きよぼんさんの映画レビュー・感想・評価

きよぼん

きよぼん

映画好きなおっさん。

何を観ても面白いゆるめの映画ファン。

↓Twitterフォローしていただければ、うれしいです
https://twitter.com/kiyotan0248

↓よかったらニコ生も観にきてください
http://com.nicovideo.jp/community/co2177462

映画(182)
ドラマ(0)

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.4

自分が改造されて力を手に入れたらどうするか。犬屋敷(木梨憲武)みたいに病人を治して歩くのではなく、獅子神(佐藤健)みたいにイジメしてるやつをやっつけたり、力使って遊んじゃうかな。やっぱり自分の心はダー>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.6

これでもかと豪華キャラ総出演で「キターーーーー!!!」と、声をあげて拳を握りしめること間違いなし。周りの迷惑になるので声を出すのは心のなかだけにするのが大変なくらいです。ここではネタバレ一切いたしませ>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

4.4

前作を観たときは「なんか久しぶりにこんなん観たなあ」という思いがありました。それはガッチョンガッチョンと音をたてながらメカメカしく動くロボット。アニメのロボットのように素早く動くのではなく、実写特撮の>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.5

Welcome to jungle!

倉庫の隅にカセットが刺さったまま捨ててあった古いゲーム機。暇つぶしに遊んでみようかと起動した高校生たち4人は、ゲームの中へと吸い込まれてしまう。

気がつけば
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.7

当たり前だけど、やっぱりスピルバーグは映画つくるのウマイですわー。

多くの人物を登場させながら誰が何の役割でどう動くのか、はっきりとわかる。興味を文書の公開に集約させて、カタルシスへともっていく展開
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

4.0

中国ではスターウォーズが不評で、予定を大幅に繰り上げて上映を終了しているらしいです。その理由のひとつとして、中国人の観客は派手な映像が好きで、地味目な印象のスターウォーズはウケがよくないのだとか。>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.8

流されて人生。
生きていくしかないのよ明日。

なんだか演歌を歌いたくなるような映画。バレリーナの夢を絶たれたドミニカは病気に苦しむ母親の為に、国のスパイになるように追い込まれていく。かわいそう。だけ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.5

ミュージシャンになりたいという夢を持つ少年ミゲル。それを許さない家族という環境の抑圧。死者の世界へ行くことで得られる成長と環境の変化。

お手本のような「ゆきて帰りし物語」。

だけど泣いちゃう。映画
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.4

映画のクライマックスの直前、ちはやの前にある人物が出てくる「何気ない」シーンがあります。物語の流れには直接関係がないシーンであり、地上派放送だったらバッサリとカットされるようなシーンです。

このシー
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の宝島(2018年製作の映画)

2.5

のび太「お宝を探しにいこー!」
ジャイアン・スネ夫「本当にあると思ってるのwバカじゃねーのw」
出来杉「これは本当にあったお話じゃないんだ」
しずかちゃん「笑うことはないわ。のび太さんだって冗談で言っ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

5.0

子供の頃、映画を観ていたのは「楽しいから」だけではないはずです。女の人のオッパイだったり、血がドバーっと出てくるところとか、首がちょん切れるところだったりとか、

「みちゃいけないとわかってるのに目が
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.5

アフリカの国が舞台なので独自の空気が流れていますが、安心のマーベルクオリティで楽しめる映画。ただ、某評論家さんが「マーベル史上、最もアカデミー賞に近い映画」とツイートしてたように、なかなかいろんなテー>>続きを読む

blank13(2017年製作の映画)

4.0

「結婚式は恨みつらみで欠席してもいいけれど、葬式は関わり合いになった人間ならどんな感情持ってても出とけ」どこで誰にきいたのか忘れましたけど、その意味がわかるような映画。

ギャンブル好きで借金作った挙
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

この映画、本当に素晴らしいです。心から楽しんだし本当に好きなんです。今日だけで2回観ましたしね。どう素晴らしいかは他の方の感想を読んでいただくとして、自分の素直な気持ちを書きます。

この映画観てて、
>>続きを読む

パンとバスと2度目のハツコイ(2017年製作の映画)

4.4

まあ自分もいい年して結婚してないわけですが、そんなおっさんの心にビンビン響いた映画。

付き合ってる彼氏にプロポーズされた市川ふみ(深川麻衣)は言います。

「今までも何人かの人とお付き合いしてきたで
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

4.4

助監督のマキノ(坂口健太郎)と、スクリーンの世界から抜け出したお姫様(綾瀬はるか)。

この二人が街を歩くシーンがたまらなく好き。モノクロの世界しか知らないお姫様が色つきの世界を観る感動。自分たちが生
>>続きを読む

マンハント(2018年製作の映画)

3.0

「怪作」というのが、現時点での感想。

ジョン・ウー監督が日本を舞台に撮影し、俳優陣は日本人だけでなく、中国、韓国からも主要キャストに起用されたアクションエンターテインメント。

日本人の目からすれば
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

5.0

市役所に勤める月末(錦戸亮)は転入者の案内を担当することになる。ある転入者を迎えにいくと、両脇をスーツ姿の人間に支えられていて、お店に入るとラーメンを珍しそうにガツガツ食べる。なんかおかしいと思って上>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

3.0

人間の内なる恐怖を刺激し、死亡に追い込む謎の男・宇相吹正(松坂桃李)。殺人行為の証拠がないため、法律は彼を裁けない不能犯である!

・・・めっちゃ好きなタイプの映画なんですが、自分はのめり込むことがで
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.1

自分がもし娘が殺され、警察が動いてくれないとなったらどうするのか。世の中を動かすために、まずTwitterでつぶやいて、ウエブサイトを立ち上げることでしょう。

しかし、この映画の主人公・ミルドレッド
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.9

観たかぁあああ!やっぱり松嶋菜々子ってのはスゲエ女優なんだよ!!

と誰に言ってるのかわからないけど叫びたくなる映画。

テレビ局がらみの映画って自分も厳しいこと書くことあるけど、自分はテレビドラマ大
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

5.0

久しぶりに映画館ですげえもんを観た。という感想。序盤の暴動シーンからかなり引き込まれたのは、俯瞰した映像ではなく、誰かの目線のようなカメラワークだったからでしょうか。そして映画の舞台はとあるモーテルに>>続きを読む

ダークタワー(2017年製作の映画)

3.7

少年は毎晩、異世界の夢をみていた。そこでは光が闇に攻め込まれ、世界は崩壊しかけている。異世界の崩壊は、少年がいる現実世界に影響し、この世界も壊滅しかねない。そして異世界を救う鍵となる超能力を少年は持っ>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.2

「気象を自由に操るなんて、そこまで人は神に近づいていいのだろうか」

なんて悩むことはこの映画ではありません。進化したテクノロジーで人間がどう変わるかを描くのがSFと定義するならば、この映画はその範疇
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

5.0

めっちゃ笑いました。それがちょっと意外で、自分は海外のコメディってイマイチ合わないんです。共有してるものがないっていうのもありますが、ギャグのセンスだったり、間合いというかタイミングがどうにもしっくり>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

4.1

由加利(長澤まさみ)と小出(高橋一生)は同棲中。ある日、小出は脳梗塞に倒れる。彼が持っていた免許証は偽造されたモノ。仕事も職場もウソ。由加利は彼が本当は誰だったのかを探し始めます。

由加利の操作に協
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.4

自分がもしこの映画の宣伝をやることになって、映画のウリを一行で書けと言われれば、やっぱり「ストップモーションアニメーションがスゴイ!」となるしかない。だけど技術的なところに注目が集まっているものの、台>>続きを読む

劇場版 マジンガーZ / INFINITY(2017年製作の映画)

5.0

日本のアニメ史において、誰もがあがる鉄板の発進シーンがふたつだけある。宇宙戦艦ヤマトの離陸と、マジンガーZのパイルダーオンだ!

前もこのパターンの書き出し使ったけど、いやもうとにかくマジンガー最高で
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

数学に対する特別な才能を持ったメアリーに、英才教育をしたい祖母イブリンと普通に育てたいメアリーの弟のフランク。

才能があるなら伸ばすのを最優先にするべきで、子供らしく生きることを許さない祖母。じゃあ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

予告でも流れてますが、前作で死亡したと思われたコリン・ファース演じるハリー・ハートが復活していることがうれしい第二作。

しかし、ハリー・ハートが帰ってきたとはいえ、基本的にこのシリーズは実によく人が
>>続きを読む

嘘八百(2017年製作の映画)

3.5

古美術商の小池(中井貴一)と陶芸家の野田(佐々木蔵之介)が利休の贋作で因縁ある古美術売買の世界で大勝負に出る。

この映画は、次々と場面が入れ替わっていくような早いテンポではありません。しかし、ゆっく
>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

4.0

怪獣VS巨大ロボ。ハンバーグとエビフライのコンビのような、男の子の大好物てんこ盛り映画です。

巨大ロボットを動かすためには、二人のパイロットの呼吸が合うことが必要。パイロットには身体の各部に装置がつ
>>続きを読む

パンドラム(2009年製作の映画)

3.5

何光年と離れた遙かに遠い植民惑星へと向かう宇宙船の中で、冷凍睡眠から目覚めた乗組員。起きたのはいいけれど、一部の記憶が思い出せない!しかもなんだか人食いクリーチャーは船内ウロついてるし、交代するはずの>>続きを読む

狂覗(2017年製作の映画)

4.0

体育の授業中、誰もいない教室で教師たちが生徒の荷物検査をはじめる。

このあらすじを読んで、自分は憤りを感じる反面、「でも、それぐらいのことをやるヤツはいてるだろうな」というあきらめの気持ちをもったこ
>>続きを読む

プロメテウス(2012年製作の映画)

3.8

「エイリアン」シリーズでは、ほんのりと匂わせる程度だった

「エイリアンって何やねん?誰がつくったんや?」

というテーマを真正面から描く作品。・・・だったはずが制作者が企画段階で迷走。

元々はエイ
>>続きを読む

エイリアン4 完全版(1997年製作の映画)

4.8

閉じられた宇宙ステーションという舞台、海賊の荒くれ者たちVSエイリアンの戦闘、アンドロイドの存在。実はこれまでエイリアンシリーズでやってきたアイディアがくり返された本作。しかしこれが「ああまたか」に終>>続きを読む

>|