たつなみ

たつなみ

作り手のやりたいことやメッセージがはっきりと伝わる作品に高評価をつけています。
ツボにハマった作品は甘めですが、上っ面だけのいい加減な作品と思ったら容赦無く酷評します。
長ったらしい文章は大っ嫌いなので、レビューは『簡潔に、分かりやすく』が基本。
さいたま市在住 一児のパパ(アラフォー)です。
名古屋出身。(自称)真の中日ドラゴンズファン。

インビジブル(2000年製作の映画)

3.5

”ベーコン映画”としてはベスト級。
”バーホーベン作品”としてはちょっと物足りなかった。

意外だったのは、透明化の技術は既に確立されていて、あっさりとベーコンが透明になっちゃうところ。
戻す方が大変
>>続きを読む

激動の昭和史 沖縄決戦(1971年製作の映画)

4.0

終戦記念日ということで鑑賞。
『沖縄戦』の記録映画としてだけでなく、意外にもエンターテイメントとしても成立しており、凄まじい作品だった。
町山智浩さんによると、「庵野秀明氏が最も影響を受けた作品」との
>>続きを読む

ランボー 最後の戦場(2008年製作の映画)

4.0

スタローンといえば『ロッキー』派の私だが、これはなかなかの良作だった。

クライマックスの大殺戮シーンに映画的なカタルシスを覚えつつ、虚しさを感じるラストには考えさせられる。

どんなに聖人君子を気取
>>続きを読む

野火(2014年製作の映画)

5.0

川越スカラ座にて。
塚本晋也監督の舞台挨拶&サイン会目当てに鑑賞。
大岡昇平氏の原作小説も既読。

衝撃的なグロ描写による、正に”地獄”の追体験。
映画館の大スクリーンということもあるが、観ていて鳥肌
>>続きを読む

ポゼッション(2012年製作の映画)

3.5

サム・ライミ師匠制作の”エクソシストもの”
ちょっと冗長な気がするが、娘を持つ親として結構感情移入して観てしまった。
お手軽に楽しめて個人的には良作だったかな。

ストーリーは先が読めてしまうが、『両
>>続きを読む

スネーキーモンキー/蛇拳(1976年製作の映画)

-

私の中の”永遠のヒーロー”の一人 ジャッキー・チェン。
本作は子供の頃『ゴールデン洋画劇場』で初めて観て衝撃を受けた作品。
実は『蛇拳』は彼の作品の中で一番好きだったりする。
ちなみにジャッキー映画は
>>続きを読む

サスペリア(1977年製作の映画)

3.5

『食人族』に次ぐ私のトラウマ映画。
『決して1人では観ないでください…』と呟く予告編がとにかく怖くて、当時子供だった私は1人でトイレに行けなかった程。
そういえば『8時だョ!全員集合』で志村けんが良く
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

5.0

最初に観たのは中学生位の時だった気がする。
あの頃にこの作品の完成度の高さや深淵さ、そしてエロさを理解できるはずがない。
正に『傑作』と呼ぶに相応しい。

ジョディ・フォスターがとにかく美しく、そして
>>続きを読む

ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ(2015年製作の映画)

4.0

笑えるし泣ける最高の脚本!
マイナーな作品だけどとてつもない良作だった。
ジャンルはホラーっぽいけど実はヒューマンドラマという異色作なので、ホラー苦手な方にも是非観て頂きたい。
全然怖くないばかりかマ
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

2.5

小4のムスメが観たがっていたので鑑賞。
原作全く未読のおじさんのレビューです。

結論から言うと、『とっても楽しいけど微妙』な作品。
でもこれ位日本のコメディ映画は自由さがあっても良いと思う。

最初
>>続きを読む

ヌードの夜(1993年製作の映画)

4.0

石井隆ワールド初体験。
映像から滲み出てくる様な独特な雰囲気がいつまでも余韻を残す。
私はもう一度観たくなる様な不思議な魅力を持っていると感じたが、観る人によって好き嫌いの分かれる、”アクの強い”作品
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.5

大体アメリカ映画で描かれる日本兵はロクでもないものばかりなので、正直あんまり観る気は無かったが、町山智浩さんの解説を聞いて観たくなり鑑賞。

第二次世界大戦における最激戦地のひとつと言われている沖縄戦
>>続きを読む

デス・レース2000年(1975年製作の映画)

4.5

コーマン作品初鑑賞。
あぁ…なんか好きだ この映画…。
70〜80年代のディストピア映画って現代社会を示唆していてとても奇妙で面白い。

独裁者や暴力に対する痛烈な皮肉とブラックジョークに加え、とにか
>>続きを読む

スターシップ・トゥルーパーズ(1997年製作の映画)

4.0

全編痛烈な皮肉やブラックジョークの連続。
でも決して説教臭く無く、SFモノとして十分楽しめる所はさすがバーホーベン監督。
彼の作家性にハマると他の映画が物足りなく感じてしまう。
この作品は正にそれを実
>>続きを読む

31 サーティーワン(2016年製作の映画)

4.0

クレイジーでアホで超楽しい!
個人的にはロブ・ゾンビ作品の中でベストかもしれない。

相変わらずの『悪魔のいけにえ』への深い愛情に加え、今回はサバゲーの要素も加えている。(バトルランナーへのオマージュ
>>続きを読む

ブラックブック(2006年製作の映画)

4.0

バーホーベンの映画の中でもずっと観たかった作品。
ナチス・ドイツ占領下のオランダが舞台とはいえ、反戦的なメッセージは薄い。
むしろそれを下敷きにして、バーホーベンが描きたいものを存分に描いているという
>>続きを読む

トロメオ&ジュリエット(1996年製作の映画)

3.5

”ジェームズ・ガンのデビュー作”という事で以前から観たかった作品。
でもロイド・カウフマンとの共同監督なので、期待していた”ジェームズ・ガンらしさ”を感じるよりも”トロマ映画臭さ”の方が強かった。
>>続きを読む

くもりときどきミートボール(2009年製作の映画)

3.5

『ジャンプストリート』シリーズのP・ロード&C・ミラー コンビの監督、脚本作品。
ムスメと一緒に鑑賞。

空から食べ物が降ってくるという奇想天外なストーリーや、主人公が引きこもりのマッドサイエンティス
>>続きを読む

グリーンルーム(2015年製作の映画)

4.0

アントン・イェルチン氏の遺作。
川越スカラ座にて鑑賞。
正に私の”ツボ”な作品。超楽しかった!

圧倒的なバイオレンスと血みどろの展開。
パンクバンドでツッパってるにーちゃん達が本物の”理不尽な暴力”
>>続きを読む

HOUSE ハウス(1977年製作の映画)

4.5

大林宣彦デビュー作。
昭和中期にこんな衝撃的な作品があったなんて驚いた。
とにかくブッ飛んでいて、映像からパワーを感じる位面白かった!

ジャンルは”ファンタジーアイドルホラースプラッター実験映画”(
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

5.0

『vol.2』(『リミックス』ではない)が大傑作だったのでBlu-rayを購入して再レビュー。
やはり買って良かった(^ ^)

それぞれのシーンと70'sポップスの名曲がちゃんとマッチしていて、丁寧
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

5.0

最高……!!! 大好き!!!
正に”銀河一クソカッコいいヤツら”!
何度でもコイツらに会いたくなる。
とりあえず今の所2017年ベスト。

オープニングからエンドロールまで余すところなくしっかりと楽
>>続きを読む

ジーザスキャンプ 〜アメリカを動かすキリスト教原理主義〜(2006年製作の映画)

4.0

『松嶋×町山 未公開映画を観るTV』で紹介されていたドキュメンタリー作品。
DVD化されていたのでレンタルしてみました。

私たちの知っている『自由の国アメリカ』なんて実は嘘っぱちで、本当は保守的でイ
>>続きを読む

MIND GAME マインド・ゲーム(2004年製作の映画)

4.5

”天才”と評される湯浅政明監督の作品が観たくなり鑑賞。

これはスゴい…。そして楽しい!
もの凄く新鮮で刺激的な映像体験。
そして溢れ出す程の”人間賛歌”!!
ある意味天才的な作品。
アニメ作品に抵抗
>>続きを読む

22ジャンプストリート(2014年製作の映画)

4.0

正に前作があってこその続編。
もうコイツらが大好きだ!

物語の展開は殆ど前作と同じ。
何たって劇中で『前と同じだ!』という位(笑)
今回はジェンコが大学生活にハマってしまう役回りだけど、何だかんだあ
>>続きを読む

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

4.5

『映画秘宝』イチオシのGW映画!
超楽しかった〜(^^)

舞台は廃工場のみ!
そして90分間ず〜っと銃撃戦のみ!
(ホントに最後まで銃撃戦だけ!)

冒頭の監督のメッセージにある通り、人は撃たれても
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます。

この超絶ダサいタイトルと、殆どの方の絶賛レビューがとても気になっていた作品。

絶賛している方には本当に申し訳ないけど
私は全然ノれませんでした。

以下、酷評しまくってますので、この作品が大好きな方
>>続きを読む

21ジャンプストリート(2012年製作の映画)

4.0

気になってたけど完全にスルーしてた作品。 やっとCSで観られた…。

『バディもの』のコメディとしては『ホット・ファズ』、『アザーガイズ』に次ぐ大傑作!
こんなに楽しい作品だと思ってなかった。

刑事
>>続きを読む

謝罪の王様(2013年製作の映画)

2.0

家で仕事しながらCS放送を流し見。

クドカン作品の面白さって、『身も蓋もない”ぶっちゃけ”』が最大の要素だと思う。
そこに、
『普段そんなことやりそうもないあの人があんな事を言う(する)なんて…』
>>続きを読む

ザカリーに捧ぐ(2008年製作の映画)

4.5

今まで観てきた映画の中で、これ程までに衝撃を受け、嗚咽するほど泣いてしまった作品は初めてかもしれません。
この傑作を日本で公開する為に尽力された町山智浩さんに感謝します。

普段私は出来るだけ簡潔にレ
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.0

コングが男前でカッコいい!
怪獣同士のバトルシーンも出し惜しみが無く、最後まで楽しかった。
当然の事ながら映画館の大画面で観るべき!

『地獄の黙示録』に怪獣を絡めた脚本も新鮮で、所々で同作品へのオマ
>>続きを読む

スネーク・フライト(2006年製作の映画)

1.0

またしても『愛すべきバカ映画』に出会ってしまった。
正に『最低で最高』!フゥ〜!
当然、敬意を込めた1点を差し上げたい。

ストーリーはあって無きが如し。
『高度10,000メートルの飛行機の中』とい
>>続きを読む

ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティー(2015年製作の映画)

2.5

高橋ヨシキさんが推薦文を書いていたり、あのイーライ・ロス兄貴が高評価していたのでとても気になっていた作品。

う〜ん…。 訳がわからん…。
所々意味ありげなシーンがあっても、基本的に殆ど説明が無いの
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.5

テレ朝『新海誠特集』第2弾を録画鑑賞。

あぁ〜なんか懐かしい…。この感じ。
誰かの事を好きになった時のなんとも切ない感覚とか、伝えたくても言えないもどかしさとか。
あと傍から見ると自分に酔ってるだけ
>>続きを読む

バンデットQ(1981年製作の映画)

3.5

テリー・ギリアム監督の出世作。(というか原点?)
ファンタジー作品ながらモンティ・パイソンらしいシニカルな笑いもあって大人でも十分楽しめる。

『空想やファンタジーの素晴らしさ』が作品の前面に出ており
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます。

最高…! 正に至福の時間!
『これぞ映画!』という作品だった。

D・チャゼル監督のフィルモグラフィーとして考えると、完全に前作『セッション』と同じテーマを描いている。

それはつまり、
本当の夢を叶
>>続きを読む

>|