エンジェルス・イン・アメリカのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「エンジェルス・イン・アメリカ」に投稿された感想・評価

kiki

kikiの感想・評価

3.9
0
出てくる人の半分が病気。
男性はほぼゲイ。。。

エイズの話しだけれど、コロナの今、観ても疫病として通じるものがありました。

良かった。。。

メリル・ストリープは素敵ですね。
non

nonの感想・評価

3.8
0
出演者が豪華なのに惹かれて鑑賞。1980年代NY、人種差別やAIDSなどの社会問題を軸に宗教と絡めた複雑な心理描写と人間模様が描かれていた。天使や夢の描写は妄想なのかもしれないが、スピリチュアル的な感じもあり面白かった。元は戯曲でその作者が脚本を書いているらしく台詞回しが舞台っぽい。俳優陣は皆素晴らしい演技だったけれど、特にアル・パチーノとプライアー役のジャスティン・カークという方がよかった。そして、ちょい役でマイケル・ガンボンも出ていた(笑)
し

しの感想・評価

-
0
多様でカオスなアメリカで世紀末を体感したクリスチャンとして観たかった、とはいえ演技が素晴らしく上手な役者さんが詩みたいな台詞を喋るってだけで見応えあった
アルパチーノかぁっこいい
舞台も見てみたいなぁ絶対面白い
haccabee

haccabeeの感想・評価

4.0
0
映画と両方にデータがある…。ので、以下同文。
登場人物がそれぞれどこかで繋がっていく趣向。天使が人々を見守る系の話かと思っていた。ある意味そうだけど。どことなくコミカルなシーンもありつつ、エイズがゲイの病だと思われていた当時の実情を真摯に描いているのではないかと思う。
アル・パチーノ演じる弁護士は実在の人物だったらしく、自分がゲイであることもエイズであることも否定して壮絶な人物である。彼が見るのは天使ではない。天使を見る人もいれば、そうでない人もいる。プライアーは天使に選ばれたのだろうか。赤いローブがなんかキリストを彷彿とせたけど。でも彼は預言者にはならないんだな。誰しも未来に夢を見て生きていく。変化、そして希望。
How lovely drama!
Andrew Garfield版の舞台もあるのね。
アル・パチーノ、メリル・ストリープ、エマ・トンプソン、ジェフリー・ルイス、パトリック・ウィルソン、メアリー=ルイーズ・パーカーetc.❓❗

普通、映画でもこれだけの主演級・有名な演技派らが揃う事は無い😲

また自分は、エイズや同性愛をテーマにこれほど深く描写した作品を他に知らない…

やはり、理解しようにも入り口のハードルが高過ぎると上辺だけの風潮に流される事になるが、本作はそれを真正面から取り上げている(実際、きっかけはファンのアル・パチーノが主演している驚きと興味が先だった)
hina

hinaの感想・評価

4.1
0
キャストが豪華!
アルパチーノのディアボロスそのまんまの悪魔弁護士とジェフリーライトのゲイっぷりが笑えた。
エマトンプソンのドスの効いた天使も良かった。
源静香

源静香の感想・評価

3.5
0
会話があんま理解できないけど、ひたすら演技に圧倒されるし、天使とか降臨したりして夢中にさせられる。
sakey

sakeyの感想・評価

3.5
0
エイズ、政治、宗教…割と人間関係もゴタゴタしてて重いっちゃ重いんだけど笑えるシーンもあるし、なんか考える作品…ただ私の頭では1度で理解出来なかった()
つまらなくは無いんだけど、誰にでも勧められる作品ではないのは確か。私は好きだけど。

これ舞台版も観てみたい…
TAMAKI

TAMAKIの感想・評価

3.4
0
舞台は1980年代のアメリカ。
政治や宗教、同性愛などにまつわる様々な問題について、現実と幻想を織り交ぜながら描いた群像劇。

全体的に重い話ではあるけど、笑えるシーンもあって見やすかった。

このドラマの1番の見どころはアル・パチーノの怪演ぶり。ゴッドファーザーの時のかっこよさが微塵もなくて驚いた。
>|