喜連川風連さんの映画レビュー・感想・評価

喜連川風連

喜連川風連

映画は心の栄養です。
二つの相反するものが共存する映画が好き。

☆0.5 ・・・
☆1.0 居眠り
☆1.5 早回しで見る
☆2.0 味気ない
☆2.5 少し物足りない
☆3.0 普通 普遍 評価不能
☆3.5 面白い
☆4.0 他の人に薦めたい
☆4.5 投げ銭したい
☆5.0 絶頂

映画(211)
ドラマ(24)

私をスキーに連れてって(1987年製作の映画)

3.0

ベタすぎる。。だがそれがいいって感じ。

途中で
見てるこっちが気恥ずかしくなる。
だがそれがいい。

ユーミンの曲で星2個分プラスできる作品。

当時最新でも30年経てば、
あの頃は〜になっちゃうん
>>続きを読む

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

4.5

お前らロックしてるか!?
と時代遅れのロートルおじさんが問いかける。

ロックでつまんねえ学校を変える!
これがおっさんの妄想だとしても、押しつけだとしても
教育やテスト勉強じゃ学べない、カッコいい生
>>続きを読む

ランチメイト症候群(2018年製作の映画)

2.5

女子高生の極々私的な内面を映し出す。

おばあちゃんが作ってくれた古ぼけた弁当を友達にいじられ、みんなの前で弁当が食べられなくなり、トイレでご飯を食べるようになる話。

若年期特有の自意識の切り取り、
>>続きを読む

草迷宮(1979年製作の映画)

2.0

舞台変わり、場面転換、音楽、セリフ回しに演劇みを感じる。

きちんと見せ場をつくり、間の置き方が演劇のそれだった。

個人的に趣味が合わなかっただけだったが、
衛生環境の悪い飲食店に入ったかのような居
>>続きを読む

イメージの本(2018年製作の映画)

-

巨匠ゴダールの走馬灯なのだろうか?

繰り返されるイメージの羅列。
古い映画フィルム、絵画、書物、テキストを分割配置している。

全体は5本のシーケンスで成り立つ。
1.リメイク。
映画がオマージュや
>>続きを読む

ミゾロギミツキを探して(2018年製作の映画)

3.5

台本無し、撮影日数4日間。
カメ止めを生んだいわゆる映画学校のワークショップ映画。

「原発反対」とシュプレヒコールをあげない極々普通の人々。
3.11で忘れられがちな辛くても辛いと言えない人の話を描
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

2.5

ジョーカーを見た記念に。

ジョーカーにもバットマンにも欠ける想像力を思い知った。
その想像力の欠如が生む『分断』

何も想像すらさせない存在として描かれていた今作のジョーカーだったが、それは持つもの
>>続きを読む

真実(2019年製作の映画)

3.0

是枝裕和監督 最新作。

言わずと知れたシェルブールの雨傘で知られるカトリーナドヌーブ主演。

そんなフランスを代表する大女優へのインタビューをもとに脚本は練り上げられた。

女優の仕事の忙しさから娘
>>続きを読む

U・ボート(1981年製作の映画)

3.0

随分と前に見終わった作品ですが、余りの潜水艦内の重苦しさに筆が重くなってしまいました。
カットもほとんどが船内。
安心したかと思ったらやってくる爆雷。

苦しさを共有し切った時に現れるカタルシス。
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.5

行われていることは狂気だが、表現としては優等生かつ、スタイリッシュ。

地下鉄の電灯、どこまでも続く線路、アメリカの街並み、タクシーが突っ込んでくるカットなど、美しくもあり、
人物の切り取り方はどれも
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.0

邦画の悪癖というべき、パニック映画のテンプレのようなエキストラのわざとらしい演技が目につく。

あからさまな騒がせ、うなづかせ、演技はどれも大きい。

リアリティに欠ける描写があまりに多く乗り切ること
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

4.5

これは初期衝動だ!!!

例えば銀杏BOYZとかナンバーガールに出会ったときのような!

目をかっぴらいて、口半開きで
見たせいで全身からっからだ!

日本版タランティーノ誕生!
というのはあまりに真
>>続きを読む

激動の昭和史 沖縄決戦(1971年製作の映画)

4.6

幸か不幸か、この時代のこの土地に生まれなくてよかった。。
そう考えてしまう自分に卑近さを感じてしまう。

シンゴジラの庵野秀明監督のベストフィルムということで鑑賞。

「日本の一番長い日」で描ききれな
>>続きを読む

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

4.0

今泉映画は腹が減る!

愛がなんだ以来の今泉力哉作品。

前回同様、人と人が腹を割って話すシーンでは必ず食事シーンになる。
そして一回は必ず料理を上から撮ったショットが挟み込まれる。

娘が出ていくシ
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.5

もしメンタリストDAIGOさんが逃走劇をするのであれば、こういう感じになりそう。

当初はシンプルな娯楽映画を見るテンションで見始めたが、とんでもない。

彼が逃走するにも単にお金が欲しいなどというも
>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

4.6

今まで見てきた会話劇の頂点かもしれない。

英語ネイティブではないのに、言葉のやりとり・応酬それを彩るディカプリオの表情にとんでもなく引き込まれた。

舞台はめくるめく変わるが、まるで演劇を見ていたか
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.5

落ちぶれていく元スター俳優の葛藤の
背景で描かれる猟奇的事件。

普通ならば、俳優の葛藤と克服が描かれて、終わるところをもう一つ事件をクロスオーバーさせてくるところが他のシロモノと一味違う。

関係な
>>続きを読む

ロリータ(1961年製作の映画)

3.5

痴人の愛、布団そしてロリータ。
古今東西繰り返されてきたいい年こいたおじさんが繰り出す少女愛。

それをキューブリック自慢の
フォローショット・センターへの人物配置、狂気に落ちる瞳で彩る。

身寄りの
>>続きを読む

二郎は鮨の夢を見る(2011年製作の映画)

3.5

「自分がこれと決めた職業に惚れ込むんだ!」
超高級寿司で有名なすきやばし二郎の当主小野二郎に密着したドキュメンタリー映画。

巷でよく言われる「好きなことを仕事にしろ」ではなく、仕事に惚れこめ!
昔気
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.5

「こんな私を好きでいてくれてありがとう」
誰しも抱えていた?憧れの人。
その憧れの人が偶然同じ同士だった人はそれを運命と形容するのだろうか?

その運命を取り巻くように色々な愛が描かれる。
・ストーカ
>>続きを読む

悪人(2010年製作の映画)

3.0

人はどこかに「悪人」を抱えて生きている。

どこかの一面から見たとき、容易に悪人になってしまう。

そんな一端に気づかされる名画。

いっときの感情を昂ぶらせ人を殺してしまった祐一。
感情を逆なでする
>>続きを読む

ワンダラー(2019年製作の映画)

2.0

男女の安易な衝突
ではなく
家にいながら旅をしているように振る舞う
その見栄や虚栄心をもっと掘り下げて欲しかった。

なぜそんな見栄をはるのか?
自意識過剰なのか?
プライドが高いのか?
何を守ってい
>>続きを読む

自転車は秋の底(2019年製作の映画)

1.5

NHK教育テレビ 23時頃にほんのりやっていそうな映画だった。

セリフがほぼない。

説明的な映画が多い邦画にあって、これはあまりに思想も説明もない。

アイディアと編集技術だけで突っ走ってしまった
>>続きを読む

東京ヴァンパイアホテル(2017年製作の映画)

2.5

Amazonプライム オリジナル作品。

狂気と呼ぶには足りず、
エンタメと呼ぶにも足りない。

所々にキレキレの映像はあった。
例えば享楽的なイマドキ女子たちをマシンガンで惨殺したり、ガラス張りのテ
>>続きを読む

東京少女(2019年製作の映画)

2.0

女の子の脳内ポエトリー。

思想があるようでない、独白映画。

ジャンプカットとちょっとイタい自己語りとアンニュイな音楽とでほとんどが構成される。

これを観るなら長久監督の「私たちはプールに金魚を」
>>続きを読む

暗黒街の対決(1960年製作の映画)

3.0

今と明らかに「カッコいい男」の定義が違う。

この時代、
外見のかっこよさとは別に、美学・スタイルにこだわる。

スナックでのタバコ。
タバコを吸いたい時にサッとマッチを出す気づかい。
仁義。
義理と
>>続きを読む

ゴジラ(1954年製作の映画)

4.0

怪獣映画の原典。
何度目かの見直し。

戦後9年、第五福竜丸の事故直後という生々しさが残る中での上映。

ある者はゴジラの襲来を水爆の生ける象徴だといい、
ある者は空襲になぞらえ、
またある者は南太平
>>続きを読む

わたしを離さないで(2010年製作の映画)

4.5

臓器提供ドナーになるためだけに生み育てられる人生。
抗えない運命に向かって歩まざるを得ない人たちと学校での日々を描く。

字幕で見ていたが、詩的描写・表現が多く、映像以外のイメージが膨らんだ。

そし
>>続きを読む

ラヂオの時間(1997年製作の映画)

4.0

映画好きが作った映画という感じがして、心底ワクワクした。

ドラマ製作の舞台裏を実際の当事者たち(テレビ屋たち)が作ることによる生々しさがたまらない。

画角もアングルも演出もキレている。
生放送とい
>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

4.5

もう何度見たか分からない。

映像を志し、また改めて見てみた。
今回はそれぞれのイメージが何を示すのかに着目して見た。
メモ書き的レビューなので、まとまっていないのが恐縮であるが、ご一読頂けると嬉しい
>>続きを読む

ぐるりのこと。(2008年製作の映画)

4.5

「泣いたらいい人なんかなあ?そんなんあてにならんやろ?」

あぁ家族。家族ってなんなんだろう。
考えても分からない。
なぜ結婚するんだろう?
なぜ赤の他人と一つ屋根の下で暮らすのだろう。この映画は答え
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.0

久しぶりに2時間をあっという間と思うことができた素晴らしい映画だった。

さすがピクサー。ありがとう。
あの日、感じた高揚感やひとつの困難に立ち向かう勇気、大勢が反対しても曲げない信念。色々な危機に恐
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.0

うまくまとまらない。

クソみたいな日常。
兵隊で国のために戦ってきたのに、誰も自分を見やしない。

しまいには
大それたことをして、
誰かのために義憤を働いて、
生きていることを証明しようとする。
>>続きを読む

凪待ち(2019年製作の映画)

4.0

男、香取慎吾の本気の演技を観た!
和製ノアールだと宇多丸さんは語っていたが、落ち込んだ雰囲気が特に似合う俳優さんである。
それでいて、画面映えするスター性も持ち合わせているのだからすごい。
加えて「信
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

3.5

人は死があるからこそ、生を実感する。

現代に生きていて外敵に襲われるわけでも、全人類を滅ぼすようなパンデミックがあるわけでも、戦争に駆り出されるわけでもない。

主人公は死んでんのか、生きてんのかわ
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.0

映画館を出ると、劇中のようなさんざめく雨。
東京は数十年に1度の長雨に見舞われている。
もう7月になるというのに「夏」はまだ来ない。

さて、そんな本作の裏主人公は「東京」だろう。

前作「君の名は。
>>続きを読む

>|