さかいさんの映画レビュー・感想・評価

さかい

さかい

奈落のマイホーム(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

この家族、半地下ってレベルじゃねえぞ

もし現実に同じ立場なら「ようやく買ったマイホームのお隣が厄介野郎」ってだけで十分テンションは奈落。リアルなら最悪だよ、引っ越して早々あんな厄介な奴と…

発災前
>>続きを読む

犯罪都市 THE ROUNDUP(2022年製作の映画)

3.5

一作目みてなかったけど問題なし!
おなじみ衿川警察署強力班が今度はベトナム(後半は韓国)で大暴れ!

マドンソクのキャラクター頼りのアイドル映画ではなく、敵のカンもやばいやつで存在感があったしあと顔も
>>続きを読む

家族を想うとき(2019年製作の映画)

4.0

「いったい何と戦えば家族を幸せにできるのか?」
…というキャッチコピーの通りで、前作『私はダニエルブレイク』と違って、わかりやすい元凶とか、観客の怒りや不満の矛先を示してくれないのがまたつらい。

>>続きを読む

ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

大きな柱を失ったワカンダが団結して新たな脅威に立ち向かう!
…でもキルモンガーもネイモアも本当の敵ではない。
そもそも悪いのは、問題のもとを作ったのは欧米の国なのに、争わなくていいはず・仲間になれるは
>>続きを読む

すずめの戸締まり(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

「この辺りに扉はない?」って台詞、予告編と違ったな
そりゃいきなり扉とか言われても電波なヘンな人としか思わないものな(笑)



事前情報なしでいったから「東京水没してないんだ!?」とか思った
そうい
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

私はダニエルブレイク。怠け者でも物乞いでもない。国民番号でもない。今までちゃんと税金を払ってきたし、それを誇りに思っている



貧困に題材をとった作品は数多いけれど
だいたい家族やご近所の助け合いを
>>続きを読む

国葬(2019年製作の映画)

3.5

スターリンの国葬。
解説なしBGMなし、ドキュメンタリーというより記録映像という感じ(でもオチはちゃんとある)
これ全部当時の映像なんだろうか?すごい。葬式のお花が多すぎる。前半そればっかりなので退屈
>>続きを読む

マスク(1994年製作の映画)

3.5

『マスク』!懐かしい!キャメロンディアスがめちゃかわいい!
吹き替えの井上喜久子さんはたしか当時17歳だったかな



…嘘。こんかい地上波ではじめて観た
しょうもなくて面白い。
個人的イチオシシーン
>>続きを読む

ロッキーVSドラゴ:ROCKY IV(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ロボット削除www

あれもあれで80年代な味わいがあって好きという人もあるかもしれないが
…やっぱいらんよなああのロボットのくだり(笑)



それ以外は、約40分もどこを切ってどこを足したのかあま
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

3.5

激動の現代アメリカ史を走りぬけるフォレストガンプ。
ブラックパンサー党は『シカゴ7裁判』のおかげでどうにか知ってた
エルヴィスも最近映画みたのでタイムリー
「停電で困ってる人が…」というのは後で調べて
>>続きを読む

グレイマン(2022年製作の映画)

4.0

アクマと戦う話ではない(ほぼ悪魔みたいなものだけど…)

ネットフリックスの財力をみせつける、豪華キャストが世界の国々をまたにかけドッカンドッカンとリッチでゴージャスなアクション
(チェコの善良なお巡
>>続きを読む

ゴジラ(1984年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

初代以来30年ぶりに現れた(という世界線の)1984版ゴジラ。
黒目も白目も大きくなって愛嬌ある顔立ちになってる

ゴジラ禍の渦中でさらにアメリカとソ連の両大国の圧力に苦しむ日本政府の苦闘ぶりが描かれ
>>続きを読む

ONE PIECE FILM RED(2022年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ドクターゲロに孫がいたくらいだし、シャンクスに娘がいてもおかしくはないかと…


面白かった。歌もよかったし映像も今までの作品と毛色が変わってて楽しい。
竜そばikuraちゃんも犬王アヴちゃん様も映画
>>続きを読む

肉弾(1968年製作の映画)

4.0

なんで砂漠?なんで人がいるの?と
中盤は夢ともうつつともつかない不思議な話系かと思った。超泥臭い版81/2みたいな…
じょじょにすべて現実とわかった。恐ろしい

ラストが衝撃的。オチの意外さそのもの以
>>続きを読む

劇場版 Gのレコンギスタ V 死線を越えて(2022年製作の映画)

4.0

けっきょく、ようやく用語の意味や話の流れがわかっても、この話全体からなにかを読み取るとか受け取るという事が自分にはできなかった
パンフの声優対談を読むと深い考察しててなるほどと思った。自分の感受性が老
>>続きを読む

劇場版 Gのレコンギスタ IV 激闘に叫ぶ愛(2022年製作の映画)

3.5

まさかのOPそのまま(笑)
「劇場版だから新規映像に変わって二番まで流れるのかも?」と途中思ったがそれもなかった

パンフのあらすじと勢力図がめちゃわかりやすい。TV放送時にこれがあれば…
あとパンフ
>>続きを読む

ルッツ 海に生きる/ルッツ(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

明るく開放的な自然の風景と、街には地中海都市の風情ただようマルタ島。現代では映画のロケ地としても力を入れており、『グラディエーター』『トロイ』に、
日本映画では『コンフィデンスマンJP英雄篇』が初だっ
>>続きを読む

ボイリング・ポイント/沸騰(2021年製作の映画)

3.5

・『狂武蔵』…敵は吉岡一門70人…から大幅に脚色された400人。主演がガチ負傷しても撮影続行、一乗寺の決斗77分ワンカット一本勝負
・『ボイリングポイント』…プライベートにも悩みを抱えキッチンもフロア
>>続きを読む

ナイル殺人事件(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

“愛の数だけ、秘密があるーー”
いや、一つの愛にもいくつ秘密があるか分からない(大人の意見)


それにしても出るわ出るわ。どいつもこいつも、怪しいだけじゃなく実際ワケあり
ダミー・目くらましの、怪し
>>続きを読む

雄獅少年 少年とそらに舞う獅子(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ここ2〜3年の中国のCGアニメ、毎回言ってるけどめちゃレベル上がってる
「もはや沢北ディズニーと同等!下手すると食われるぞディズニー」ってぐらい迫ってる。
もっと獅子「舞」が見たかった。予選と延長戦は
>>続きを読む

キングダム2 遥かなる大地へ(2022年製作の映画)

3.5

いよいよ大軍同士がぶつかる、キングダム本当の戦いのはじまり。
原作では後付けの魏火龍七師設定をとり入れたのはナイスフォロー
(七師って名前がなんか中国っぽくて好き。三大天や廉頗四天王より作者のセンスも
>>続きを読む

神々の山嶺(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ゆるくない方。(ゆるい方は現在未鑑賞)


「小説のアニメ化」ではなく「小説原作の漫画のアニメ化」らしいけど、漫画とは絵柄もキャラデザも結構ちがう
羽生は高倉健に似せて描いてる気がしてならない。他キャ
>>続きを読む

ソー:ラブ&サンダー(2022年製作の映画)

4.0

「こんなに悲しいのなら、苦しいのなら…愛などいらぬ!」
「だがそれがいい」

…とかいう感じの話。


ぶち上がる興奮度では前作3が一番だと思うけど、今回も面白い。あらすじも超わかりやすいし「ディズニ
>>続きを読む

パリ13区(2021年製作の映画)

3.5

「つながるのは簡単なのに 愛し合うのはむずかしい」
SNS世代の希薄なつながりの人間関係…そこに真実の愛はあるのか…嗚呼…

…とかいう話じゃなくて「つながる(物理)」かよっ
物理でつながるの早すぎだ
>>続きを読む

犬王(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

・子供時代、足生えたときの姿で
もしかして女の子?とか思ったが(髪や着物もそうっぽいし)そんな事はなかった。「そして呪いがすべて解けたとき…」とも瞬時に思ったがただの妄想だった
数年後になったらマッチ
>>続きを読む

さらば、わが愛 覇王別姫(1993年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ぐやぐやなんじをいかんせん

こじれた時代にこじれる愛憎。日本軍が敗退してもまだまだこじれる激動の中国近現代史。
圧巻。美術のレベルと話のスケールが違いすぎる!ラストエンペラーといい何なんだこの時期の
>>続きを読む

鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

後編もまだまだまだまだ無駄に豪華キャスト(まさかのエド母…きいてないぞw)
だからそのお金をCGに…
無駄じゃない豪華はアームストロング少将。映画ハガレン3作品で「いちばん実写版似合ってる賞」。
>>続きを読む

鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー(2022年製作の映画)

3.5

原作は実家に全巻あるけど話はほぼ忘れてた
おかげで、色々カットしたと思うけどあまり気にならず楽しめた。
(原作熟読して覚えてても、違い・改変もまた楽しかったのが実写るろうに剣心。とくに1作目)

キャ
>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

3.5

映画館もあのルールにしてほしいよな。
「上映中にスマホぴかーっとしたらそいつのおごり」(当然ながらエンディング中も含む。)
もちろんあの店みたいにその場でカランカランとされても困るので、あとでピピッと
>>続きを読む

機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島(2022年製作の映画)

4.0

「まずかった かなぁぁ…」
って、ちゃんと安彦漫画っぽい喋り方になってる。

モビルスーツの描き込みがすごい。ファンネルとか粒子ぱあああとか空ピュンピュン自在に飛んだりとか無くても
ぜんぜん見栄えする
>>続きを読む

峠 最後のサムライ(2020年製作の映画)

3.5

戊辰戦争にあって武装中立の立場をめざした河井継之助。

だが映画ではなんかあまり、「戦いを避けるために考え抜いて手を尽くした」という気がしなかった
「理想どおりスンナリいかなきゃもうやる気だった」ぐら
>>続きを読む

サイダーのように言葉が湧き上がる(2020年製作の映画)

3.5

やまざくら わたしの好きな 言葉です
隠した葉(歯) わたしの好きな 言葉です
かわいい笑顔 わたしの好きな 言葉です
(字あまり)
スマイル わたしの好きな 言葉です(字足らず)



5/12早稲
>>続きを読む

シン・ウルトラマン(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

まさか「例のシステムでみんなで巨大化してゼットンと戦う」だったらどうしようかと思ったよ。



シンゴジ終盤は、日本総力戦・一致団結・一糸乱れぬチームプレイでゴジラに対抗というのが
(ちょっとあざとさ
>>続きを読む

ドラゴンボール超 スーパーヒーロー(2022年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

・学者悟飯の専門は生物学
・ピッコロが一人暮らししてる
そうだったのか…!?(TV版超や漫画版超のどこかで出たかも知れないが…)

とかいう各キャラの近況とか新しい動きとか、フリーザやサタンら今回お休
>>続きを読む

クライ・マッチョ(2021年製作の映画)

3.5

イーストウッドの集大成…という気は本人さらさら無さそうな、わりとボリューム感軽めな印象の作品
町に滞在してるあいだ敵の子分どもが襲ってこないのがちょっとユルい。

子供を連れ返しにメキシコへ…といえば
>>続きを読む

巴里祭 4K デジタル・リマスター版(1933年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

タクシー運転手のジャンと花屋のアンナ
すれ違って疎遠になったふたりは、偶然にも1年後の革命記念日にふたたび出会い、またあのときのように雨が…
ではなくてラストはどれだけ時間がたったか不明。巴里祭なのは
>>続きを読む

>|