シネマスナイパーFさんの映画レビュー・感想・評価

シネマスナイパーF

シネマスナイパーF

星5がランペイジ!
俺はガンダムで行く

映画(205)
ドラマ(0)

ビリオネア・ボーイズ・クラブ(2018年製作の映画)

3.5

キャスト以外に釣られる要素を感じられない
嘘はいけないよっていうそれだけの話なんだけど、えっそれ本当に大丈夫?って心配してたらホンマに騙されてたやんけっていう


こっちも騙されていたらしいことが発覚
>>続きを読む

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲(2018年製作の映画)

4.0

フランスなのに、ダンケシェン
公開初日!待ってました!!!!!というわけではないが
実際このシリーズは初めて
かなり楽しかったから観てみようかな

ミスタービーンが007ごっこをする映画
特に沢山書く
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.0

悪…いか?
痛快ドタバタコメディーだったぞ
くそでかアメーバが密室の通気口から逃げ出す王道展開に拍手
観る直前、女性の友達がヴェノム可愛いと話題だと言っていたので、どういうこっちゃでしたが、観て納得、
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生<完全版>(2017年製作の映画)

5.0

監督出てたよね?お酒屋さんで


最早聖典と化したバーフバリ
後乗りでも劇場で伝説誕生を、しかも完全版で観ることができて嬉しい
当然初見とは印象が違いすぎる
前観たときは家だったし、王の凱旋を経てから
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

4.8

基本高いスコアつけちゃう性分ですが、この作品は特に補正が効き過ぎていて、コナン劇場鑑賞初体験で、ファンの声が飛び交う執行上映に混ざってきたという大きな要素がある、完全にミーハー
別にコナンが好きとかで
>>続きを読む

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

4.0

大して面白くはないが見所が多い
イーライ・ロス監督の作品は、いつか観よう観ようと思っていましたが実際なかなか手が出ず
その中でファーストタッチがコレ
ファミリー映画の範囲内で楽しくやってる感じが
ハロ
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.5

娘の裏とか闇とか言われると良い子かと思いきやヤンキーだぜみたいな感じを想像するけど、こういう方がリアルだな


画面の映像だけで100分も持つのか、と思っていましたが、杞憂でした
全く新しい作品であり
>>続きを読む

運命は踊る(2017年製作の映画)

4.5

シンプルな話に対して、こういうバキバキの画作りをする作品は大好き


映像演出に関しては完璧
とにかく観てと
スクリーンに映し出される計算し尽くされた映像は、作為的なフィクションでありながら圧倒的現実
>>続きを読む

2001年宇宙の旅 新世紀特別版(1968年製作の映画)

4.8

➗IMAXで



徹底的にシンメトリー、映像の力が圧倒的で、撮られた年代から考えると驚異的というか、今観ても全く古く感じないという凄さ
それから、不安を煽る音楽の使い方
画面には何も映さず、ちょ
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.5

ザ・ファミリームービー
ファミリームービーとして隙がない
ファミリームービーとしてね


「昨日は、まだ明日だった『今日』に手が届かない気がしていた」
それっぽいでしょ
ものすごく単純だけど「それっぽ
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.8

誰が観ても、「物語」のための物語である
メイドインUSAの超高品質日本昔ばなし


かぐや姫の物語に、 ストレートなヒーローストーリーを足した話で、人知を超えた存在の力を宿したヒーローが地上で足掻くと
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

5.0

「『ジョーズ』はサメについての映画ではない」
監督脚本主演を務めたジョン・クラシンスキーさんの言葉に全てが詰まっている

4DX?くそくらえ!って感じのパワーを感じる素晴らしい映画体験
これを機に、映
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

4.2

見せ場全振りは素晴らしい
ただ、亜人側の行う作戦に前振りがないので、なんの問題もなくゲートを通れちゃったり、ましてやアルカイダみたいなことを急にやられても、こっちはビックリするだけや
見せ場のための前
>>続きを読む

ダウンレンジ(2017年製作の映画)

3.5

すげー普通の映画で、予想不可能!とか誰が死ぬか分からない!とか言ってるけど、フラグの立て方から回収まで逆に周到すぎるぞ
グロいの、サイコー♡みたいなテンションで作った雰囲気は好き


90分しかないの
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

5.0

頭脳というフォースで、彼らはジェダイとなるか、それとも闇落ちするのか
負け犬立ち上がり系映画の新たな傑作の登場だ!

非常に高い学力を持ちながら、生活面で大きく割りを食う者たちが、その真逆の連中に買わ
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

4.8

いいぞもっとやれ
映画化という「快感」
てか、英語タイトル、ネタバレもいいとこだぜ!

暴走した疑似ビジランテ、ひとよんで疑似ランテ
それは映画作ったオマエのコトや!笑


序盤、吉高由里子演じる橘が
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.2

二作目にして早くもハッキリとした悪役が居なくなったヒーロー映画
良くも悪くも、前作から引き続きアリよろしく話の小ささが売りだと完全に割り切ってきた
MCU内の箸休めシリーズ

自分治したいだけで悪用す
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

5.0

今、なりたいヒーローナンバーワン!
これぞヒーローストーリー!英雄故事!これだよ!これが観たかった!ユーガナビーヒーロー!

ダメ男更生ストーリーであり、ヒーロー誕生譚である、という作品多々ありますが
>>続きを読む

カイロの紫のバラ(1985年製作の映画)

5.0

そのひとときの夢は、墓の中で再び咲くのか?


もーだいすきこれ
トムとトム役のギルが出会っちゃうとこの堪らなさね

客観的に観た映画の世界を肯定し、映画を観て夢を見ることを肯定する
しかし現実も、あ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.7

作品の活きる要素を全て詰め込んだ濃厚な90分
お見事
この作品は隙が限りなく少ない
かっこいいよ


パンフレットは台本丸々載ってるので是非
それから画面酔いしやすいので飲み物とか用意して観た方が良い
>>続きを読む

マガディーラ 勇者転生(2009年製作の映画)

4.5

時間を割いた現世パートが、前世パートよりも弱く感じた
あと悪役の非道性が若干弱い
この全部乗っけのジャンル不明感が本当の正統派インド映画らしさ、なのかもしれないと思いました


絵巻風の重々しいオープ
>>続きを読む

オーケストラ・クラス(2017年製作の映画)

4.0

描写が丁寧に見えても展開が割と強引で急ぐ
バランスとしては案外悪くないかもしれないけど、正直欲しい部分が足りてない感じはある

このシャープに纏めてやったぜ感が若干カッコよくもあるかな
エンドロールの
>>続きを読む

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017年製作の映画)

4.0

通過儀礼そのものを描く事だけに特化している


もし文化祭で普通に予想通りの展開になっていたら、加代だけ独り立ち出来ました!で終わりじゃねえか!でしたが、そうは問屋が卸さないパターンで安心

青かった
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

5.0

神の真似事を繰り返してきた人間達による箱舟は、果たして偽りか?それとも?
人類という地球上の王が作り上げた王国は、ついに陥落する

前作には、内容そのものに対して文句はなく、充分すぎるぐらい楽しませて
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

5.0

この映画でのブライス・ダラス・ハワードは美人で可愛くて色っぽすぎる
おかしい


いやーいちばん好き!
開園済みの状態から始まってるから、非常事態が起こった時のヤバさ加減が違いすぎる
パークの設立目的
>>続きを読む

ジュラシック・パーク III(2001年製作の映画)

4.0

いいと思います


とにかくウザかった奥さんも、気がついたら逞しくなってるし、男たちは積極的に自己犠牲に身を投げていくし
小物のギミックが効いてて、序盤の笛が功を奏したり、パラシュートがヒーロー的役割
>>続きを読む

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(1997年製作の映画)

3.8

続編がイマイチな時の原因を探るには良い作品だと思います


恐竜が蘇り、逃げ出した!その逃げ出した恐竜たちから逃げなきゃいけない!というフォーマットは変わらないわけで、恐竜を蘇らせるカラクリとか、管轄
>>続きを読む

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

4.8

面白い!
とにかく楽しい


登場人物が成長しない話は面白くないと言いますが、そういった意味で勿論楽しいし、本物の恐竜と出くわした時どうなるのか、という面でも楽しすぎる

一応悪者にあたるキャラクター
>>続きを読む

少女邂逅(2017年製作の映画)

5.0

80ページもあるプログラムなんて初めて見たぞ
そして監督を生で見たけどエラく若くて美人だったぞ24だからな
そんなことより、まずは何故いじめられていたのかを教えてくれよ!話はそれからだ


繭ってのが
>>続きを読む

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

4.0

後日譚が長い
テープの流すタイミングと上手いこと合わせて欲しかった


話として独白合戦になってしまうのは必然なのですが、延々と心情吐露を続ける映画としては中々面白かったです
にしても口しなくていいセ
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.8

悪くないんだけど面白いかと言われると微妙
だけど好きか嫌いで言えば、スター・ウォーズシリーズではトップレベルで好きなので、実際出来はこのスコアからマイナス0.8ぐらいですハイ

アッサリしすぎじゃね?
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

4.8

組体操が印象的な予告の男ノリとは反してアメリカでの評価が高かったので気になり観賞しましたが、やはり思っていたのとは違いました
良い意味で

やっぱり実話ベースの映画も必要だと思った
すいません今まで敬
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

5.0

アルバイト先で、「悪女/AKUJO」のオススメコメントを書かせていただいた際、社員さんからステキなペンネームを頂いたので、使わせていただきます!
コメントカードには、悪女について、今年公開の作品中暫定
>>続きを読む

ニンジャバットマン(2018年製作の映画)

5.0

既存のコンテンツを自分達の「お国柄」「お家芸」の中に打ち込み、セルアニメーションが大きな主流である日本というものをもメタフィクション的に取り込み、そして最後には借りたコンテンツを完全に飲み込んでしまお>>続きを読む

哀しき獣(2010年製作の映画)

4.5

あの「チェイサー」を長編デビュー作として世に送り出した男、ナ・ホンジンの二作目


チェイサー:パート2かなぁ
全く別物の作品だけど、最後は、追い続けては逃げ続け再び追いかけ…その先で見たものは?とい
>>続きを読む

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

5.0

正に拾い物バカ映画筆頭!
浅く描かれる同情票獲得欲丸出しの動機、主人公サイドと分かりやすく対照的な敵が一瞬見せる「相手に不足なし」な笑み…軽めのドラマと筋肉と熱量で押し切る80年代バカ映画を愛せる人に
>>続きを読む

>|