怪奇大作戦 ミステリー・ファイルのドラマ情報・感想・評価

怪奇大作戦 ミステリー・ファイル2013年製作のドラマ)

製作国:

再生時間:48分

3.5

「怪奇大作戦 ミステリー・ファイル」に投稿された感想・評価

べりす

べりすの感想・評価

2.1
0
評価高そうで期待したけどホラーだしなあ。個人的には面白くなかった。
ただまじビビらせてくるからねむくなるけいではない!w
matsubo

matsuboの感想・評価

3.5
0
第3話「闇に蠢く美少女」が好きでした。
オリジナルシリーズも観たいです。
1968年に視聴率20%以上を獲得した人気特撮ドラマ「怪奇大作戦」のリブート作品。

まずこのシリーズは、怪奇的な科学犯罪の解決やその裏にある人の心の闇を映し出す、SFサスペンスドラマです。
オリジナル版は全て鑑賞済みですが、今作は様々な所に継承されている部分があった様に感じられました。
グロさや気持ち悪さも(BS放送なので抑え気味に感じますが)しっかりあり、ストーリーも個人的には満足できました。慣れていない人はトラウマになるかもです…。
キャストも豪華だったりするので、中々見応えある仕上がりになっていると思います。
エンディング曲が印象的ですが、特に最終回の「お前なのか…?」の後に流れるエンディングは、ゾクッとが残る余韻に浸らせてきます。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.6
0
かなり昔にやってた隠れた名作ドラマシリーズ「怪奇大作戦」の、4本のみの平成リブート。

オリジナルの方観てないから、継承されるものがなんかあるのかその辺は不明。たぶん、初回見た時に思わず吹き出したほど古臭いオープニングテーマ曲は引き継がれてる部分なんじゃないかと。あのバネ弾いた感じの効果音、時代感じるよねー。

タイトルに漂う少年探偵団やグーニーズ感とは裏腹に、内容としては怪奇現象のような殺人事件を科学的に解析する。改めて見てみると、あれ、この感じ、ドラマCSIのはしりじゃない?というか、時代的にこっちのオリジナルがずっと早いし、CSIここからパクったんじゃないか。。ダークサイドミステリーとか好きな人なら絶対好きな系統。

各話どれもタイトルが不気味で秀逸。漂う江戸川乱歩感。

本作、円谷プロがやってるだけあって、日本独自の特撮で培われた特殊メイクや効果がもうすごいすごい。ハリウッド作品にない、懐かしいグロさがある。特撮美少女戦士ものとかウルトラマンとか、ギリギリこれで育った世代だから、粘つくボンドみたいに溶ける人間にやや郷愁すら覚えるという。

各ストーリーも中々面白い。NHKでやってるからもっと柔らかい内容かと思ったら、第1話の血の玉とか、想像以上にグロくて普通にビビったわ。

今もやってる日曜朝の戦隊モノの話を、そのまま大人向けグロめに色付けた雰囲気に、ドラマ「ガリレオ」と火サスの要素足して2で割った展開。

実際ガリレオでも使われてた電子レンジネタ使われてたし。
火サスみは、捜査過程の容疑者側とのエモーショナルな絡みと、お涙頂戴ラストから。3話のラストはちょっと泣いたわ。。

最終話だけが、少しハンニバルシリーズだとか海外犯罪系ドラマを意識したと思われる、サイコパスと追う側の心理を少し追求してみた流れ。

「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ」

ほんとニーチェのこのフレーズはよく引用されるな。サイコパス扱うドラマでは実感値のある言葉だもんね。

このリブート版もそこそこ面白かったし、オリジナルは評判いいから、めっちゃ見てみたい。
tomomo

tomomoの感想・評価

-
0
再放送に気がつくのが遅くて、#3#4しか観れなかった~!
残念…。
momoko

momokoの感想・評価

3.5
0
2014年の再放送のときに村井さん目当てで初めて見てすごい好きだった記憶が…
BSでやっててまた見たけど最終回の終わり方ゾクっとするしすごい良い
キムトモ

キムトモの感想・評価

3.4
0
こういうの沢山制作して欲しいね…

(ノ-_-)ノ~┻━┻今のさらけ出しすぎる時代じゃ怪奇現象を科学的に🧐🤭なんてバカらしいんでしょうね…
チョマサ

チョマサの感想・評価

5.0
0
第三話 2020/8/15
再放送。タナダユキ演出回ということで視聴。途中から見た。

始めてみるんだけど、原田美枝子、上川隆弘とキャストも豪華なんだな。

妹が『光る眼』オマージュの銀髪だったり、噛まれると白い液体になる描写がグロくはないけどショッキングなのが上手いし怖い。「倉庫のなかで噛み合ってます」のセリフで想像させるのも怖いし、あの女の子が人を噛むのだいぶ怖いんだよな。

登場人物の造形も幼い頃の闇を抱えたまま大人になり、妹に対しての罪悪感を抱えてるのもトラウマの深さが感じられて良かったし、塚本高史の容姿にもピッタリだった。
これは結構な名作だと思う。
次の鶴田法夫演出回も楽しみだ。
【視聴】2016/02/22(月) #4終
【視聴】2016/02/13(土) #2~3
【視聴】2016/01/13(水) #1
これぞ傑作
開けてはいけないパンドラの箱に手をかけた犯人たちの末路は
目を背けたくなる。とくに3話。
>|

あなたにおすすめの記事