Seaセアさんの映画レビュー・感想・評価

Seaセア

Seaセア

オッペンハイマー(2023年製作の映画)

-

詳細はレビュー記事を書きました。

https://t.co/KhXxTmENKg

---

【SHORT REVIEW】

試写にて。

結論を断言することなく叙事詩的に事実をつづりながら、グロ
>>続きを読む

コヴェナント/約束の救出(2023年製作の映画)

-

誰もが感覚を麻痺させる戦争の中にも人情を失わず、国籍の違う恩人のために命もすべて賭けた男性をジェイク・ギレンホールが熱演。
感情をゆさぶり、戦闘シーンでハラハラさせる今作、ガイ・リッチー監督作でも稀に
>>続きを読む

マダム・ウェブ(2024年製作の映画)

3.3

ソニー・ピクチャーズ様ご招待にて試写。

試写の感想は普段★をつけないようにしていますが、荒れすぎていて可哀想なので敢えてつけます。

もったいない部分もある映画だから批判もあるのはわかるけど、今作な
>>続きを読む

ふたりは姉妹(2022年製作の映画)

3.4

幼い姉妹が徐々に成長していく様子を描く短編アニメ。

活発な子と、不器用でのんびりな子というだけかと思いきや、ハッとさせられる瞬間と、その後の展開が待っている。

これはほっこりしんみり心に残るな…。

夏休み(2023年製作の映画)

3.4

夏休みをのんびり過ごそうとするも、なかなかひとりで静かにとはいかない女性のお話。

夏だけどムンムンと暑過ぎないような、でもやっぱり夏だということは感じられる切り取り方が好きだな。

静かにひとりで休
>>続きを読む

イヌとイタリア人、お断り!/犬とイタリア人お断り(2022年製作の映画)

3.5

一族を率いて北イタリアからアルプスを渡った男性の物語を孫の視点で語るストップモーションアニメ。

引っ越しの描写が、家の形の段ボール(?)にどんどん大きい家を重ねてアップデートしていく様子を映すものだ
>>続きを読む

私に触れた手(2022年製作の映画)

3.4

幼い頃、心の奥底の奥底にしまった嫌な近親相姦の記憶。マトリョーシカのイメージにそれを託したアニメーション。

今作に救われる人々がいれば何より…。

カナダでの暮らし(2023年製作の映画)

3.3

同性婚への理解・不理解、さらに主人公の両親の離婚などを濃縮した短編作品。

長編映画の一部分を切り取ったような作品だったけど、短編だけで描くにしてはスローテンポ過ぎたかなという部分もあり…。でも描きた
>>続きを読む

新凱旋門(2023年製作の映画)

3.4

アートと人々を見つめるアート。

アートって観察。日常の小さな発見、名もなき出会いや仕草にフォーカスし、興味を追求するところに、芸術性を感じて好きだったな。

フレンズ/2匹は友だち(2014年製作の映画)

3.0

イモムシ、鳥、オタマジャクシのシンプル可愛いアニメ。仕草の人間臭さがひょうきんでいいなぁ。

そうなるかなとは思いつつ、思わず「あ」って声が出た。

ダンスの中に(2022年製作の映画)

2.0

うーん。これでなぜmyfffの1枠を獲得できたんだろう!オリジナリティを感じられないと思った!

4ジャンルのダンスが交じり合う可愛らしくて自由度の高いアニメ。

スピード(2022年製作の映画)

3.2

のんびりな人たちと、せかせかした人たちの会話劇。価値観は人それぞれ。

自分も、自分と全然違う人の考え方にすごく興味を持って質問責めにしちゃったりしがちだから、こういう考え方が違う人たちの会話みたいな
>>続きを読む

オアシス(2022年製作の映画)

3.3

湖と兄弟。弟は障害を持っている。

成長すればするほど、ふたりは変わっていく。でも、きっと変わらないものもある。ドキュメンタリーとしてこういう部分を切り取ってくれることが、多くの人を救うんじゃないかな
>>続きを読む

アトミック・チキン(2023年製作の映画)

3.2

原子力発電所の近くで暮らすニワトリたちに起きるまさかの展開。

可愛らしいのに、気持ち悪いし悲惨。こういう可愛らしく見えるものでこそ、ややこしいことを問題提起できるのかもしれない。

フェアプレー(2022年製作の映画)

3.4

ある少年は、視聴者数で勝つために手すれすれにナイフを刺すゲームに挑戦する。

ある中年男性は、ひと山当てようと車にキスし続けるレースに参加する。

ある初老の男は、椅子取りゲームに必死になって食らいつ
>>続きを読む

ジャンヌと七面鳥(2023年製作の映画)

3.0

大人になりかけの思春期という時期を過ごす少女の内面を、二分化する人格のように表す。七面鳥と少女の短編。

ちょっとしたグロさも、大人になることの不安と葛藤なのかもしれない。

戦いとは終わりである(2023年製作の映画)

3.2

労働取引所がボクシングリングに変わる。

リングに立てば、そこに社会的立場もジェンダーもない。スポーツってそういうところがいいよね。

社会情勢を学ばないとわからない部分もありそうだった。

女と犬(1991年製作の映画)

3.5

どっちを選ぶ?というよくある“究極の質問”ゲームをする女性ふたりの5分間。

何気ない会話の中に、ちょっとした相手との価値観の“試し合い”を見る。自然な会話でテーマを仄めかす、巧みな構成に感じた。

カラーパープル(2023年製作の映画)

-

詳しくはレビュー記事を書きました。

https://www.tvgroove.com/?p=129614


母を失い、父に性暴力を振るわれ、父の決定であまり知らない男性と結婚させられ妹ネティとも
>>続きを読む

同感〜時が交差する初恋〜(2022年製作の映画)

-

韓国って、言葉がハモると頬をつねって「チッチッポン」、つねられた方が「ポンチッチ」って言って解放してもらう謎の文化があるの初めて知った…可愛すぎない?
素直な恋愛映画に飢えている皆さんのためのキュンで
>>続きを読む

ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ(2023年製作の映画)

-

詳しくはレビュー記事を書きました。
https://www.tvgroove.com/?p=129571

ブラムハウスらしい、何も考えず楽しめて、最高にスリリングなホラー映画。何種類かの人形が出てく
>>続きを読む

落下の解剖学(2023年製作の映画)

-

気を抜くと『落下の王国』と間違えてしまうタイトル。

試写にて。

 事実に触れる人の数だけ"現実"がある。同じ出来事、同じ会話に関しても、見聞きする人が異なれば、認識する現実は異なる。今作はそれを改
>>続きを読む

Dicks the Musical(原題)(2023年製作の映画)

3.5

【STORY】
 2人の自己中ビジネスマンが、一卵性双生児であると判明!2人は離婚した両親を再会させようと計画を始める。

【REVIEW】
 ダニエルズの作品のナンセンスネタはそこまで誰かを傷つけな
>>続きを読む

インスペクション ここで生きる(2022年製作の映画)

3.7

#culaのA24全映画紹介 Vol.124
『インスペクション ここで生きる(2022)』

監督:エレガンス・ブラットン
出演:ガブリエル・ユニオン

【STORY】
 ゲイであることが理由で母に
>>続きを読む

ラスト・リペア・ショップ(2023年製作の映画)

4.2

ロサンゼルスで人々の楽器を無償で直す事業に参加している職人・調律師たちを描くドキュメンタリー。彼らそれぞれにも歴史・色濃い人生があって、彼らみんなが思いを乗せて人々の音楽を助けている。世の中お金じゃな>>続きを読む

Island In Between(原題)(2023年製作の映画)

3.7

台湾と中国の間(中国寄り)にある島“金門”。台湾・アメリカ・中国それぞれにアイデンティティを持つ監督が感じる戦争の残り香と、分離したままの現在。

残った戦車や海岸に設置された棒を見ると「終わっていな
>>続きを読む

The Barber of Little Rock(原題)(2023年製作の映画)

3.9

人種差別思想によって経済格差は開く一方。そんなリトル・ロック(アーカンソー州首都)で、ある黒人理髪師が立ち上がった。理髪師の名前は、アーロ・ワシントン。“黒人の同胞たちに仕事を与えたい。彼らにチャンス>>続きを読む

コット、はじまりの夏(2022年製作の映画)

-

冷たい家族のもと育った少女が親戚夫婦の家で変化していく『#コットはじまりの夏』試写。これは傑作!
誰を頼っていいかわからない不安は、相関図を語られない人間関係で共感させる。居場所のない世界の狭さは、窓
>>続きを読む

アイアンクロー(2023年製作の映画)

-

【STORY】
 必殺技"アイアンクロー(鉄の爪)"で恐れられるもチャンピオンにはなれなかった父親が、自分の息子たちに夢を託しすぎて家族を蝕んでいく。実在のプロレスラー家族の物語。

【REVIEW】
>>続きを読む

FLY!/フライ!(2023年製作の映画)

-

【STORY】
 主人公はカモの一家。
 池の外の脅威を避けるあまり、家族を厳しく教育し、安定した生活を好んでいた父親。
 しかしある日、渡り鳥のカモ達が池にやってきたことをきっかけに、母親と子ども達
>>続きを読む

シェア 私に何が起こったか(2019年製作の映画)

-

【STORY】
 酔っ払った自分が服を脱いだ状態の動画を見つけたマンディは、記憶のないその夜に何が起きたのか、周囲の友人に聞いて回るがなかなか真実に至らず…?

【REVIEW】
 なんだかタイムリー
>>続きを読む

Woman Walks Ahead(原題)(2017年製作の映画)

3.5

【STORY】
 先住民の有名な戦士シッティング・ブルの肖像画を描くためにコミュニティを訪ねた画家キャサリン(キャロライン)・ウェルドンが、土地を奪われていく先住民の怒りや苦悩を間近で目にする。
 実
>>続きを読む

魂のゆくえ(2017年製作の映画)

3.8

【STORY】
 ニューヨーク北部の小さな教会で牧師を務めるトラーは、ある日若い女性メアリーから、環境活動家の夫マイケルが地球の未来に思い悩み過ぎて、メアリーのお腹の子を産むのに反対していると相談を受
>>続きを読む

コンクリート・ユートピア(2021年製作の映画)

4.2

今作に関してはこちらにしっかり記事を上げました!

https://www.tvgroove.com/?p=127970

エラゴン 遺志を継ぐ者(2006年製作の映画)

2.0

辰年。

 王道ファンタジーのはずなんだけど、いかんせんテンポが悪すぎるしドラゴンが飛んでいても迫力はないしで打ち切りも仕方ないか…となる1作。

---
観た回数:1回

DRAGON ドラゴン(2015年製作の映画)

3.4

辰年。

 ロシアの独特のファンタジー映画。

 女性を生贄としてドラゴンに捧げる儀式が行われていた国を舞台に、人間のような姿に変身するドラゴンと人間の女性が種族を超えた恋に落ちていく。

 『トワイ
>>続きを読む

>|