昔話法廷 シーズン2のドラマ情報・感想・評価

「昔話法廷 シーズン2」に投稿された感想・評価

ポチ

ポチの感想・評価

4.0
0
NHKの勉強になるドラマ(*´`)♡

"アリとキリギリス"は、何とも難しい状況での厳しい判断だったと思う……
アリさんだって感情があるし、助けるって選択肢しかないって方が難しい💦

"舌切りすずめ"も冷静に状況を聞くと、すずめの知能的犯行にも思える( ºΔº )

"浦島太郎"は諸説あるけど、ホントにこんな男だったなら…女である私は気持ちがわかってしまう(๑´ ³`)¸¸♪

今シーズンもホントに面白い✨笑
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.0
0
『昔話法廷』(むかしばなしほうてい)は、NHK教育テレビジョンで2015年から放送されていた小学5・6年生から高校生対象のテレビドラマシリーズ。
親しみ深い昔話を題材に「もし、昔話の主人公たちが訴えられたら…?」との設定で、昔話の登場人物が現代の法廷で裁かれる様子を裁判員の視点から描いた法廷ドラマを通じて裁判員制度について考える。
シリーズ第2作では、「アリとキリギリス」「舌切りすずめ」「浦島太郎」を題材に、「アリとキリギリス」では何故親友のように仲良しだったアリとキリギリスが仲違いしたのか、「舌切りスズメ」ではスズメがお婆さんに渡した葛籠の中身、「浦島太郎」では何故乙姫が浦島太郎にお爺さんになる玉手箱を渡したのかを、突っ込んで裁判で明らかにしていく中で、昔話の裏面を見ることで「物事の二面性」を見て判断することを学ぶ教育的なショートドラマ。
検察官や弁護士を演じるミムラや国仲涼子や嶋田久作や奥貫薫さんなどの、絶妙な演技も楽しめる。

あなたにおすすめの記事