tetsu3さんの映画レビュー・感想・評価

tetsu3

tetsu3

採点甘めの0.5刻み
3.5 標準的(基準点)
4.0 これは面白い!
4.5 ほんと素晴らしい!
5.0 お見事大傑作!!
3.0 少し残念
ベストムービー設定はここ1~2年のもので
オールタイムでは、The Godfather partⅡ E.T. BKTF
たまにBlu-ray等視聴感想もぶちこみます
相互フォローを基本としてます
公開前の採点はなぜ??

映画(169)
ドラマ(0)

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.0

THANK YOU STAN

オープニングから泣かせにかかる。

すっごいチートなのきた。
素晴らしい覚醒シーンの後はスーパーマンかと。
サノスに対抗するのは、彼女しかいない。
フューリーが、あの場
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

4.0

「何でも買えるのに、時間だけは買えなかった。」

ヒリヒリした感覚がずっと続き、緊張を持ち続ける。
枯れたイーストウッドが、枯れながらも輝こうとする。
周りの幸せのために。自分の家族のために。失われた
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.5

「待つんじゃない。跳ぶんだ。」

すっげー!!!!!
なんだこれ!!!???
上も下も平面も奥行きも。
ぐっちゃぐちゃ。
色も光りも何もかもが飛び交う。
こんなのあり?
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.5

幸運の石。その色はグリーン。

見事なロードムービー。
当時のアメリカにおけるマイノリティの事情を物語のあちこちにちりばめている。
いくつもの笑いと涙とともに。

事実に基づいた物語ということであるが
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

4.0

なにこれ。

仕掛けだらけ。
伏線だらけ。
謎だらけ。
ヒントだらけ。
騙しだらけ。
答え合わせだらけ。



(以下、観てない人はご注意。)





ほとんどの人が二役。
そし
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

4.0

泳ぎが早いぞ、アクアマン。
鯨と話すぞ、アクアマン。
筋肉すごいぞ、アクアマン。
笑顔がかわいい、モモアマン。

酔っぱらいと絡むとこ好き。
クランチ気持ち悪い。
海底にちらりと、あの人形?

出演者
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

4.0

「メリーポピンズは説明しないんだ。」

そう。
説明なんて要らない。
魔法?夢?わからない。

前作が、Mr.バンクスの救済の物語であったのに対し、今作は、息子マイケルの救済の物語だ。

のっけから、
>>続きを読む

E.T.(1982年製作の映画)

5.0

小学3年生のとき、1年生だった弟と映画館でE.T.を観た。
当時は今のように指定席ではなく、話題作ゆえ、その日は満員で立ち見もいる状態だった。
父親は映画館まで連れてきただけで入らず、館内には二人だけ
>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

4.5

It's your time.

ロッキー4がすごく観たくなった。
My name is Drago... から始まる予告編を観たときの衝撃と興奮。
有楽町マリオンから皆が身体を揺らしながら帰って
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.0

鳥肌が立った。

確かにベタなストーリーかもしれない。
一方の栄光への駆け上がりと反比例するような転落。
でも、共通しているのはお互いへの愛と才能へのリスペクト。
愛故に救おうとし、愛故に絶ち切った。
>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

4.0

カーティス節。

愛にまつわるそれぞれの話。
ちょいちょい登場人物が絡みながら、最後は大団円!
ってほどじゃない。

それぞれの愛の形がクライマックスへ!
ってほど
>>続きを読む

グリンチ(2018年製作の映画)

3.5

いい話じゃないか。

吹替版で鑑賞。
大泉洋はぴったり。
性格の悪さと、時折みせる純粋なとこ、しっかりと吹替演技で表している。
オリジナルのベネさんのも聴いてみたい。

ストーリーは、とっても明快。
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

4.0

Bye room...

その部屋こそ世界。
それでも端から端まで大きく感じていた。
天窓から見える空。
でも、外がどうなっているのだろうなんて考えない。
だって、その部屋こそ世界だから。

7年間
>>続きを読む

エンゼル・ハート(1987年製作の映画)

4.0

ここにきて、エンゼルハートについて、同年代の方々が熱く語られており、これは参戦しないとと思った次第。
(「ヘレディタリー 継承」の影響かな?)

この作品を観たのは高校生の頃。
日比谷だったかの映画
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.5

・こっ。
・顔芸。
・ムロツヨシ。

この三点。

いゃーぁ、嫌だったなぁぁ。
何度も「なんで観にきちゃったんだろ…。」と観ながらにして後悔。(誉めてます。)
静寂と嫌ーな重い音が交互に流
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.5

魔法の世界がまた戻ってきた。
前作もダーク感は強かったが、今作はさらにダークな世界が展開される。
ただ、評価は難しい。。

ジョニー・デップのグリンデルバルド。
ジュード・ロウのダンブルドア。
どちら
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

ドンドン パン
ドンドン パン
ドンドン パン

圧巻。

泣いてた。

あのときのウェンブリーで一緒に。
もっともっとライブが続けばいいと思った。

流れている曲もほぼわかる。
クイーンのこと
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.5

トムホ?トムヒ?
いえ。トムハです。

お前らなにやってんだ。
寄生珍道中。

ヴェノムちゃん。
可愛いすぎ。そして、さびしんぼ。
いっつもお腹を空かせて、悪を喰らう。
勝手に寄生しておいて、宿主の心
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

この作品は、全てがPC、スマートフォン、YouTube、SNS...といったものを通した映像・画像で構成されている点がとても斬新な作りとなっている。
(まぁ、映画自体がスクリーンを通じて観ているわけで
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.0

こういう作品に出会うと、「映画が好きでよかったな」って感じる。

大好きなMARVEL作品や、ディズニー・ピクサー作品、話題になった「カメ止め」等々、映画がそう好きではなくても、観る機会はあると思う。
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.5

なんという優しい映画だろう!

あー。想い出した。
ナンシー・マイヤーズの「ホリデイ」のときにも、同じような心地よさを感じたことを。

目ざとすぎるベン。
自らのペースでしっかりと。
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.0

ワザー!

蟻男(新)と蜂女(新)。
蟻男(旧)と蜂女(旧)。
どっちもいいコンビ。

おっきくなったり、ちいさくなったり、入り乱れてのアクションは、目まぐるしくも痛快!
ワスプが加わって、さらにコン
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

ポンッ!

いやーー。映画館で観れてよかったー。
満員の映画館内の一体感が凄い凄い!
そして、終わった後の皆さんの笑顔笑顔。
みんなで語り合ってる。
これを味わえたのは幸せでしかない。
TOHOシネマ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

トムすごい。
イーサンじゃなくて、トム。

評判いいのわかりますわ。
次々にクライマックスなアクションの連続。
カーチェイスからヘリチェイス。
いやいや。脚だってばりばり使う。
戦い方は、肉弾戦に銃撃
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.0

ストーリーは無い。

主人公の男の子くんちゃんの兄としての成長譚であるのはわかるし、それぞれのエピソードも味はある。
特にひいじぃじのパートはとても良くできていて、とにかくひいじぃじがかっこいい。
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.5

闇。ずぶずぶの闇。

ネイティブアメリカン保留地であるウインドリバー地区で起こったレイプ致死事件を題材にした作品。
だが、単なる事件を扱ったクライムスリラーではない。
アメリカ合衆国の暗部であるネイテ
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.0

新種はあかん。
色んな意味で。

恐竜には夢がある。
恐竜の話は、いつでも少年少女の気持ちに戻らせてくれる。

"ジュラシック"シリーズは僕にとって、もはやテーマパーク。
観に来た、というより、遊びに
>>続きを読む

ゆりかごを揺らす手(1991年製作の映画)

3.5

上映当時、試写会に当選したので行ってみたら、なんとレベッカ・デモーネイが舞台に登場!
人生初のハリウッド女優さんを直で観た機会になった思い出深い作品です。

レベッカさん、ものすっごいきれいな人だなぁ
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.5

うーん。
決して嫌いじゃない。
スターウォーズ感あったし、バトルもスターシップチェイスも迫力あったし。
なにより、ピッカピカのミレニアム・ファルコンが観れたし。

でも、なんか、SWファンに寄せすぎな
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

"相手を知りたかったらやることは一つ
よく見ることだ。"

" 心はその人の未来を表す地図。
顔はその人の過去を表す地図。"

"彼は顔を変えられない。
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

感想が難しいのだけど、簡単にいうととっても大好きな作品で、"レディ・バード"を囲む人物たちの生活をもっと覗いてみていたくなる。

片田舎の高校生女子の生々しい会話や抱える悩み、そして、社会の難しい問題
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.5

やっぱりデップーはラブストーリーで、
しかもファミリー映画だった。
(チケット買うとき注意がやたら出るけど)

wikiにネタバレのストーリーが載って、俺ちゃん自ら警告出してたけど、これはホントにネタ
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.5

ピーターラビットって…?
こんなだったか???
パディントンはイメージ通りだったけど。。
予告編のまるで「マトリックス」な姿をみて、イラストに描かれているほんわかな感じではないことはわかっていたが、ま
>>続きを読む

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.5

祭りの始まり。

アベンジャーズ祭り?
いえ。
サノス祭りです。

MCU最強のヴィランにして、最悪の……、ではなく、理も智も信も心もある、なんというキャラクターなんだ。
その"最高ヴィラン"とも言う
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.5

俺はガンダムでいく!

これは、ひきずるなぁーーー。
現実と仮想現実を行ったり来たりするもんだから、映画館を出ても、何だかふわふわしているよ。
OASISの創造主さんみたいに自分の姿を記録に残せたら、
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

4.0

重く。静か。
痛い。とても痛い。

騙し、そして、また騙し、観客の視点をアメリカとロシアに振りながら、少しずつスパローの罠が進行する。
見応えのある作品だつた。

ジェニファー・ローレンスは、よくこの
>>続きを読む