マーくんパパさんの映画レビュー・感想・評価

マーくんパパ

マーくんパパ

映画(2544)
ドラマ(0)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

テン(1979年製作の映画)

3.1

いつか観る日を楽しみにしていた一本でしたが期待外れに終わった。40才を越えて男盛りもコレから下り坂だと悲観する男の目の前に、眩いばかりの完璧な美しさを備えた花嫁姿の女性を見かける。宣伝ポスターになって>>続きを読む

黄金時代(1930年製作の映画)

3.7

ブニュエル「アンダルシアの犬」に続く第二作。当時は相当物議をかもしたようだが、確かにさもあらんと納得の背徳のオンパレード。サソリがネズミを刺す毒気のある学術映像から始まり、島で司教のミサ中に女を犯そう>>続きを読む

バンクジャック(1971年製作の映画)

3.4

最高峰厳重セキュリティの銀行貸金庫室から悪人たちが溜め込んだ悪銭150万ドルを銀行の警備責任者W・ベイテイと娼婦G・ホーンが盗み出すまでが第一幕、悪人たちに2人が追われる展開が第二幕。爆破予告の嘘電話>>続きを読む

渚にて(1959年製作の映画)

3.9

浜辺で水に戯れる人たち、パーティで歓談装う人たちと一見長閑な風景だが、実は制作時から5年後1964年の近未来を想定、核戦争で北半球全滅し南半球オーストラリアの一部のみで人類生存しているがここにも汚染の>>続きを読む

郵便配達は二度ベルを鳴らす(1981年製作の映画)

3.7

過去何度も映画化されたリメイク版、J・ニコルソンとJ・ラングが共演。原作や過去作知らないが流れ者フランクが機械修理の腕を見込まれて働くことになったドライブイン食堂の色っぽい妻コーラと出来てしまい共謀し>>続きを読む

霊魂の不滅(1920年製作の映画)

3.7

1920年映画黎明期のスウェーデン、ヴィクトル・シェストレム監督の魂の救済を描いたサイレント。それにしても字幕の和訳が支離滅裂で酷かった。ベルイマンが敬愛したこの監督シェストレム、『野いちご』の老教授>>続きを読む

カトマンズの男(1965年製作の映画)

3.6

『リオの男』に続いてブロカ&ベルモンドの海外を舞台にした活劇コメディ。不安のない退屈さから逃れたい大富豪の御曹司ベルモンドの自殺癖から始まり、突然の破産通知に慌てたフィアンセ母は後見人と結託して期限1>>続きを読む

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

3.7

スプラッターホラーの先駆け。ホラー道具にチェーンソー登場とは恐れ入りました‼︎ 不気味なヒッチハイカーから始まり助けを求めて駆け込んだ先もチェーンソー御一頭さん親族と念の入れよう。謎の墓荒らしの前口上>>続きを読む

キル・ビル Vol.2(2004年製作の映画)

3.6

結婚式襲撃の親玉ビルとその弟バドへの復讐劇第2章。白髭老子の元での“五点掌爆心拳”の修業生活、生埋め棺桶から指拳使って地中からの脱出、服部半蔵の刀、敵の突き刺してきた刃を鞘に収めて受け止め防御、秘技爆>>続きを読む

フリークス(怪物團/神の子ら)(1932年製作の映画)

3.8

見せ物サーカス団に集められたフリークス(奇形者たち)、子供の姿のまま大人になった男女ハンス&フリーダ、手足のない芋虫のような者、下半身のない者、背中でくっ付いたままの双子姉妹etc。ハンスは美人の曲芸>>続きを読む

夕陽のギャングたち(1971年製作の映画)

3.8

1913年、革命運動で動乱中のメキシコを舞台にして山賊親分フアン(R・スタイナー)とIRA闘志で賞金手配中の爆弾プロ・ジョン(J・コバーン)との出会いから革命の渦に巻き込まれていく様子を描いた骨太ドラ>>続きを読む

熱いトタン屋根の猫(1958年製作の映画)

3.7

余命幾許もない富豪農園主人の遺産を目当てに寄り集まる親族たちの確執を炙り出すテネシー・ウィリアムズ原作戯曲舞台劇の映画化。主人公の当家の次男ブリック(P・ニューマン)は花形フットボール選手の道も怪我で>>続きを読む

最も危険な遊戯(1978年製作の映画)

3.5

松田優作“遊戯”シリーズ第1作。彼を如何に格好良く、時にコミカルに撮るかに徹底した映画だから雨アラレの弾丸飛んで来ようと簡単に撃たれて死ぬ訳がない。あの長身だからビックマグナム脇下サヤに押し込んでも絵>>続きを読む

パリは霧にぬれて(1971年製作の映画)

3.6

題名とジルベール・ベコー映画音楽の甘美な響き、それにルネ・クレマン監督とくれば絶対上質ミステリーと期待膨らむのは当然。出だしのパリ近郊の霧に煙る運河で子供を貨物船に乗せぼんやり景色を眺める母親F ・ダ>>続きを読む

群衆(1928年製作の映画)

3.7

産まれた時は皆“末は博士か大臣か” と大物に成長する事を期待されるが人生そう上手くはいかない。大部分の人が月並みな結婚をし、うまくいかない仕事をボヤき転職したり、妻に愚痴られ喧嘩もし、ささやかな波乱に>>続きを読む

なごり雪(2002年製作の映画)

3.7

フォークの名曲『なごり雪』には特別な思い入れがある。大学卒業し帰省する先輩を東京駅に見送り行った雪混じりの寒い春、これが年若い異性だったら正に伊勢正三の世界だなあ…と。この歌には百人百色の思い描く景色>>続きを読む

ダーティファイター(1978年製作の映画)

3.3

ストリートファイトで賞金稼ぐピックアップトラック運転手のイーストウッドが惚れた女を追いかけ相棒とオランウータン連れてロスからコロラドに旅するタフガイロードムービー。喧嘩売った警官や暴走族軍団にも追われ>>続きを読む

男はつらいよ 柴又より愛をこめて(1985年製作の映画)

3.8

シリーズ第36作、マドンナは離島式根島の真知子先生役の栗原小巻、2回目の登場です。今回のハイライトは序盤のお騒がせタコ社長の娘あけみの家出捜索騒動と島で長年過ごしてしまった真知子先生の心情。多分、寅さ>>続きを読む

ミザリー(1990年製作の映画)

3.8

熱狂的ファンが嵩じて狂気の偏執者に変わる女。雪道で車横転して瀕死の重症負ったミザリーシリーズの人気作家ポール、それを助け自宅に連れ帰り介抱するアニーだったが快方に向かっても監禁続け自分の意に沿うミザリ>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.0

如何にビートルズとその楽曲が偉大だったのかを世に問い直すワンダフルオマージュ作。ある日落雷で世界の通信情報が一時的に途絶えた後の世界ではビートルズもコカコーラもハリー・ポッターの事も誰も知らない世の中>>続きを読む

アメリカン・ユートピア(2020年製作の映画)

4.0

何も予備知識なく観始めたが、2時間弱の素敵なショータイムをエンジョイ出来た。歌も楽器もワイヤレスマイクで音を拾いメンバーが自由自在にステージを交差する音と踊りのシンフォニー。綿密に動きも計算された縦横>>続きを読む

いとみち(2020年製作の映画)

4.0

こういう田舎町の素朴でほんわかする映画は好きだなあ。字幕付きで観たからいいけど無いと津軽弁に付いていけない。モソモソと津軽弁で国語の朗読する内気な女子高生いと、先生に「まるでクラシック音楽聞いているみ>>続きを読む

シンデレラ・リバティー/かぎりなき愛(1973年製作の映画)

3.8

題名のシンデレラリバティとは水兵に与えられた“12時までの自由時間”のこと。ある港に上陸した甲板長ジョンが健康診断結果待ちの為、再乗船猶予となる所から物語は始まる。酒場で知り合った女マギーとその混血息>>続きを読む

少年の君(2019年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

東野圭吾の小説盗作問題で世情賑わしているらしいが真偽わからずその問題は置いておく。それよりまだ香港が検閲もなく自由表現出来てるギリギリの映画かな⁈(今後は中国映画観る価値減りそう)。冒頭“この映画がイ>>続きを読む

ビッグ・アメリカン(1976年製作の映画)

3.6

ポール・ニューマンにしてはちょっといつもと違う屈折した役どころ。西部開拓時代の伝説ヒーローとして持て囃されることに腐心する興行師としても名高いバッファロービルが客寄せで敵対原住民であった酋長シッティン>>続きを読む

県警対組織暴力(1975年製作の映画)

3.9

『仁義なき戦い』路線を踏襲しつつ視点を組同士の抗争劇から取締まる県警側のやさぐれ刑事(菅原文太)に移して描いた深作映画。大原組(若頭:松方弘樹)と川手組(若頭:成田三樹夫)の対立に松方側に加担して癒着>>続きを読む

ガントレット(1977年製作の映画)

3.2

普段勤務態度のよろしくない刑事ショックリー(C ・イーストウッド)が売春で収監中の女(S ・ロック)の護送を新任所長から命令されるが、コレは所長のスキャンダル揉み消しの為に仕組まれたもので2人を抹殺す>>続きを読む

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

4.0

1960 年代ロンドンの街並み、ファッション、音楽へのオマージュ溢れたサイコホラー映画。服飾デザイナーに憧れ都会のロンドンデザイン学校に入学したエロイーズ、間借りした部屋の悪霊と自身の霊感から夢の中に>>続きを読む

哀しみの街かど(1971年製作の映画)

3.3

“哀しみの…”と謳えば何か哀愁漂う名画かなと思わせぶりな邦題はやめて欲しい。期待して観るも少しも哀しみ感じないヤクから抜け出せない、抜け出す気もない半端者チンピラの映画。アメリカンニューシネマの新感覚>>続きを読む

花のようなエレ(1971年製作の映画)

3.7

聾唖で知能の低い娘エレは村人の都合のいい慰み者として扱われている。夏休み帰省した学生ファブリスがこの不思議な娘に惹かれ言葉を教え、モンブランの頂見える長閑な森や丘で花飾り作り清流で魚釣りしてうち溶けて>>続きを読む

>|