塚原直彦さんの映画レビュー・感想・評価

塚原直彦

塚原直彦

劇団モンキー☆チョップ主宰してます。
映画トークイベント【ホボホボ映画同好会】も定期開催中。
映画と海外ドラマに日々生かされております。
Twitter @monkeychop_0903

映画(208)
ドラマ(0)

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.8

相変わらず銀魂ノリと福田監督の相性は抜群。
深夜枠でいいんじゃない?なコメディパートだけじゃなく、きちんとアクションにも力を入れてるのが◎

ただやや見所詰め込み過ぎで冗長な点をファンサービスと取るか
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.5

中国版ジョーズ、というぐらい近年の中でもあらゆる面で中国様々なお力を感じさせてくれるサメ映画。

人が死んでもすぐに忘れる前向きなチームや、不意に挟んでくるシュールなコメディシーンなど全体的に不思議な
>>続きを読む

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

3.6

設定やキャラクター自体が魅力的なのでいくらでも話が広がりそうなので映画よりもドラマ向き?と思ってたらすでにドラマ化してたというね。
その辺込みの企画と言うのは流石です。

ポップな漫画のような展開なだ
>>続きを読む

ラブレス(2017年製作の映画)

4.1

タイトル通り、一切愛のない物語だが通して描かれるのは愛だけという皮肉なモノ。

重く寒々しい空と冷たい画面とリンクするような家庭環境。
そこで声を殺して泣く少年を傍観してる事しか出来ない我々観客こそが
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

いわゆる青春時代を切り取った日常系ムービーだが、こういう脚本が一番難しい。

学校での友人同士の会話、ふとした瞬間の笑いの取り方などとにかくセンスが抜群。
勿論シアーシャ・ローナンの安定感は最早化け物
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.8

当たり前だが前回より場数を踏んでオーラ増し増しなアマンダ。
リリー・ジェイムズの美貌は勿論、驚きの歌唱力。
そして何歳なの?シェール様。
と、見所は多し。

だが難を言えば、やはり無理矢理に物語を産み
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.9

細かな表情、液体の質感など15年前でも凄まじかったクオリティは最早とんでもないことに。

現実とリンクした家庭内男女問題は勿論、劇中今回のヴィランが語るアンチヒーロー論があまりに鋭くドキリ。。

単な
>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

3.9

緩やかな日常の中に、死とは何かを見出だすハリー・ディーン・スタントンの金言だらけの遺作、そして傑作。
あのデヴィット・リンチが親友役で好演。

あと10年、いや30年後に改めて観直したい一本。

この
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.8

実話ベースなので試合結果は分かっているのに、グイグイと引き込まれる見事な演出力。
登場人物も多いが各々に感情移入出来てしまう脚本も流石。

カレルがそっくり&憎めないキャラクターを楽しげに好演。
エマ
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.3

劇中の台詞にもあるが、まさにそこは「この世の地獄」。
そんな法の及ばない土地で一体何が起きているのか。。
現代社会から隔離された、しかし現実に存在し今も尚起きている事件にわずかでも苦しみ共感できる傑作
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.9

21世紀版「タクシー・ドライバー」と言われて観たが、なるほど。

ほぼ説明されずに進むストーリーや、独特なカット割と編集に慣れてくる頃にはエンドロールが流れている程の没入感。
冷たい現実を吹き飛ばすラ
>>続きを読む

アイスと雨音(2017年製作の映画)

4.3

74分ワンショットという技巧的な部分も見どころだが、とにかく松居監督の演劇愛が溢れに溢れまくった魂の一作。

中身は真っ向勝負でズドンと心抉られます。
考えるな、感じろ、と。

演劇と映画の狭間に生ま
>>続きを読む

モリのいる場所(2018年製作の映画)

3.8

力むことを一切しない山崎&樹木コンビのお芝居の神様達が対峙する演技合戦(最早戦いでもないが)は勿論、それを取り囲む役者陣の緩やかさが心地よい。

お堅くなりすぎず、ドリフシーンやラストの超常現象などお
>>続きを読む

嘘八百(2017年製作の映画)

4.1

観客を欺き続けるストーリー、かゆいところにまで手が届く台詞回し、分かりやすくも魅力的なキャラクター達、とにかく全てに気が利いていて面白い。

主役二人のコンビネーションも意外なほどにピッタリでまさに阿
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.7

原作の要所を綺麗にまとめ(ただヤクザを蹴散らすシーンは観たかった)、新宿の名所を飛び回るVFX満載のアクションに大満足。

最初はあれ?と思ったキャスティングも実際はあまり違和感なく、特に木梨さんの声
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.6

さすが有名戯曲と言わんばかりの内容に、実力あるキャスト揃い。
その中でも地に足の付いたキム・サンホ夫婦二人の存在感が素晴らしい。(勿論言語的な事もあるが)

しかし画的にはほぼ終始変わらない展開に、や
>>続きを読む

ジュピターズ・ムーン(2017年製作の映画)

4.1

予期せぬ傑作。

空中浮遊できる主人公という設定は何度となくあったが、そこにヨーロッパの政治情勢を絡ませたのが見事。
しかもCGではなくカメラワークやワイヤーでの撮影により、手に汗を握る緊迫感が伝わる
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.2

登場するキャラクター達が全員なんとも魅力的過ぎ。
愛せるか愛せないかは別としてそれだけで飽きる暇ゼロ。

いきなりカメラ越しに問い掛けたり、キャラクターの視点が二転三転と変わったり、スケートを追うカメ
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.7

取って付けたような後付け設定だが、そこはさすが上手いことのらりくらりと観れちゃいます。

物語の構造上かなりカタルシスは低めだが、ケイト・ブランシェットのスカジャン姿だけで1000円分の価値はアリ!
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

4.1

その場に不釣り合いな音楽やポップな編集、突然差し込まれるカラフルなカットなど今回も中島哲也ワールド全開のザッツ・ホラーエンターテイメント大作。

誰が主役なのか分からない怒濤の展開など、一瞬たりとも落
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.8

元の映画をほぼそっくりリメイクしつつも、笑いの取り方を福田監督センスに仕上げた一本。

これが思った以上に見事ハマっていて、この座組でリメイクしようとしたのがまず見事。

ただの若手イケメンくんが演じ
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.1

もう下の句で完璧だったから続きなんてやめてくれ!と思ってた自分を責めたいぐらい、まさにこれぞ有終の美でした。

キャラクターが増えた分やや尺は伸びたものの、各々を無駄なく処理していく脚本の出来にはぐう
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

あら…こんな展開なの??と期待してた流れとは少し違ったが、最後まで一切飽きさせない求心力は流石の一言。

何から何まで昭和風の中に、一人だけ平成感たっぷりの松坂くんがラストにはすっかり馴染んでるのには
>>続きを読む

ALONE アローン(2016年製作の映画)

3.4

よくまぁワンアイディアだけで…という個人的には大好きです、なワンシュチュエーションもの。

最初の作戦の緩さには驚くが、序盤から超説男前アーミー・ハマーの地に足の着いた(上手い)一人芝居をたっぷりと堪
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.0

現実はどうしようもなく不平等で残酷だが、子供達から見れば空はどこまでも広く世界は鮮やか。
それをカメラワークだけで演出してみせるのには圧巻。

ウィレム・デフォーの終始圧倒的に優しい眼差しに涙。
この
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.1

ソン・ガンホが今回も極上の庶民派親父芝居の最高峰を披露。
相変わらずふとした表情が絶妙でビシバシ心打たれます。

実話の中にも脚色部分を明快に散りばめ(特に後半)ここまでやってくれれば観てる側も割り切
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

3.8

警察があまりに無能過ぎ!や、偶然そこにそれが?的なご都合主義の嵐だが、エンターテイメントとしては面白いのでこれはこれで◎
肝心のゴア描写もステキです。

結局復讐っていうのは、この世界がどうなろうと本
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

4.0

構造はシンプルだが、伏線や細かな描写を丁寧に拾うことによって作品を一段高いクオリティへと昇華。

そして正確には彼女は三度、いや四度重大な決断を下している。
このラストを悲劇と捉えるか美学と捉えるかは
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.5

中身は予想以上にスッカスッカだけど、ヴェノムがかわいいので全て許しちゃいます。

ただビジュアル的にヴェノム自体只でさえ暗いのに、恒例の闇夜バトルはなんのっこっちゃでかなりツラい。

カーネイジ戦まで
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

度重なる主演&監督の降板劇など感じさせないクオリティにまず驚き。
とは言え、当初のブライアン・シンガー色はかなり強めな仕上がりに。

ストーリー自体はかなりの駆け足で物足りなさも残るが、ラストの完コピ
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.7

とんでもないスピード(構想から撮影終了までわずか1年弱)で作り上げたとは到底思えないクオリティは流石、名監督。

トランプ政権然り、この社会の悪しき隠蔽体質に映画という手法で一撃喰らわすのが小気味良い
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.7

スペイシーの悪戯のおかげで散々な目に、さらにギャラ格差問題ですったもんだでもう呪われてるんじゃないの?レベルでネガティブ情報たっぷり映画。

でもそこは流石のリドリースコット。
何事もなかったようにま
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

3.9

火で火を制する、というその職人技だけで一般人の我々の目には新鮮で最高に魅力的。

事実を基にした映画なので、ご存知の方もいるかもしれないがラストは相当な衝撃なのでそれなりの心構えを。。

いつの時代も
>>続きを読む

ニンジャバットマン(2018年製作の映画)

3.8

オープニングから余計な説明を省いた展開の早さに驚く。
その分いい意味でふざけた部分に力が入り原作好きならニヤリとさせられる演出も多く、分かりやすくもよく練られた脚本。

字幕、吹き替え版共に観たがどち
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.7

同監督×リーアム・ニーソンの「フライトゲーム」のほぼ続編。(と監督も言ってる)
後から考えるとツッコミ所満載のストーリーは最早ご愛嬌。

お得意の困り顔のニーソン御大。
チャップリン並みの翻弄をみせる
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.4

原作ファンから叩かれるのも納得の、かわいらしい絵柄とは真逆の異種格闘技映画。
それ自体は問題なく楽しめたが、終始リアリティラインがあやふやで(しかもそこがストーリーのクライマックスの肝)中々に心地悪過
>>続きを読む

>|