではミニカーをならべて悦に入り、おもてへ出ては道を過ぎる車を眺めて、その車種を悉く言いあてて飽きることがなかった。
好きだったのは、どちらかといえば国産車であ
>>続きを読む

不思議惑星キン・ザ・ザ(1986年製作の映画)

-

合言葉は、クー(Kuh)!
うっかり押してしまった謎のボタンは、あっという間に宇宙の彼方へと飛ばされる瞬間移動装置だった。
寒空のロシアから、荒れ果てた砂漠のど真ん中へ。
現れる謎の飛行体。檻笑。鼻の
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

-

脳を音が揺さ振る。
空間を圧する、音、音、音。
星間(interstellar)には音が無かった。
ダンケルクの海岸には、ただ音のみが充満している。
遠い空の彼方から、微かに聞こえる金属音。敵軍の爆撃
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

-

映画は恋に似ている。
鑑賞のひととき、わたしは画面に魅せられ、劇中の人物たちと想いをおなじくする。
かれらと世界のあちこちをめぐり、ときに焦らされながらも、愉快なひとときをともに過ごす。
だが、そんな
>>続きを読む

少女ファニーと運命の旅(2016年製作の映画)

-

少女の目線が、とても低い。
大人たちの雑踏にまぎれると、視界は遮られ、周囲はたちまちのうちにぼやけてしまう。はぐれた仲間を探すのも、ひと苦労だ。
そんなか弱い13歳の少女が、指揮官に指名される。任務は
>>続きを読む

裁き(2014年製作の映画)

-

壇上で歌う老人の顔に張りついているのは、怒りだ。
猛々しい歌声に乗せて、内側からふつふつと湧き上がってくるような、静謐な怒り。
社会が急速に発展し、いたるところに生じた隙間を、法律は埋めることができて
>>続きを読む

ロスト・イン・パリ(2016年製作の映画)

-

足は口ほどに物を言う。
めくるめくステップに誘われて、道化と歩く異国の街は、どこまでも幻想的で美しい。
女は最愛の叔母を訪ねて、憧れの都パリへ。
愛する姪をよびよせた老婆は、自由を求めて自ら迷子に。
>>続きを読む

タレンタイム〜優しい歌(2009年製作の映画)

-

あらゆる言語の飛び交うさまが、この国の多様性を端的に顕している。
英語、マレー語、中国語、それに手話まで。ひとりの話し手が、はなしているその途中で、急に言語をかえたりする。その切り替えは実に軽やかで、
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

-

本を読むなら、紙の本がいい。
紙の本なら、兵士が戦場へ携えていける。
戦場へ携えていくなら、物語よりも詩がいい。
詩は魂だからだ。
討たれた兵士が胸におしあて、たとえ一片の肉塊となろうとも、その胸の内
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

-

 わたしの母は、わたしがまだ赤ん坊のころに彼女の夫と離婚して、生家へと戻った。
 わたしは父親の存在を知らずに育ったが、母の両親や姉夫婦、それに、たくさんいる彼女の友人たちに支えられて、すくすくと成長
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

-

テロに打ち勝つのは、愛、なのだそうだ。
愛があれば、テロリストのふるう暴力にも決して屈しない。
愛によって団結し、わたしたちはテロに立ちむかう。
そのおぞましさに、寒気をおぼえる。
では、テロリストた
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

-

いつの時代も若者とは純粋なもので、その純粋さは、若者を若者たらしめている幼児性に直結している。純粋さは若さの特権であるはずなのに、さいきんは社会全体がどんどん純粋な方向へとむかっていくようで、つまりは>>続きを読む

フレンチアルプスで起きたこと(2014年製作の映画)

-

 「ナゾな映画だったね」
 目の前に座る彼女が、グラスの麦酒にちょっと口をつけてから、云った。
 いっしょに映画を観るのは、きょうが三度目だ。
 ふたりで会うのもこれが三度目で、いつも映画を観にいき、
>>続きを読む

ローマ法王になる日まで(2015年製作の映画)

-

わたしにとって映画とは教会のようなものだな。
教会へ行って、祈りを捧げる。
心にわだかまっている悩みを打ち明ければ、その心の結び目を、聖母がやさしく、ほどいてくれる。
信仰を持たないわたしの心の結び目
>>続きを読む

光をくれた人(2016年製作の映画)

-

傷痍軍人、帰還兵。
戦争の傷痕が、まだ生々しい時代、死はいまよりもずっと身近だった。
絶海の孤島に、ふたつの海が打ちよせる。そのぶつかる音が、騒がしい。
波のざわめきが、男の心をかき乱す。
女の天真爛
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

-

 出かけたさきでの予定が突然キャンセルになった週末のある日、ぼくは久しぶりに映画館へ行った。
 そこはいまではめずらしい、スクリーンがひとつだけの小さな映画館で、その時間に観られる映画も、当然だがひと
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

-

戻る、という字の旧字には、点がひとつ余計にあって、「戸」の下が「大」ではなく「犬」であった。
開けておいた戸に犬が戻ってくる、というほうが、ずっと雰囲気が出ている。
かつてそう言っていたのは、吉行淳之
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

-

年をとるということは、葬儀の指示をできるということかもしれない。
司馬遼太郎『坂の上の雲』で、子規の死にさいして、陸羯南がいった言葉を思い出す。
兄の死にまつわる手続きを通して、弟は壊れた心を再生する
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

-

なんでもない瞬間に、ふっと笑みがこぼれる。
シーンのあいだに挿まれる「間」が、なぜか可笑しい。
人生の隙間を埋めるのに、ぴったりの映画だ。

舞台は古き良き時代のハリウッド。そしてニューヨーク。
映画
>>続きを読む

パーソナル・ショッパー(2016年製作の映画)

-

わたしはしばしば映画館へ行き、2時間ほど他人の人生を生きる。
自覚しているわけではないが、それはわたしの深層心理に眠る、変身願望の顕われなのかもしれない。
モウリーン(クリステン・スチュワート)は、セ
>>続きを読む

台北ストーリー(1985年製作の映画)

-

恋は都市が作る。
80sの台北。都市が急速に発展し、ひとびとの暮らしが、それに追いついていない。
着るユニフォームは立派でも、プレーは拙い、少年野球のよう。
若者はその未熟さに気づかず、異国への無垢な
>>続きを読む

ノー・エスケープ 自由への国境(2015年製作の映画)

-

ささやかなリーダーシップ、ということを考える。
それは先頭にたって、みなを引っ張っていくような、わかりやすいリーダーシップではない。
むしろ最後尾を進み、遅れそうなものがいれば自分もペースを落とし、へ
>>続きを読む

惑星ソラリス(1972年製作の映画)

-

首都高速の長いトンネルを抜けると宇宙ステーションであった。
長い長いドライヴに疲れて、廃墟のようなソラリス・ステーションを彷徨っているうちに、催眠術にかけられたように、ウトウトしてくる。
そこに”あれ
>>続きを読む

ストーカー(1979年製作の映画)

-

これは「ゾーン」へとむかう人びとを描いた物語なのか、はたまたこの映画自体が「ゾーン」なのか。観ているうちにわからなくなる。
案内人〈ストーカー〉に導かれて、映画を観ているわたしも、いっしょになって「ゾ
>>続きを読む

恐怖分子(1986年製作の映画)

-

分子をあつかう化学の世界に、「自己組織化」という、きみょうな現象がある。
小さな分子のかたまりに、ちょっとした刺激を与えると、それら分子が自然にそなえている凝集力がはたらいて、勝手に集まり、一個の巨大
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

-

17歳は人生のふち(Edge)だ。
この世に「世界」はひとつしかなくて、ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)はそのへりでひっそりと生きている。
ひとに好かれる方法が彼女にはわからないし、好きなひ
>>続きを読む

午後8時の訪問者(2016年製作の映画)

-

医者にかぎらず、あらゆる「仕事」というものは、ひとのはなしを聞くことなのではないか、と思うことがある。
商品を売る、であるとか、サービスを提供する、といった行為は、あくまで副次的な口実にすぎず、その根
>>続きを読む

>|