くわまんさんの映画レビュー・感想・評価

くわまん

くわまん

勝手気ままに自己満足で書いております。ご印象悪くされましたらご容赦ください。
ただの素人ですので、専門的な知識などは一切持ち合わせておりません。どうぞ悪しからず。

ファンタスティック Mr.FOX(2009年製作の映画)

4.0

大人だって子供のようにニッコニコ♪ウェス・アンダーソンの魔法の世界へレディゴー!

見どころ:
オシャレ可愛いアドベンチャー
やる気!元気!勇気!
相性抜群のコマ撮りアニメ
スパイス程度の社会批判
>>続きを読む

エル・トポ(1969年製作の映画)

4.0

Love and Peace
by年中○ーガズム仙人

その信条もアプローチも、つくづくジョン・レノンと同じホドロフスキー。未だに迷える子羊の手をとり続けてるんだからすごい。勿論ふる○んMAXで。
>>続きを読む

ミッション:8ミニッツ(2011年製作の映画)

4.0

前置きだけガハガバで後は秀逸。不思議な監督だ!

見どころ:
8分までがドラマ
8分からがSF
そして“すべてうまくいく”
SF好き垂涎のアイデア
前提が無茶苦茶

あらすじ:
科学技術を飛躍させるの
>>続きを読む

トレーニング デイ(2001年製作の映画)

3.0

7回裏から大逆転食らって負けたような映画。

見どころ:
悪くて強いワシントン
中盤までワクワク
終盤がありがちで退屈
アクションが地味
主題と演出が説教臭い
長過ぎ

あらすじ:
犯罪都市LAの闇は
>>続きを読む

アンダーグラウンド(1995年製作の映画)

4.0

映画や音楽のような時間という制約のある作品に関して、エンディングのような始まり方をするものには傑作が多いです。最後まで温存しておきたい主砲を、最初にぶっ放してもなお、とっておきがあるからでしょう。
>>続きを読む

旅立ちの時(1988年製作の映画)

3.5

ボロボロに泣くつもりで楽しみにとっておいたのに…

見どころ:
リヴァー・フェニックス
親の愛は無償
挿入歌がグッジョブ
月並みな脚本
要所で煮え切らない
致命的なラストシーン

あらすじ:
革命家の
>>続きを読む

ザ・ドライバー(1978年製作の映画)

4.0

ハードボイルドとはこういうことさ。

見どころ:
漢のカーアクション
存在感抜群の登場人物達
90分映画の鑑
超引き算演出

あらすじ:
男。女。車。
ブォーッ!キキィーッ!ドガッシャーーンッ!!!
>>続きを読む

ル・アーヴルの靴みがき(2011年製作の映画)

5.0

「彼が好きか?」
「ええ。とっても。」
あらゆる宗教が説く美しい真理に、最小限の親しみだけをこめて、90分で結ばれた珠玉の聖書。

見どころ:
ど真ん中の人間讃歌
笑って泣けるとはこのこと
音楽の使い
>>続きを読む

ブルー・リベンジ(2013年製作の映画)

3.0

スゲー面白…くなりそうだったけどなぁ。

見どころ:
主人公補正ゼロの面白さ
無駄な説明を除いた演出
中盤まで息もつかせない
尻つぼみ
どっちつかずな味わい
フィニッシュブローが非力

あらすじ:
>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

4.5

劇薬じじいホドロフスキーから
不足感に苛まれる人生の迷子へ
「こうするのだ。」
満身創痍で前進する夢追い人へ
「それでいいのだ。」

見どころ:
人生はゲームだ。最悪のことも笑ってしまえ。
傷ついたの
>>続きを読む

シュワルツェネッガー/レッドブル(1988年製作の映画)

3.5

ハードボイルド親方ウォルター・ヒル監督。やはりカリスマとの相性があまり良くない。

見どころ:
言わん・断固
汗だくふんどし筋肉バトル
相棒が三枚目のお手本
ガリガリのモーフィアス
全体的に出オチ
>>続きを読む

ダージリン急行(2007年製作の映画)

3.0

ダージリン急行第二部

何だこの雑味は。いつもの素敵パワーも足りないし。ホテルシュヴァリエが良かっただけになぁ…。

見どころ:
普通の仲直りロードムービー
オリエンタルな雰囲気がいい
力不足なメタフ
>>続きを読む

ホテル・シュヴァリエ(2007年製作の映画)

4.0

ダージリン急行第一部

しょっぱい過去も、にがそうな未来も、たった今なめている激甘の前では無力。幼稚で粗暴な愛からしか生まれない一瞬の青さが、わずかでも背徳を含んでいたなら、それは一生忘れられない蜜の
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.0

間違いなくシリーズ最低作。

このエピソード8を絶賛している人を否定する気はありませんし、自分は熱烈なスターウォーズファンでもありません。ただ、スターウォーズとともに年をとった愛着ぐらいはある素人とし
>>続きを読む

ジャッキー・ブラウン(1997年製作の映画)

4.5

このセンス!!!!!!!

見どころ:
至高のオープニング
登場人物が全員完璧
最高の音楽とファッション
いつものねっちょり演出

あらすじ:
マザーファッカーがガッデムだったのでコックサッカーどもを
>>続きを読む

男はつらいよ 柴又より愛をこめて(1985年製作の映画)

3.5

あの吉永小百合の対抗馬を務められる女優、栗原小巻。超美人とかではないけど、ほんと魅力的です。

見どころ:
栗原小巻
「寅ちゃんです」
大事な脇役がぽっと出
しょっぱさが足りない

あらすじ:
隣の工
>>続きを読む

過去のない男(2002年製作の映画)

4.5

この温泉につかっているような気持ちよさ、たまんねえなぁ。

見どころ:
微笑必至のエンディング
情けは人のためならず
無駄を削ぎまくった演出
無駄だらけのような演出
日本大好きカウリスマキ

あらすじ
>>続きを読む

図鑑に載ってない虫(2007年製作の映画)

4.0

ほんのつまらないことで、人生はガラリと変わってしまう。勿論、良い方にも。

見どころ:
スリラーロードムービー
飛んでるジョークセンス
ラストで一気
途中だらだら
強烈グロ描写

あらすじ:
フリー記
>>続きを読む

インビジブル(2000年製作の映画)

4.0

…おっぱい飲んでも飲まれるな…
ヴァーホーヴェンから、かつて童貞だった全ての男達へ。股間に最初の聖火を灯す、健やかな筆下ろしの筆下ろし。これすなわちB級ハリウッド式おっぱい道である。

見どころ:
>>続きを読む

ニューイヤーズ・イブ(2011年製作の映画)

2.5

ハリウッドの売れ筋ラブコメにハズレ無し。観れば気分が良くなる、あらゆるツッコミは無効化される、ってもう魔法です。 
その代表格とも言えるプリティウーマンの監督が手掛けた、大晦日のお話。てなわけでかなり
>>続きを読む

処刑人II(2009年製作の映画)

3.0

HEY!落ち込んでるYOUは観てくれよな!一作目を!!

見どころ:
相変わらず少年誌のノリ
相変わらず素敵な脇役たち
屁みたいな敵ばっか
一作目にあぐらかいた雑脚本
セルフオマージュの同窓会

あら
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

2.5

おい成金。文化は金じゃ動かんぞ。

見どころ:
爆笑シュールコメディ
キャストや演出は悪くない
苦肉のサスペンス展開が不発
不当な圧力に潰された脚本

あらすじ:
NYでライターをしていたアラサーメ○
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

ファンタジーなんだろ?エグすぎるわ。こんなの子供に見せらんねえよ。スタンドバイミーは子供に見せられるぞ。

見どころ:
力を合わせてウォーッ!
子供たちにニヤニヤしちゃう
仲間全員ちゃんとキャラ立ち
>>続きを読む

透明人間(1992年製作の映画)

3.5

奇才ジョン・カーペンター監督が贈る透明人間!ザルなギミックも何のその!背筋の凍るバッドエンドSF!
…かと思いきや、よくわからん仕上がりのスリラーラブコメに。。自分は好きですけどね笑

見どころ:
>>続きを読む

転々(2007年製作の映画)

4.0

「邦画はつまんねえ。描写が細かいだけの陰鬱ドラマか、お涙頂戴の商業映画だろ。中身もエンタメもありゃしねえ。フィクションとして成立してねえんだよ。」
そんな方に是非オススメしたい一本です。

見どころ:
>>続きを読む

バタリアン(1985年製作の映画)

3.5

ブレーンブレーン走ってゆーくー!
ブレーンブレーンどこまでもー!!

見どころ:
ブレーン!ブレーン!
痛快アトミックエンディング
全っ然死なないゾンビ達
勿論おっぱいありまっせ
ずっと悪ふざけ

>>続きを読む

トゥルーライズ(1994年製作の映画)

4.5

エイリアン2、ターミネーター2とともにジェームス・キャメロン三大傑作の一角を担う、アルティメットドタバタアクション大作!!!

見どころ:
ジェームス・キャメロンの真骨頂
シュワちゃん稼働率120%
>>続きを読む

スティング(1973年製作の映画)

4.0

超有名なテーマ曲に乗せられて、気持ちよ~く騙される名作です。

見どころ:
緊張感と息抜きが絶妙
大風呂敷を綺麗に回収
気持ち良く軽やかな後味
人が死ぬのに軽過ぎる

あらすじ:
戦前のシカゴ。貧民街
>>続きを読む

バトル・ロワイアル(2000年製作の映画)

3.0

さすがにヤクザ映画じゃないんですよ先生…笑

見どころ:
北野武のハマり役は北野武
絶叫始めました藤原竜也
ミナミの山本太郎全盛期
柴咲コウの清楚系ビ○チ芸
終盤の殺し合いがパワフル
それまでの死に様
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.5

妖艶で華麗な最強女スパイがっ!
名曲キラークイーンをバックにぃっ!!
血飛沫の海に死体の島を浮かべる話ぃーっ!!!
…と思ってました。

見どころ:
音楽がカッコいい
音楽の使い方がカッコいい
長回し
>>続きを読む

インスタント沼(2009年製作の映画)

4.5

(おことわり:キ○ガイレビューです。悪しからずご了承ください。)

おい!すげえよ!コーエン兄弟にも「きっとうまくいく」にもひけをとらねえ!
邦画にもこんなに素晴らしいスーパーカルトムービーがあるんじ
>>続きを読む

オー・ブラザー!(2000年製作の映画)

4.0

コーエン兄弟いつもの“神話”です。カルト風味は一番露骨かもしれませんねぇ。

見どころ:
開始早々神様登場
いつものキレた演出
いつもより笑い多め
いつもよりエグみ少なめ
そのぶんパワーは二割減

>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

5.0

完璧。しかも最高。もうどうしようこれ。

見どころ:
ロマンチックSFの最高峰
完璧な世界観
完璧なデザイン
完璧な演出と脚本
量産機という熱さ
予備知識無くても満点

あらすじ:
人造人間レプリカン
>>続きを読む

フル・モンティ(1997年製作の映画)

4.0

“チ○コを出す”と、相当湿気た場も多少ホットになる。どんな野郎のどんな息子だろうと最低限の戦果があがる。まさに奥の“手”。ただそれは、健全な若者がやった場合のこと…。

見どころ:
ダメ中年の底力たる
>>続きを読む

グラン・ブルー/オリジナル・バージョン(1988年製作の映画)

4.5

(おことわり:今回はキ○ガイレビューです。ご容赦ください。また、間違えて完全版のレビューを書いています。ご了承ください。)

男の人生は、アイデンティティー、すなわち精神の拠り所が確立されていなければ
>>続きを読む

クリムゾン・タイド(1995年製作の映画)

3.0

あーぁ、リアリティなんか追っちゃうからもう…トニー・スコットの良さが減っちゃってるぜ。。

見所:
気迫あふれる両雄の演技
潜水艦と魚雷は漢のロマン
リアル路線にしてはボロが多い
緊張感や迫力が空回り
>>続きを読む

>|