いずみたつやさんの映画レビュー・感想・評価 - 9ページ目

いずみたつや

いずみたつや

Shoot them again! Their soul's still dancing!

映画(330)
ドラマ(0)

クロノス(1992年製作の映画)

-

1度見たら忘れられない顔で御馴染みのロン・パールマンの若かりし姿(この頃からスゴい存在感)が見られるのが嬉しい。

孫娘とジイジの微笑ましい交流は、残酷な現実の中で人間の絆を描くその後のギレルモ・デル
>>続きを読む

処刑教室(1982年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

「処刑教室」この邦題のインパクト!冒頭からまるで刑務所のような学校の様子にワクワクが止まりません。

序盤は不良少年と勤勉な教師のヒューマンドラマ的な話が展開されるのですが、いつまで経ってもからそこか
>>続きを読む

グレート・ウォリアーズ/欲望の剣(1985年製作の映画)

-

善悪で語れる分かりやすい登場人物がいっさい出てこない人間描写の複雑さは、主人公が誰なのか分からなくなるほど。

首つり死体の下の愛、ペストを使った攻防など、クローネンバーグ節全開の悪趣味が炸裂するとこ
>>続きを読む

華氏451(1966年製作の映画)

-

こんな奇想天外な話を笑い飛ばせないのは、ナチスという存在を生んでしまった過去があるから。

現在でも、世界を自分の思うようにコントロールできると信じている人たちは大量にいますが、そんな奴らにも頭の中の
>>続きを読む

スパルタカス(1960年製作の映画)

-

ずっと観てなかったんですが、『トランボ』を観たのでこのタイミングで!と鑑賞。

自由を奪われることへの怒り、仲間との強い絆。トランボ自身の経験が色濃く反映されていることがよく分かりました。

そして、
>>続きを読む

パピヨン(1973年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

脱獄モノといえば、個人的には『大脱走』よりこっち!マックィーンのマイベストです。

決して仲間を裏切らない、義理堅いトランボの熱い脚本が胸を打ちます。無鉄砲で豪傑なパピヨン(マックィーン)と、気は弱い
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

-

庵野の愛が炸裂したもの凄い熱量。目まぐるしいカット割りと早口台詞、漢字が15個くらい並んだテロップが出ては一瞬で消えるなど、もうとにかく疲れました(これって別に必死に追う必要ないのか、と思ってからは気>>続きを読む

ヤング・アダルト・ニューヨーク(2015年製作の映画)

-

アダム・ドライバーがクソ野郎すぎて、心の底から死ねと思った(つまり名演!)。ああいう強かなやつっていますよね…。

ナチュラル・ボーン・リア充とエセリア充の住む世界の隔たりを嫌になるほど痛々しく見せ、
>>続きを読む

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(2015年製作の映画)

-

理不尽な弾圧と戦い続けた脚本家の話を、さりげない伏線とたっぷりのユーモアで描いた脚本が見事!
この映画を観た後で『スパルタカス』や『パピヨン』を観直したんですが、一貫して描かれる"自由への戦い"や"仲
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

-

サメとの対決もちゃんとあるんだけど、監督が言っている通り、パニック映画というよりも極限状態で自分の内面と向き合うことになる『127時間』に似ていると思いました。

珊瑚で足を切ったり、岩に頭をぶつけた
>>続きを読む

ファインディング・ドリー(2016年製作の映画)

-

やることについての物語。

大人になると自分にできることは限られていると気づくし、頭でっかちになって結局行動できずに終わってしまうことも多くなるもの。

でも、自分や他人が決めた限界に縛られず、できる
>>続きを読む

マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり(2015年製作の映画)

-

ちょっとここまでいったら修復不可能なんじゃない!?
と思ってしまうほどに追い込んでからの展開が面白い!

ガサツで勝気で正直でユーモア溢れる素晴らしいキャラクターを演じてのけたレイク・ベルが本当に最高
>>続きを読む

クリスティーン(1983年製作の映画)

-

"Karma Police"のMVの元ネタ⁉︎っぽいシーンがあった!
メラメラと燃える車のかっこよさ。セクシーさ。生きてるような車の特殊効果には、お世辞抜きで驚かされた。

デニスのナイスガイっぷりも
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ベタでご都合主義かもしれないけれど、ここではない何処かを求めて、何があっても歩みを止めない者の姿は胸を打つ。こんなの涙なしでは観れない!

ご都合主義が苦手な僕でも感動できたのは、ドキっとさせられる理
>>続きを読む

インデペンデンス・デイ:リサージェンス(2016年製作の映画)

-

前作の魅力でもある、言ってしまえばバカバカしいアゲ感とアツイ演説を焼き増ししただけの作品でした。。それはある意味何よりのサービスでもあるとは思うけど、ちょっと陳腐すぎる。続編のセオリーに則って、ただデ>>続きを読む

ブルックリン(2015年製作の映画)

-

故郷を離れた者としては、身につまされる場面がいくつもありました。映画の舞台は今よりずっと世界が遠く、距離が残酷だった時代。身を切るような取捨選択を経て、"自分の人生"を真っ当に生きようとする主人公の健>>続きを読む

ペレ 伝説の誕生(2014年製作の映画)

-

あっという間に見れてしまう爽快なテンポ。サッカー演出はお世辞にもうまいとは言えないけれど、群衆が熱狂に包まれる瞬間はやはり感動的です。継承と伝播。そして何より、"未来はいかようにも変えられる"というポ>>続きを読む

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(2016年製作の映画)

-

前作が世界観重視なら、今作は物語重視になった印象。だいぶ毒々しさは薄まったけれど、画的な躍動も多く、より明確で強い目的があって前作よりも飽きさせないし、感動的でした。

アブソレムは芋虫から美しい蝶々
>>続きを読む

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅(2013年製作の映画)

-

家族なのに知らなかったこと、家族だから知りたくなかったこと。すべてを曝け出して進む旅の"原動力"が明らかになった時、涙が止まりませんでした。嬉しい言葉っていうのは、大抵口にするのもされるのも恥ずかしい>>続きを読む

薄氷の殺人(2014年製作の映画)

-

極彩色で飾られた画面の美しさ。予測不能のカメラワークと編集に何度も震えた。中国という国の可笑しさ、面白さ、怖さ。寄る辺なき男と女の姿がなんとも痛々しく冷たい。空虚なダンス。そして、白昼の花火が残す余韻>>続きを読む

ウォーリアー(2011年製作の映画)

-

凡庸な表現だけど、魂が揺さぶられたと言うほかない圧倒的なパワー!肉体が傷付くのと反比例して、心の隙間が埋められていく驚き。肉と肉のぶつかり合いが心の治癒へと変容する瞬間の感動は、どんな言葉でも言い表す>>続きを読む

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

-

"繰り返し"がうまくいってないような…。転生はもう少し省略してよかったと思うし、主題歌(というか1番重要な曲「天国」)は何度もやりすぎて感動が薄まった。Hコードも1度鳴らした後では何のカタルシスもない>>続きを読む

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

-

善悪は置いておいて、一生懸命な主人公は胸を打つし、青春映画と同じような感動すらある。ほろ苦い別れもまた青春映画的。役者が嬉々として演じていることは大きな魅力のひとつで、見ていてこちらまで嬉しくなってく>>続きを読む

葛城事件(2016年製作の映画)

-

人物描写の複雑さに圧倒されました。

「こういう人」という枠にはまってくれるような類型的な人間は1人も出てきません。さらに観客を気持ちよくさせようというつもりも一切なく、単純で情緒的なものを良しとする
>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

-

どこを見ても隅々にまで禍々しさが宿っており、不気味が画面を覆いつくす凄まじさは言葉にできない感動がある。目を背けたくなるような残酷は日常のすぐそばにあり、狂気は1度走り出したら止まらない。濃密すぎ!

トリプル9 裏切りのコード(2015年製作の映画)

-

乾き切った暴力の連続、善悪の二元論や安っぽい共感を排した冷酷さ。どこを向いても豪華なキャストで"主役不在"であることが緊張感を生み、空虚さを加速させる。最高すぎる!

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

-

全編を貫く不穏な空気がついに臨界点に達する終盤のスリル。説明を排した展開も興味を刺激する。『her』もそうでしたが、AIは人間になることが終着点ではなく、人間の許容を超えた存在であることを描く視線が残>>続きを読む

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

-

祭りの情動と無軌道な暴力が親和性をもって画面に立ち現れる様に、人間は根本的に暴力的であることを改めて感じさせられました。伝統として受け継がれた祭りにもその血なまぐささがにじむ。暴力的になることは容易い>>続きを読む

ヴィクトリア(2015年製作の映画)

-

前半が超絶退屈だけど、後半は急カーブを切ったように面白くなるという困った作品w。

全編長回しの意欲的な試みは、苦労の割に序盤は地味ですが、話も役者も(恐らくスタッフも)極限状態に陥った後半からどんど
>>続きを読む

復讐捜査線(2010年製作の映画)

-

メル・ギブソンの俳優カムバック作にしてはあまりに強烈すぎる!心も体もボロボロにされても尚、娘のため、正義のために戦う背中に男泣き。「また娘に怒られるな」なんて愛に溢れるセリフのひとつひとつに泣かされる>>続きを読む

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

-

一級品のサスペンス。シンプルな物語が絶妙で、工夫を凝らした演出も素晴らしく、ユーモアのバランスも見事。汚れた大人の世界で子どもの無垢さが微笑ましく心を和ませるけれど、時にその純真さは何よりも恐ろしい。>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

-

禍々しさの塊をじっと見せられるような、まったく生きた心地のしない恐ろしく素晴らしい作品。特に前半の緊張感は尋常ではない。またしても映画を通して、世界は血で真っ赤に染まっていることを思い知らされた。>>続きを読む

LOVE【3D】(2015年製作の映画)

-

どっかのいらんことしい達が施した全編にわたる劣悪修正があっても尚衝撃的。しかし、常軌を逸したあの"歴史的カット"にボカシを入れられたことには怒りを禁じ得ない!

"真実の愛"は確かに存在すると信じてや
>>続きを読む

ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー(2015年製作の映画)

-

永遠に続くと思っていた時間にも終わりがくる…という感傷的になりがちな話を楽観的に料理したのが、ガンを笑い飛ばす「50/50」やゾンビだって恋をする「ウォーム・ボディーズ」の監督らしくて良い。

大人に
>>続きを読む

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

-

ドギツイ癖のあるキャラが画面を埋め尽くす強烈さ!くだらない会話の裏で密かに、しかし確かに進行する悪逆無道。鮮血祭りの先にたどり着くラストの光景は、これまでのタランティーノ作品では最も深みのある余韻を残>>続きを読む

スティーブ・ジョブズ(2015年製作の映画)

-

考えただけでも気が狂いそうなほど、ぎっしり中身の詰まった脚本がスゴい。ダニー・ボイルらしい感情揺さぶる演出・音楽は、毎回クサいなと思いながらも泣いてしまう。クライマックスの回想の挟み方なんて秀逸すぎる>>続きを読む