funさんの映画レビュー・感想・評価

fun

fun

映画(810)
ドラマ(344)
アニメ(0)

輝ける女たち(2006年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

タイトルの意味は見終わった後にジワリとジワリとわかる感じ。
主人公はテレビ番組のマジックショーで昔人気だったニッキー。
今では冴えないながらも父親がわりのガブリエルの経営するキャバレーに出ているのみ。
>>続きを読む

ショータイム!(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

予備知識なしに煌びやかなジャケットに惹かれて見てみました

経営難の農家が土地を手放さずに農家を続けるために出した秘策がまさかのキャバレー⁉️

キャバレーと言ってもどちらかというとミニミニサーカスと
>>続きを読む

ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ(2023年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

皆さんのレビューでゲームが元になってると知りました。
等身大の着ぐるみが動いて迫ってくるだけでぞわりとした怖さがあるけれど見た目が割と可愛いのでどうしても緩和されてしまう。
ホラーというほど怖くもグロ
>>続きを読む

ベニー・ラブズ・ユー(2019年製作の映画)

3.2

正直なんだかよくわからないけど最後まで見れてしまった系です。
このシーンって、このシーンって、この音楽ってと昔のホラー作品にオマージュというよりはパクリまくりで、わりと血は飛び散るし内臓もボトボト出ま
>>続きを読む

ピアニスト(2001年製作の映画)

3.0

昔見た時に、主演の2人の美しさはよかったんだけどーなんか難解で不快なとこも多くて、、、という感じでしたが、ハネケの作品だったのですね。
納得。

エゴイスト(2023年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

前半の爽やかさと濃密さのある展開から、
中盤突然の別れ、、、え?と思って、
一旦見るのを躊躇してやめていましたが、
日本アカデミー賞をたまたま見ていて思い出したように続きから鑑賞スタート。
鈴木さんが
>>続きを読む

Shall we ダンス?(1996年製作の映画)

3.9

久しぶりに見返してみたら、変わらず楽しい作品でしたが、最近汚れている見た目の役の多い役所広司さんは清潔感のある真面目なサラリーマンで初々しさが感じられ。
昔見た時にはボヘーとしたやる気のない
おっさん
>>続きを読む

ミセス・ハリス、パリへ行く(2022年製作の映画)

3.9

誰も悪い人が出てこなくてとってもいい作品と友達に聞いて、疲れている今にちょうどいいかなーと思い見始めました。
少し前に見たドラマカササギ殺人事件の主人公がヒロイン。
正直に親切に慎ましく生活し、家政婦
>>続きを読む

別れる決心(2022年製作の映画)

3.6

パク・チャヌク作品はヌルッとしたウェット感があり訳のわからない中毒性がゾワリと芽生える。
今作は刑事と被疑者という一線があるにも関わらず、容易にその線を超えてしまうけれど気持ちだけで直接的な行為はない
>>続きを読む

ウォンカとチョコレート工場のはじまり(2023年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

滑り込みでIMAXで鑑賞できました。
オープニングからずーとずーと楽しくて、
辛くても前向きで、歌も映像もよくてひたすらご機嫌な時間を過ごせました。
ウォンカ役のシャラメくんは完璧にファンタジーな美し
>>続きを読む

Dr.コトー診療所(2022年製作の映画)

3.3

毎週本当にいろいろなことが起こる島でコトー先生はいつも大変でした。
でもドラマではひとつひとつ、もしくは1話に2個くらいの事柄が起こって解決したり、救えない命があったりと辛さの中にも感動があったり、島
>>続きを読む

聖闘士星矢 The Beginning(2023年製作の映画)

3.0

新年一本めにしてコレか、、、。
もうちょっと原作を理解した監督に作って欲しかった。
映像の技術も悪くないし、聖闘士のコスチュームもわりと綺麗だし、キャストも悪くないし、ただビギニングだとしても上滑り。
>>続きを読む

チケット・トゥ・パラダイス(2022年製作の映画)

3.4

ジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツという贅沢すぎる取り合わせだから退屈せずに見れたけれど、特にこれといった山場はなくて、安心して見れるバカンスムービーという感じ。
海外に行くのもハードル高くなっ
>>続きを読む

コンペティション(2021年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

大富豪が自分の名声を後世に残したい!!という希望でなんとなく案を出した、自分の名前のついた橋を架けたい!素晴らしい映画を作ってみたい(資金だけ出して)というわがままから物語は始まります。

映画監督は
>>続きを読む

KAPPEI カッペイ(2022年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

WOWOW録画をなんとなく字幕読むの疲れたなーと思って選んだだけなのですが、、、。
漫画の実写化なんてそこそこだろうなと期待せず見たのが大正解。みなさんハードル下げまくってみてください。
オールマイテ
>>続きを読む

マネー・ピット(1986年製作の映画)

3.8

これもレビューが消えていたので再レビュー。
トム・ハンクスとシェリー・ロングのコミカルな愛らしさが全開!
お買い得すぎると思われた家が実は!
という流れから、ドリフ・ドリフ・ドリフを挟みつつ、昔のスピ
>>続きを読む

キルトに綴る愛(1995年製作の映画)

4.1

以前にもレビューあげたはずなのですが何故か消えてしまっていたので再レビュー。
若く、プロポーズされたばかりで、マリッジブルーな迷える子羊のウィノナが可愛すぎる。

そしておばあちゃまをはじめ出てくる方
>>続きを読む

燃えよ剣(2021年製作の映画)

3.6

WOWOWで途中からの視聴。
途中からだったのに止めることができず最後まで見てしまいました。
これでもかという豪華なキャストの面々。
長尺の148分ですが、歯切もよく、かなり流暢な台詞回しに本当は20
>>続きを読む

ハリソン・フォード 逃亡者(1993年製作の映画)

3.5

WOWOWでたまたま録画。
子供の頃見た記憶が、これまた吹替で懐かしさ倍増。
今ではBOSSの人だけど、若者はなんの人だかもうわかってなくて見てる気がするトミー・リーとハリソン・フォードの2人がいいバ
>>続きを読む

呪呪呪/死者をあやつるもの(2020年製作の映画)

3.3

たまたまのWOWOW放送で途中からだし、ドラマがあってからの映画版ということなので、なんのこっちゃよくわからないところはあったけど、ゾンビ?との攻防戦やカーチェイスにスピード感があって目が離せず結局ラ>>続きを読む

ブレット・トレイン(2022年製作の映画)

3.5

なかなか評価が難しい作品でした。
キャストはいろいろ揃えて豪華なのかなという感じ。
アクションよりしゃべりがメインの中盤までこれってどーなの?と思い何回かやめようかな?と。
一緒に見ていた人は早々に横
>>続きを読む

ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り(2023年製作の映画)

4.4

前情報全くなしに見てみたので、長さと山場が何回もあるので、え?これってもしかして続編に続く感じ?と不安になりましたがきちんと終わらせてくれ、キャストも良くて、内容もモリモリでとっても楽しめました。>>続きを読む

バービー(2023年製作の映画)

3.7

核をイメージするポスター戦略?やボイコット、などもあり、冒頭の赤ちゃん人形がボコボコになるところで、振り切ってるなーと不安になりましたがマーゴット・ロビーのBarbieは完璧なるBarbieで見惚れる>>続きを読む

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

3.6

エールを鑑賞済み
評価が高かった先入観からすごくエールよりいいのか!と思ってみたので逆にエール以上に感動できなかった。
エールより時間数が長いのに展開がサクサク進むので時間短く感じました。
歌のシーン
>>続きを読む

サイレント・ナイト(2021年製作の映画)

3.2

世界の終末を描いた作品でこんなに何の感情も湧かなかった作品は初めてでした
シュールなブラックコメディみたいな情報だけは入れてましたが、、、。
ブラックコメディが正直よくわかりません。
俳優が割と好きな
>>続きを読む

ペリカン文書(1993年製作の映画)

3.6

懐かしい作品を再見。
いろいろ忘れてるーと思いながら、暗殺に次ぐ暗殺で人がガンガン殺されてしまうので展開を見逃せない。
サム・シェパードにジョン・リスゴー懐かしーこの頃から渋い!
デンセル・ワシントン
>>続きを読む

武士の家計簿(2010年製作の映画)

3.2

文書考古学の磯田さんらしく、丁寧に掘り起こした文書から創作した作品でした。
もう少しアレンジがあってもいいのかな?と山場はそこまでなくて、淡々と三世代にわたってお家事情とやりくりを描く。
息子役の人が
>>続きを読む

ドライビング Miss デイジー(1989年製作の映画)

4.0

久しぶりにみました。
何回見てもこの2人の関係性は目が離せない。
大きい事件や展開はないけれど、ユダヤ人であるディジーが下に見ていた黒人の雇われ運転手と長い時間をかけて家族以上の大切な関係を築いていく
>>続きを読む

武士の献立(2013年製作の映画)

3.4

刀を包丁に持ち替えて、包丁侍。
そんな役職?があったとは初めて知りました。

食の旅をするとこ(映像の色調や音楽の使い方がなんだか砂の器のようでここだけ不思議と古びた映像のようでした)とラストの討ち入
>>続きを読む

エスケープ・ルーム2:決勝戦(2021年製作の映画)

3.6

こういうのって続編はコケちゃうのが多いけどとても真っ当に続編として作られていて、短い時間というのもあってサクサクと展開が進むので久しぶりにドキドキしながら見ました。
黒幕を突き止めたいなんていう展開は
>>続きを読む

波紋(2023年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりにちょっと早めのランチディナーをしてお腹いっぱいで、暗い後引きのラストだったらきついよねーと友達と話しながら、
さらに日頃の疲れもあって寝ちゃうかも?って思ってたのですが、、、。
少しずつ進ん
>>続きを読む

マリー・ミー(2022年製作の映画)

3.6

ちょっと疲れていたので何にも考えれず楽しい作品が見たいなーと思って見始めたら、
出会うはずもない2人が、、、という王道ラブストーリー。
ジェニロペのアラフィフ感を全く感じさせない美しさとゴージャスさ、
>>続きを読む

マスク(1994年製作の映画)

3.7

実は見たことなかったんです。
友達のオススメで一緒に鑑賞。
当然ですが、ジム・キャリーもキャムも若い!そしてかわいい!
はちゃめちゃでずーと楽しい雰囲気でしたが、CGなのかアニメーションの延長なのか?
>>続きを読む

パーフェクト・ケア(2020年製作の映画)

3.5

お年寄りの後見人になって財産を搾取するはずがとんでもない展開にというザックリとしたあらすじだけは知っていたのですが、想像の斜め上いく感じで、ずーとドキドキしてみることができました。
やーロザムンド・パ
>>続きを読む

リスペクト(2021年製作の映画)

3.7

アレサ自身が指名しただけあって、ジェニファー・ハドソンのなりきりが素晴らしかった。
老齢になってからなおラストの力強い歌声に改めてアレサ・フランクリンの歌声に魅了されました。
脇を固めるメンバーも実力
>>続きを読む

チェルノブイリ1986(2020年製作の映画)

3.0

先にドラマを見ていたので細かなところはわかっている前提で見ているのでわかるけれど、この作品をいきなり見た場合はなんだかよくわからないところが多くあり、また、恋愛パートに時間を使いすぎていることに勿体な>>続きを読む