星降る夜にあの場所でさんの映画レビュー・感想・評価

星降る夜にあの場所で

星降る夜にあの場所で

https://youtu.be/XcABgcHytrk
五社監督の泣ける演出に感銘を受け、アイコン変更(2018/3/23)
ここでは洋画に特化した感想ですが、邦画も大好きです♪
The Godfatherシリーズこよなく♡
新作レビューは別で…

映画(1642)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

マズルカ(1935年製作の映画)

4.1

around 50なら誰もが井上堯之バンドによるオープニング曲は御存知だろう。
何度も再放送されているので、お若い世代の方にも認知度は高いかもしれない。
私も勿論大好きなメロディではあるのでだが、「傷
>>続きを読む

タッカー(1988年製作の映画)

4.0

祝★4Kレストア版 DVD(Blu-ray)発売

これだけレビューがあるので今更私がレビューするまでもないのですが、コッポラファンとして一筆。
30年以上前に1度観たきりなのでうろ覚えなところはあり
>>続きを読む

メイトワン-1920(1987年製作の映画)

4.5

HDD→BD-Rのさなかにふと…【6】

HDⅮを整理するために録画リストに目を通していると、これってどんな内容だっけ?となり一部再生しては思い出し停止ボタンを押す。
もうこの作品は再鑑賞しないだろう
>>続きを読む

果てなき路(2010年製作の映画)

4.3

昨日のボリス・カーロフ繋がりで思い出し…(この繋がりはご覧になれば解ります)

やり残した仕事を思い出したのか?
それともずっと構想していたのか?
言わずと知れた20年以上の時を越えて発表されたモンテ
>>続きを読む

殺人者はライフルを持っている!(1968年製作の映画)

4.4

今日の昼食の帰りに真っ白いコンバーチブルのマスタングを見た!
おぉ~カッコいいなぁ~と思いながら、信号待ちの際運転席をそっと覗き込むと70過ぎのジェントルマンがこちらを見てニヤリとし、まさにマスタング
>>続きを読む

日曜はダメよ(1960年製作の映画)

4.3

本作も私にとって大切な一本。
20代後半に名画座で初鑑賞し、げんこつをくらわられた。
当時、映画鑑賞と同時進行でありとあらゆる映画関連の書籍を読みあさり、どこかバリバリの商業映画を斜に構えて捉えるよう
>>続きを読む

イン・アメリカ/三つの小さな願いごと(2002年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

大切だった故人がいつまでも心の中で生き続けていることで守護神的な存在になれば、これ以上幸せなことはない。
しかし、逆にそのせいできちんとした足取りで前に進めない人もいる。
しっかりと地に足をつけて歩ん
>>続きを読む

不思議な世界・未来戦争の恐怖(1969年製作の映画)

4.5

HDD→BD-Rのさなかにふと…【5】

おそらく本作がリチャード・レスターの最高傑作ではないでしょうか♪
第三次世界大戦や核戦争後の世界を描いた作品というのは得てしてシリアスなものばかり。
当然と言
>>続きを読む

いとこのビニー(1992年製作の映画)

3.9

VHS以来の再鑑賞。

何年かに一度、いち役者を【○○の再来】という言葉で称賛することがある。
以前から思っていた事ではあるが、今回改めてその思いが確実なものとなった。
両者に敬意を表し、
【ジョー・
>>続きを読む

ミュンヘンへの夜行列車(1940年製作の映画)

4.3

「ナチスドイツ絡みの作品が好きで、結構な数を観てきたのですが、○○さんお薦めの作品があったら教えて下さい」
リスニングしてみたところ、なるほどかなりレアなものまで観ていた友人の息子。
そこで私は本作を
>>続きを読む

刑事ジョン・ブック/目撃者(1985年製作の映画)

4.3

濱田岳が出演していたドキュメンタリー番組の中で、アマゾン州のマナウスにあるカタラォンという浮島集落のシーンを見ていてお気に入りだった本作を思い出す。
言わずと知れた作品ですが、未見の方はタイトルだけみ
>>続きを読む

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

3.7

この時代の人だし、もしかしたら…
なんて期待をしつつ本日レンタル。
残念ながら全く登場しなかった(笑)
まぁその話は後回しにして…
本作私は嫌いじゃない。
大の苦手であるCG、VFX満載の作品だったの
>>続きを読む

SF惑星の男(1969年製作の映画)

3.9

HDD→BD-Rのさなかにふと…【4】

どシンプルなタイムトラベルもの。
時間旅行に関する細かな考証は一切ない。
主人公は無秩序な殺人に極めて厳しい男。
どこぞのサイトで、
【…せりふは少なく、ドラ
>>続きを読む

太陽に灼かれて(1994年製作の映画)

4.0

今年こんな記事を見つけた。
https://jp.rbth.com/arts/81412-roshia-to-soren-no-eiga-besuto-100
ロシア映画大好き人間なので、早速確認。
>>続きを読む

東京ファイル212(1951年製作の映画)

-

HDD→BD-Rのさなかにふと…【3】

一つのもやもやが払拭されたのでup。
以前レビューした「ヒットマンズ・レクイエム」で、とあるワンシーンを絶賛しましたが、この危険を知らせるために○○○…シーン
>>続きを読む

パリの恋人(1957年製作の映画)

3.5

HDD→BD-Rのさなかにふと…【2】

半年前から必死に保存作業を継続中だったが、
数日前つに三台目のプレーヤーがいかれてしまいさすがに現在休業中。
余りにも過酷な作業を強いた私が悪いので誰にも文句
>>続きを読む

墓場なき野郎ども(1960年製作の映画)

4.3

HDD→BD-Rのさなかにふと…【1】

「いぬ」
「ギャング」
「サムライ」
「仁義」
「リスボン特急」
大好きな作品ばかりであるが、
もしかすると米や仏の名作ノワール以上に
この「墓場なき野郎ども
>>続きを読む

限りなき旅(1932年製作の映画)

4.3

数年前までは復刻ライブラリーさんやジュネス企画さんに
観たい作品のDVD化をよくリクエストしていた。
結構な数をお願いしてきたが、私の切なる願いは今だに1つも叶ってはいない(笑)
本作もその中の一つ。
>>続きを読む

愛の坩堝(1921年製作の映画)

4.3

先日鑑賞したアルネ・スックスドルフの短編選集の中の1本をご紹介しようかと思ったのですが、
残念ながらフィルマにはなかったので、畏れ多くも同じスウェーデン出身の大巨匠の枠をお借りしました。

その前に、
>>続きを読む

コインロッカーの女(2015年製作の映画)

4.3

「生きのびるために」と数本のドキュメンタリーを観て、放置していたNetflixが明日でメンバーシップが終了するとのことなので、タイトルが気になった本作を初鑑賞してみた。
普段は、理由があって韓国映画を
>>続きを読む

一目ぼれ(2010年製作の映画)

4.8

短編だし…わざわざレビューすることもないのか、もしくは、単にサイトの存在自体を御存知ないのか?
まぁ理由はどうであれ短編には短編にしかない魅力があると思うので一応投下しときます。
現在配信されているの
>>続きを読む

ミニー&モスコウィッツ(1971年製作の映画)

4.0

キリの良いところまで読んだら、レビューしようかなと思っていたら、いつの間にかテッペンを回っていた(^_^;)
1日遅れの、
❤️HAPPY BIRTHDAY🎉GENA ❤️

愛すべきろくでなし野郎
>>続きを読む

二代目はクリスチャン(1985年製作の映画)

-

邦画でありますが、
告知したいことがあり投下。
良かったぁ~うん😢🍀
ラジオドラマ「ストリッパー物語」
(声)筧利夫、広末涼子、広瀬すず、津川正彦ほか
本日の6/17の19:33までradikoにて
>>続きを読む

奇跡が降る街(1991年製作の映画)

4.3

今日で5年。
昨晩、以前からどうも気に入らなかった仏壇の写真を
私が好きだった父の写真に入れ替えた。
どうだい、父ちゃん。
こっちの方が全然男前に映ってるだろうが!
と呟きながら、蝋燭の灯を消した。
>>続きを読む

パリ横断(1956年製作の映画)

4.3

いよいよ今夜から、始まりましたね~
東京と神奈川(16日~)の会場にて
「ゴーモン映画~映画誕生と共に歩んできた歴史」が☆
実に豪華なラインナップです。
アンスティチュフランセなので、
大阪、福岡、京
>>続きを読む

軌道の上の恋(2013年製作の映画)

4.1

私のハンドルネームが【星降る夜にあの場所で】なので、
星に関連のある作品は努めて鑑賞するようにしています。
短編ではありますが本作もupしておこうと思います。

これこそが、正真正銘の最初で最後の恋で
>>続きを読む

クリビアにおまかせ!(2002年製作の映画)

4.0

何となく思い出し

以前、バリ・シネ(現・サタ☆シネ)で放送。
60年代を舞台にしたオランダ産のコメディで、本国で大ヒットしたテレビドラマの劇場版らしい。
アメリカ(当時)のテレビドラマとは明らかに違
>>続きを読む

サボテンの花(1969年製作の映画)

4.2

録画していた日本のドラマ「結婚できない男(お気に入りの連ドラ)」の最終話を観ていて何となく思い出し

ウォルター・マッソーは阿部寛のようなおとぼけキャラではありませんが、バーグマンとゴールディは夏川
>>続きを読む

侵入(1969年製作の映画)

4.3

「暗殺のオペラ」原作者つながりで

何年か前にアルゼンチン映画の特集で鑑賞
今まで、ネット等で時折見かける【隠れた○○】といった表現を一度も使ったことはないが、
本作にはそれが当てはまるのではなかろう
>>続きを読む

暗殺のオペラ(1970年製作の映画)

-

祝☆デジタルリマスター公開

VHS画質でしか観たことがないので、期待がふくらみます。
平均評価4.1★通りの傑作です!
とりあえず再鑑賞してからレビューしようと思ったのですが、
押し入れ探検の甲斐も
>>続きを読む

ゴダールの決別(1993年製作の映画)

4.3

ゴダール作品の中で、私好みの縦構図がバンバン出てきた作品として記憶に残っています。
その奥行きのある構図内で起こる運動がまたそそられます。
普通の監督さんが作ったら、ダークファンタジーサスペンスになり
>>続きを読む

殺しのベストセラー(1987年製作の映画)

4.2

漢たちも男子力を磨くべし(笑)23

「ワンス・アポン・ア・タイムイン・アメリカ」を再鑑賞し、無性に観たくなりこちらも再鑑賞

往年のフィルムノワールにありそうな題材を、粋な80年代テイストで包み込ん
>>続きを読む

夏目友人帳 いつかゆきのひに(2013年製作の映画)

4.8

祝☆夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~劇場公開!(*´▽`*)

邦画アニメではありますが、洋・邦画の垣根を越えてお薦めしたい逸品なので投下します。

OVAとやらを観たのは、この作品以外ない。
私はテレ
>>続きを読む

カン・フューリー(2015年製作の映画)

4.0

公開当時、割と話題になったのでご存知の方も多いかと思いますが…

「レディ・プレイヤー1」を観て、
『ん~…』
と、お嘆きの貴兄へ♪
勿論、楽しめた方でも♪♪
ブッ込んでくるネタが、はいはい解った解っ
>>続きを読む

小便小僧の恋物語(1995年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

【愛してる】の言葉が【悲しくて、苦しい】といった意味でしか解釈できなくなってしまった男が、初めての恋をする。
誰よりも彼女のことを思っているのに
あの日のトラウマが二人の間を引き離す。
それでも二人の
>>続きを読む

夜の乗合自動車(1956年製作の映画)

4.3

昨年12月に「重役室」が発売され、今年の4月に本作が♪
また今月は間もなく「戦略空軍命令」が発売される。
何度も書いていますが、私が最も好きな海外の女優であるジューン・アリソン(唯一の(*´з`)×5
>>続きを読む

>|