星降る夜にあの場所でさんの映画レビュー・感想・評価

星降る夜にあの場所で

星降る夜にあの場所で

現在、オールタイムマイベスト候補を選考中( ..)φカキカキ
ここでは洋画に特化した感想ですが、邦画も大好きです♪
The Godfatherシリーズこよなく♡
新作レビューは別で…

  • List view
  • Grid view

曲馬団のサリー(1925年製作の映画)

4.4

フェリーニ何作かを再鑑賞していて思い出し。

フォーマット画像、向かって左が曲馬団の団長で、右が団員と名家のお嬢様との間に生まれた少女なのだが、両親は幼い頃に他界してしまい団長が親代わりとなって実の娘
>>続きを読む

両棲人間(1961年製作の映画)

4.1

星降る夜に押し入れ探検隊67

レビューの数とタイトルからB級マイナーな作品と思われるかもしれませんが、ロシア本国ではとんでもない数の観客動員数叩き出した超メジャー作品です。
どこまで書いたらネタバレ
>>続きを読む

下女(1960年製作の映画)

4.3

明けましておめでとう御座います。
本年も宜しくお願い致します。

御存知の方も多いでしょうが、韓国映画の最高傑作と言われている作品です。
近年イム・サンスによってリメイクもされていまね。
演出の素晴ら
>>続きを読む

ファーザー・クリスマス(1991年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

以前もレビューで書いたかもしれませんが、十数年前いくつかの保育園に寄付するまで売るほどの数の絵本や童話が実家にありました。
全て私が幼い頃に亡き祖母が購入したものです。
その中で、私が最も好きな絵本は
>>続きを読む

時代屋の女房(1983年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

本日は、ドラマ「愛が見えますか」で一目惚れをして、亡くなった今でも私の中で永遠の憧れとして忘れることの出来ない人である夏目雅子さんの生誕60年という記念すべき日ということで優作さん同様、イレギュラーで>>続きを読む

女性たち/女たち(1939年製作の映画)

4.0

祝★「大砂塵」国内Blu-ray化で思いだし

ついに今年(失礼しました!今年だと思ったら昨年でした。ここ4~5年の鑑賞時期がわけわからなくなってます(*´Д`))、都内で公開♪
未見の方、ソフト化も
>>続きを読む

死にゆく者への祈り(1987年製作の映画)

4.2

何故にこのタイミングでレンタル開始?

この監督の作品は、「狙撃者」と本作がマイベスト★
自己犠牲モノはやはり痺れる。
構成にやや不満はあるものの、個人的にはかなりのお気に入り。
ボブ・ホスキンス(神
>>続きを読む

新しい家族(1982年製作の映画)

3.9

子役という年齢ではなかったが…

80年代の作品ということもあってか、以前レビューした何本かのロシア映画に見られるような雰囲気は漂っていないのだが、行く先を見守ってあげたいと気持ちにさせられる良質のヒ
>>続きを読む

ダイアモンド・アーム(1969年製作の映画)

4.6

発見!いつの間に…(;゚Д゚)

傑作☆

以前、何かの作品でガイダイの作品が一つもないと嘆いていたのですが、知らぬ間にフォーマットがupされていた。
ロシア映画に超詳しいお気に入りのAlt-arts
>>続きを読む

アモーレス・ペロス(1999年製作の映画)

4.0

何となく思い出し

イニャリトゥ、マイベスト。
ポール・ハギスの「クラッシュ」より全然好き☆彡

ある戦慄(1967年製作の映画)

4.2

電車映画を観て思い出し

動く密室の中で、獰猛かつ予測不能な言動で不幸にもその車両に乗り合わせてしまった乗客たちを震え上がらせるクレイジー・ドランカー2人。
無法地帯の中で、破壊された秩序を取り戻すた
>>続きを読む

潮風のいたずら(1987年製作の映画)

4.1

「マザーズ・デイ」をBSで初鑑賞し思い出し

先月お亡くなりになったゲイリー・マーシャルは、若かれし頃リアルタイムでロマンティックな気持ちに浸らせてくれた監督の1人だったように思う。
ゴールディ・ホー
>>続きを読む

チャルラータ(1964年製作の映画)

4.8

星降る夜に押し入れ探検隊66

レイが遺したメロドラマのド傑作。

一昨年「ビッグ・シティ」と共に劇場にて鑑賞し、以前ソフトでも再鑑賞。
何もかもが本当に素晴らしい!
優美であってきめの細かいミットラ
>>続きを読む

ウィズ・ユー(1997年製作の映画)

4.0

先日の印象に残っている子役のレビューで、思い出して再鑑賞⑤

役者としての印象が強いティモシー・ハットンの監督作品。
兎の巣にもぐったり、中国まで穴を掘ろうとしたり(住んでいるのはペンシルバニア州)、
>>続きを読む

太陽の帝国(1987年製作の映画)

4.0

「ギフテッド」のマケナ・グレースの演技を見て私的お気に入りの子役の演技を思い出し④

スピルバーグのマイベスト★
これぞ天才子役の真髄、クリスチャン・ベール素晴らし過ぎる!
特にリアクション演技がズバ
>>続きを読む

おばあちゃんの家(2002年製作の映画)

4.7

「ギフテッド」のマケナ・グレースの演技を見て私的お気に入りの子役の演技を思い出し③&崇敬するIホール初代総支配人様 36

本作のユ・スンホ。
このクソガキだけは…山ん中に顔だけ出して埋めたろか!
>>続きを読む

恋する人魚たち(1990年製作の映画)

-

「ギフテッド」のマケナ・グレースの演技を見て私的お気に入りの子役の演技を思い出し②

「アダムスファミリー」はマークしていたので、こちらを。
本作のクリスティーナ・リッチは死ぬほど可愛い(´ー`)
>>続きを読む

アップタウン・ガールズ(2003年製作の映画)

3.8

「ギフテッド」のマケナ・グレースの演技を見て私的お気に入りの子役の演技を思い出し①

本作のダコタはマジ最高ですね(^-^)
女の子が天才子役と言われる役柄の殆どが、こ生意気かおませなガキんちょなんで
>>続きを読む

明日は来らず(1937年製作の映画)

4.3

「東京物語」再再…鑑賞繋がりで

本作も「東京物語」も成長して家庭を持った子供たちと年老いた両親とのありがちな関係をテーマにした作品。
本作は、自分たちが子供たちのお荷物になってしまっていることにやる
>>続きを読む

私、君、彼、彼女(1976年製作の映画)

4.2

YouTubeでくまのプーさんの短編にハマって見ていたら、プーさんがひたすら蜂蜜を食べるシーンが出てきて思い出し

ほぼ、固定カメラで撮られたモノクロのコントラストが美しい。
室内での映像は、どこを切
>>続きを読む

人生は素晴らしい(1980年製作の映画)

3.8

友人と洋画の俳優で目力が強くて美しいのは誰だろう?という話で盛り上がり思い出し

私が観たグリゴーリ・チュフライ監督の4作品中、唯一のハッピーエンドストーリー。
先程の「エバースマイル、ニュージャージ
>>続きを読む

エバースマイル、ニュージャージー(1989年製作の映画)

3.9

ダニエルのラストアクト公開まで1ヵ月を切る…

このマーク数から察するに、本作品はレンタルされていないのでしょうか?
ダニエルが、世界中の虫歯を根絶することを夢見る熱血移動歯科医に扮し、途中バイクの故
>>続きを読む

尻に憑かれた男(2007年製作の映画)

4.5

傑作★

映画祭で鑑賞した際と邦題が変わっていたためさっきまで(別の作品を探していて、たまたま見付けた)気付かなかった(^_^;)

タイトルでスルーしてしまうと非常に勿体ない作品。
隠喩の使い方(下
>>続きを読む

この素晴らしき世界(2000年製作の映画)

4.3

「父よ」再鑑賞で思い出し

公開当時、1ヵ月まともな休みがなく劇場に行けなかった反動で、月末2日間で6本の作品を観た。
「東京タワー」「フォーエヴァー・モーツァルト」「ヴェルクマイスター・ハーモニー」
>>続きを読む

俺たちサボテン・アミーゴ(2012年製作の映画)

3.8

平均評価☆評価2.7ですか(爆笑)
まぁ~その程度の評価しかされない作品なのかもしれませんね♪
なんせ下らないコメディですから。
ただ、私個人的には馬鹿々々しくて失笑するような作品も大好きなんですよね
>>続きを読む

ロミオとジュリエット(1968年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

説明不要のド名作ですね♪
私が中1の時、当時25歳だった従姉(姉ちゃん)と都内の名画座で観たのが初鑑賞。
数十年前の今日、11月22日だった。
内容も衝撃的だったが、何より姉ちゃんが途中からずっと泣い
>>続きを読む

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

紛失していた【ハバナ】発見!で思い出し
※長いのでネタバレ設定で※

本作の主人公の狂人的犯罪行為は論外としても、彼の香り(もしくは匂い)への思いは強烈に共感してしまう。
毎年、沈丁花の香りを嗅ぐたび
>>続きを読む

尼僧物語(1959年製作の映画)

4.7

昨日ご紹介したオードリーのドキュメンタリー番組を観て思い出し

お気に入りの監督の1人フレッド・ジンネマンの作品でありオードリー・ベストアクトの傑作☆
理由はわからないでもありませんが、平均評価低いで
>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

4.5

フォロワーさんのインスタで所有されている本作のチラシをupされていたのを見つけ、フィルマークス登録当初☆評価のみでレビューしていたのですが万が一のお知らせのために再アップ

この作品、好きな方はいても
>>続きを読む

乙女よ嘆くな(1935年製作の映画)

4.2

購入放置ソフトにて初鑑賞。

こんなに可愛いキャサリンを未だかつて観たことがない。
前半は貧乏を苦にせずひたすらに前向きでピュアな乙女なのですが、家族の醜態によって徐々に諦めモードへ…
それでも最後は
>>続きを読む

王手飛車取り(1956年製作の映画)

3.8

説明不要の逸品ですね♪
未見の方はwiki等でお調べ下さい。
男女の駆け引きといっても、ギトリやルメルシェの「カドリーユ」のような華麗なる駆け引きが楽しめるような作品ではありませんが、30分弱の作品と
>>続きを読む

ニューヨーク ザ・ギャング・シティ(2014年製作の映画)

3.8

BSにて初鑑賞

「the Godfather」に魅了されて以降、ありとあらゆるマフィア・ギャング映画を鑑賞してきた。
その中で自分なりに感じていることを1行に凝縮してみた。
優れたマフィア・ギャング
>>続きを読む

ベレジーナ(1999年製作の映画)

4.4

星降る夜に押し入れ探検隊65

お気に入りのファンタジックなブラックコメディの秀作。
ロシアの貧乏な娘がスイスの官僚関係者に利用されているとも知らずに、故郷の大家族をスイスに移住させようと一生懸命娼婦
>>続きを読む

ジョニー・ベリンダ(1948年製作の映画)

4.7

ピーター・イエーツの「容疑者」を鑑賞しリーアム・ニーソンの境遇で思い出し

ド傑作☆

聾啞者であるべリンダとその町にやってきた中年の医者との涙なしでは見られない珠玉のヒューマンストーリー。
コミュニ
>>続きを読む

単騎、千里を走る。(2005年製作の映画)

4.7

何度となく鑑賞している作品の1つ。

父と息子の確執を描いた物語にめっぽう弱い…
何度もこのサイトで書いてきた。
本作品も例外ではない。

チャン・イーモウが健さんを撮ったということが、当時の私には衝
>>続きを読む

大いなる勇者(1972年製作の映画)

4.7

再鑑賞。

シドニー・ポラックは「雨のニューオリンズ」と本作がマイベスト・ツートップ。
久し振りに観たが、やっぱり最高ですわ!
また泣かされた(/_;)
レッドフォードが演じたキャラクターの中でもぶっ
>>続きを読む

>|