塚原直彦さんの映画レビュー・感想・評価

塚原直彦

塚原直彦

映画(516)
ドラマ(0)

映画ドラえもん のび太の新恐竜(2020年製作の映画)

3.8

『STAND BY ME ドラえもん』を除けば、劇場版アニメのドラえもんとしては20年以上ぶりに映画館で鑑賞。

ドラえもんでは恐竜ネタは鉄板なのか相性は◎だが、過去の名作の焼き直し感は拭えず。。
>>続きを読む

ゴーストマスター(2018年製作の映画)

3.6

全編スプラッター満載、ゴリゴリ&コテコテで胸焼けするほどのアクの強さにそりゃ観る人を選ばない訳がない本作。
監督の映画愛が詰まりに詰まりまくり、名匠トビー・フーパーに熱き想いを吼えるシーンはグッと来ま
>>続きを読む

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

4.1

タイトルの通り、甘いようで切り込む鋭さもしっかりとある。
メインは友情を軸に描いたロードムービー。

ご都合主義で理想的過ぎる展開もやや多いが締めるところはきちんと締める、そんな姿勢には好感度高し。
>>続きを読む

トンネル 9000メートルの闘い(2019年製作の映画)

3.7

ハ・ジョンウ主演の韓国版「トンネル 闇に鎖された男」に引き続き、こちらのトンネルはノルウェー版。
あちらは崩落事故だが、こちらは火災。
どちらも同じく阿鼻叫喚の地獄。

観ていて若干しこりとなる設定や
>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

4.4

またもや超特大ホームランを放ってくれました、最早敵なしの韓国映画。
韓国歴代興行収入一位を塗り替えたのも納得の超特大クオリティ。

冒頭から勢い良く洪水のように溢れ出るコメディセンス。
あの手この手を
>>続きを読む

カツベン!(2019年製作の映画)

3.8

語弊を恐れず言うならば、シネフィルとしての映画愛が存分に詰め込まれた周防監督版『ニューシネマパラダイス』。
映画黎明期に活動弁士が一体どのような活躍をして来たのか、それを知るだけで勉強になる本作。
>>続きを読む

キャッツ(2019年製作の映画)

3.0

公開前の予告編から全世界で大不評の嵐だった噂のコチラ。
なるほど、冒頭からすぐにカルト映画の香りがプンプンと。

ヒトの顔をした猫が歌って踊る…というのは、舞台という制限された特殊な表現世界だからこそ
>>続きを読む

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

4.2

朝鮮戦争最中、巨済島捕虜収容所の中で起きた様々な出来事からインスパイアされた本作品。
その背景の割に前半は軽めだが、それも全て壮大な仕掛けの一部というのは流石『サニー 永遠の仲間たち』のカン・ヒョンチ
>>続きを読む

ラストレター(2020年製作の映画)

3.7

岩井監督、相変わらず自然光を見事に使う演出や静かな音楽など各シーンが隅々まで洗練された美しい作品。
特に女性の撮り方の美しさは言わずもがな。

だけどそれが個人的にはややノイズに。
こんなに人間って美
>>続きを読む

男はつらいよ お帰り 寅さん(2019年製作の映画)

4.0

オープニングから節操なく登場のあの方にはかなり驚いたが、本シリーズを追ってきた人ならとにかく泣いて笑って忙しい本作。

前作と同様これまでを振り返る総集編…だけに留まらず、完結編に相応しく観客側へ向け
>>続きを読む

アンカット・ダイヤモンド(2019年製作の映画)

4.1

ここまで我々観客が振り回される作品は極めてレア。
冒頭から荒れ狂うような情報量と様々な構成が重なり合う、クライムサスペンス&ブラックコメディ。

眺めているだけで頭が痛くなる程の胡散臭さ満点で超曲者の
>>続きを読む

犬鳴村(2020年製作の映画)

3.3

清水監督らしい土着的な心霊現象をエンタメに落とし込み、実在する地名を使う事で単なるフィクションに落とし込まなかった辺りがまず巧い。

冒頭は使われなくなった古びたトンネルの禍々しさやダム建設の為に闇に
>>続きを読む

カイジ ファイナルゲーム(2020年製作の映画)

2.7

カイジの映画版三作目。
原作は寄り道しながらまだまだのんびりと続いてますが、ファイナルゲームなのでこちらは一応?最終作。

しかし締めに全く相応しくなく、シリーズ中間違いなく一番の破綻作。
この作品の
>>続きを読む

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

4.1

炭鉱街を舞台に周りには染まらず夢を諦めない事の尊さを伝える、思春期成長モノの王道ストーリー。
「リトルダンサー」を彷彿とさせるが(と言うかほぼ同ネタ)こちらの方が一年先に制作。

本国では教科書に掲載
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.9

アガサ・クリスティを現代風に新構築しやや斜めから切った、倒叙モノ推理ミステリー。
移民問題や格差社会を盛り込みつつ、古めかしくもまた新しい。

予算潤沢なオールスター豪華キャスト映画で、ファンならばそ
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.8

FOXニュースの大スキャンダル事件。
あの事件からわずか3年余りで映画化に漕ぎ着けてしまったというのがまず驚き。

実在する主要人物は天才カズ・ヒロ氏による特殊メイク(今作で二度目のアカデミー賞受賞!
>>続きを読む

スケアリーストーリーズ 怖い本(2019年製作の映画)

3.7

こういったホラーはまずビジュアルで観客にどれだけ気持ち良くトラウマを残せるか否か。
そういう意味では、今回登場する不気味かわいいクリーチャーを産み出してくれただけで半分以上は成功したようなもの。

>>続きを読む

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋(2019年製作の映画)

4.0

こんな設定があったのか!と冒頭から気持ちよく捻られた展開。
これまで語り尽くされてきた、白馬に乗った王子様的お伽噺を逆手に取ったグッドアイディア賞。

単体で見ればそこそこキツめの下ネタも、セス・ロー
>>続きを読む

エスケープ・ルーム(2019年製作の映画)

3.8

タイトル通り、迷宮トラップ×サスペンス好きにはたまらないこの設定。
とてつもなく豪華なセットを眺めているだけで大満足。
CGだけに頼らず、きちんと特訓し鍛え上げた役者陣にも好感がもてる。

ただこの大
>>続きを読む

虎影(2015年製作の映画)

3.7

往年の戦隊モノ、カクレンジャーを彷彿とさせる忍者×悪ノリコメディ。
その笑い部分もやり過ぎず絶妙な案配でバランス感覚も巧く、そもそも忍者とコメディの相性はかなり良し。

かと言って肝心のアクションを手
>>続きを読む

ザ・ファイブ・ブラッズ(2020年製作の映画)

4.1

スパイク・リー監督のNetflixオリジナル製作最新作。
彼にしては冒頭から比較的分かりやすいエンターテイメント…と思いきやメッセージ性はむしろいつもより明確。

当時流行の音楽を使いつつコメディとシ
>>続きを読む

キャビン・フィーバー(2002年製作の映画)

3.6

イーライ・ロス監督の商業映画デビュー作。
フィーバーってそうか…そう意味だよね、とこのタイミングで観たのは色々と皮肉な事で。

間違いなくかなりの低予算案件であり荒削り感はどうしても否めないが、それが
>>続きを読む

CLIMAX クライマックス(2018年製作の映画)

3.9

今作も我々の不快感を限界まで煽ってくれるギャスパー・ノエ。
内容は予告編の通り、そのままの勢いで最後まで突っ走ります。

画面は終始揺れ続け、上下は反転しまくり左右に回転しまくりで間違いなく体調が優れ
>>続きを読む

SOMEWHERE(2010年製作の映画)

3.9

退屈とは何もする事がないから退屈なのか。
いや、何かを成そうとして何も出来ないから退屈なのだ。

約100分間、はっきり劇的な事は一切起こらない。
だからと言ってつまらないとは限らないのが映画の面白い
>>続きを読む

AI崩壊(2020年製作の映画)

3.5

入江悠監督が完全オリジナル脚本で挑んだ、近未来SFサスペンス大作。
どうしても邦画では苦手とするジャンルなので、企画から始まりここまで完成させただけでとにかく凄い。

だがAIが暴走して人間を滅ぼそう
>>続きを読む

パッション(2004年製作の映画)

3.8

メル・ギブソンの監督としての力量を痛感、と同時に多くの物議を醸し出した伝説的一本。
キリストが処刑されるまでの12時間を淡々とそして凄惨に描く。

そもそも聖書は史実なのか?など宗教的にも様々な要因が
>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

4.2

1933年公開の映画『透明人間』のリメイク。
とは言え中身は完全に別物なのでリブートか。

人間をCGで消すなんて当たり前になった今、アップデートさせたのは確かな演出力。
誰もいない場所を敢えて映すこ
>>続きを読む

ルパン三世 THE FIRST(2019年製作の映画)

3.5

ルパン三世初のCG作品。
監督はお馴染み山崎貴監督。

前半はいつものTVスペシャルノリだが、後半にようやくCGを使ったビジュアルが効いてくる豪華な展開に。
だがどうしても全てにカリオストロの呪縛が垣
>>続きを読む

スーパーティーチャー 熱血格闘(2018年製作の映画)

3.8

ドニー兄貴の夜回り先生日記。
学園ドラマとしては散々使い古された形式だが、今更あえてそれをやるのかという古臭さが逆にドスンと響く。

貧困、学校教育、人種差別など社会問題を分かり易すぎるほど丁寧に扱っ
>>続きを読む

ペット・セメタリー(2019年製作の映画)

3.9

オリジナル版を知っているだけで冒頭から例の事故の伏線など、不穏な空気が怖過ぎる本作。
と思っているとただのリメイクには着地せず、重要なポイントで捻りを入れてきた辺りは面白い。

その変更点が物語として
>>続きを読む

殺さない彼と死なない彼女(2019年製作の映画)

4.1

殺す、死ねよ、そんな言葉がここまで多用される映画も珍しい。
しかし観終わる頃にはそれが何とも愛おしくなる、これぞ映画マジックだ。

原作はSNSに掲載された四コマ漫画。
まずそれをここまで立体的に再構
>>続きを読む

コブラ(1986年製作の映画)

3.7

出ました、みんな大好きこれぞThe80年代アクション映画。
「悪いやつは全員ぶっ殺せ!」の潔さにどっぷり浸るが吉。

冒頭コブラのナレーションから痺れまくり、突如他人のTシャツを片手で引き裂いたかと思
>>続きを読む

家族を想うとき(2019年製作の映画)

4.1

ケン・ローチ監督、今作もしっかりとごまかさずに目を背けたくなる現実を生々しく観せてくれます。
これぞありがた迷惑?

日本でも今まさにUber Eatsなど簡単に個人事業主として働ける時代。
一見甘そ
>>続きを読む

プライス -戦慄の報酬-(2019年製作の映画)

3.4

ひょんなことから30年ぶりの父親に呼ばれたが、あれよあれよとあらぬ方向に転がり続ける転落モノ。
しかしまぁそれが終始中々に弾けない。。

ワードセンスは奇をてらい面白いのだが、全体的にどこか既視感のあ
>>続きを読む

テッド・バンディ(2019年製作の映画)

3.9

あの悪名高きシリアルキラー、テッド・バンディを斬新な手法で多角的に切り取り捉えた作品。
それは敢えて犯行の瞬間は描かず、超客観的に彼の普段の日常を捉え続けた点にある。

その角度と彼の揺るぎない自信の
>>続きを読む

黒い司法 0%からの奇跡(2019年製作の映画)

4.0

まさに今観るべきタイムリーな作品。
…と言いたいところだが当事者の彼らからしたらタイムリーも何もなく、この変わらぬ世界にはほとほとウンザリだろう。

マイケル・B・ジョーダンの精悍なビジュアルと芝居は
>>続きを読む

>|