Qちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

Qちゃん

Qちゃん

ONE PIECE FILM RED(2022年製作の映画)

3.2

土曜だったこともあり公開初日に観に行った久々のワンピ作品。三歳男児2人と旦那と参戦。私はワンピースあんまり詳しくなく、子供たちも予告編とスタンピード観ただけ。

何気なく上映時間確認したらほぼ2時間!
>>続きを読む

メリエスの素晴らしき映画魔術(2011年製作の映画)

3.8

映画史上初のSF映画であり、世界初の映画の国際的ヒット作であり、その物語性や特殊効果からも後世に大きな影響を与えたジョルジュメリエスの代表作「月世界旅行」。その長年失われていた手彩色のカラー版を完全復>>続きを読む

天文学者の夢(1898年製作の映画)

3.9

ジョルジュメリエスが「月世界旅行」以前に月と天文学者を題材に描いていた作品。

こwれwはwww

これ映画の黎明期の作品とかを全く意識せず観て大笑いした初めての作品かも!!

この月の描き方ww
>>続きを読む

一人オーケストラ(1900年製作の映画)

3.6

1人が分裂しまくって1人オーケストラを結成!演出やタイミングがテンポ良くてニコニコ笑って観ちゃう。なんか初期のディズニーっぽさを感じるコミカル具合。

これだけ連続してメリエス作品を観てると、映画黎明
>>続きを読む

ロベール・ウーダン劇場における婦人の雲隠れ(1896年製作の映画)

3.2

メリエスの原点である手品ショーでありつつ、ちゃんと映像だからこそできるビックリなオチを付けているところに、彼のエンターテイナーぶりと映像の魔術師らしさを観る。

ゴム頭の男(1901年製作の映画)

3.6

メリエス自身の過去作「幾つもの頭を持つ男」と同様のSFXに、遠近法で大小を変えたと思われる視覚効果を追加して、演出の趣向を変えたもの。でもトリック一本釣りじゃなく、ちゃんと笑える話と演出。

一つ手法
>>続きを読む

幾つもの頭を持つ男(1898年製作の映画)

3.7

メリエスの手品ショーを観てる感覚。

自分の頭を外しては机の上に置き、復活した頭をまた外して並べる。ついには本体と3つの首で大合唱。このSFXも自身考案なのが素晴らしい。

演出も盛り上げ上手で面白く
>>続きを読む

Guava Island(2019年製作の映画)

3.7

プエルトリコを彷彿とさせる架空の島グァバアイランドを舞台に、民衆の自由と愛の象徴である音楽が冷徹な資本主義にささやかに打ち勝つ物語を神話的にミュージカルで描く。

島の財産が一握りの人間に集約され、彼
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.9

今更ながら、失踪サスペンスで有名な本作やっと観た。

観る前は「エンタメ映画で2時間半きっつー」と思ってたが、見入って見入ってあっという間に真相究明タイム。我に返ってふと残り時間見たら、「え?まだ半分
>>続きを読む

リス君は歌姫がお好き(1952年製作の映画)

5.0

「ドナルドのジレンマ」にしても本作にしても、私『ゆかいな仲間たち ミッキーに夢中』のビデオで見た子供の頃から、大人向けのディズニー短編が本当に大好き!

本作は、ディズニーが生きた時代の、古き良きオシ
>>続きを読む

フォーリング・ダウン(1993年製作の映画)

3.7

地球温暖化が過ぎて次世代中には人類破滅するんじゃなかろうかと言うほどそこら中で猛暑となっておりますが、みなさまお元気でしょうか。

暑すぎて頭も湧きそうという時に思い出すのが本作。茹だるような夏の日に
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.6

良くも悪くも、かなりアメリカの保守的な地域の特性にフォーカスした、特に地方のアメリカンにウケそうな内容。

私、アメリカに2年は住んでたのに、身近なところでこんなに強く国による経済水準の違いを肌感ベー
>>続きを読む

パリのランデブー(1994年製作の映画)

3.6

この頃寝起きとか仕事疲れた時の休憩にエリックロメール映画観るのにハマってます。この雰囲気と作りとテーマや会話のトーンがちょうど心地よい。あと比較的平易な仏語の会話劇だから聞き取りの練習がしやすい^ ^>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.5

かつて我が妹がこんなことを言っていた。

「あざとい物は嫌いや。『カッコいいやろドヤー』『泣けるやろドヤー』『凄いやろドヤー』は、ハイハイってなって冷める。けど、『可愛いやろドヤー』だけはまじ
>>続きを読む

くまのプーさん ザ・ムービー/はじめまして、ランピー!(2005年製作の映画)

3.4

プーさんシリーズの怖いやつ代表「ズオウとヒータチ」の「ズオウ」って怪物が暴れ回ってるから捕まえて退治しようとしたら、ズオウはホントは可愛らしい仔象のランピーちゃんだった、という。

いつものプーさんワ
>>続きを読む

Emma エマ(1996年製作の映画)

3.1

ジェーンオースティン原作。これ昔観たものの全く思い出せなかったので再見したんだが、、

エマって、、ひたすら迷惑な女だな!
冒頭でも「お節介な娘」って言ってたが、ありがた迷惑にも程がある。得意げに見当
>>続きを読む

モンスターズ・パーティ(2014年製作の映画)

3.8

モンスターズインクのスピンオフ。
冴えないウーズマカッパ主催のパーティーと同日にイケてるサークルもパーティー。
誰も来ない?じゃあパーティー盗めば良いじゃん!
ということで、若気の至り全開のマイクとサ
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.5

トムが職場で魅力的な女の子サマーと出会って吹っ切れるまでの500日。

作風や雰囲気は心地よくて好きなタイプの映画。なんだけど、トムが気の毒すぎて辛い。。これ時間をゴチャゴチャに行ったり来たりするのっ
>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

3.4

101匹わんちゃん(の後に「大行進」って付けたくなる自分に年代を感じる。。)の悪役クルエラ•デ•ビルの前日譚、、、
て、いや待てコラ!めっちゃくちゃ色々無理があるやろうが!何故これがあのクルエラの前日
>>続きを読む

美しき結婚(1981年製作の映画)

3.5

あっははは、コレ一番ロメール作品の中で身に覚えがあるかも!

理想の男との結婚に燃える"一人結婚狂想曲"!
まさに25のサビーヌと同じくらいの20代前半くらいの時に感じた焦りと若さゆえの行動力が私の黒
>>続きを読む

緑の光線(1985年製作の映画)

3.7

いままでのロメール作品の女性キャラの中では一番心情が分かりやすいヒロインのデルフィーヌ。

なまじ綺麗でモテるから男が信用できない。
だから出会いはあっても予防線を張ってしまう。
求めるのは真の王子様
>>続きを読む

劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル(2019年製作の映画)

3.1

ウルトラマンルーブシリーズ終了後の映画版。悪のウルトラマン第2号であるトレギア初登場作品らしい。あとグリージョ初登場かな。

正直、テレスペかなくらいに思えるクオリティ。このレベルならいま円谷イマジネ
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

3.7

最終的な人生勝ち組狙ってガリ勉して周り見下してたら、パーティー三昧の連中も実はめっちゃ勝ち組進路だった!生徒会長ショック!!
↑私も比較的このタイプなんで分かりみ。。

からの、高校生活最後にパーティ
>>続きを読む

ゴジラ FINAL WARS(2004年製作の映画)

2.6

久しぶりにゴジラ。たぶんあと平成ゴジラシリーズのゴジラで東宝ゴジラはコンプかと。

日本製作のゴジラで1位2位を争う低評価の本作。でもシンゴジラでリセットされるまではコレがゴジラシリーズ最終作だっただ
>>続きを読む

ブーリン家の姉妹(2008年製作の映画)

3.6

ヘンリー8世の寵愛をめぐる実の姉妹の愛憎と顛末を描く。フィリッパグレゴリーのthe other Boleyn girlが原作。私がNZに留学する前年にベストセラーだったんだっけな、友達に原作本借りたの>>続きを読む

バクラウ 地図から消された村(2019年製作の映画)

3.5

予備知識なしで鑑賞。冒頭からずっと不気味な音楽と不穏な雰囲気にサスペンスか不条理ホラーかと思わされたが、欧州の理不尽かつ一方的な侵略に曝され苦しんできた南米史を彷彿とさせつつ、なんなら今でも南米の片田>>続きを読む

カーライル ニューヨークが恋したホテル(2018年製作の映画)

3.2

ニューヨークで有名な高級ホテル、カーライルホテルを愛するお客たちとスタッフたちとホテルの物語。

秘密主義、温かみのあるスタッフ、古き良き時代の雰囲気、欧州的な品格がある、などなど、ほとんどの人がベタ
>>続きを読む

Monster Pets: A Hotel Transylvania(原題)(2021年製作の映画)

3.5

モンスターホテルシリーズの短編。
このシリーズ大好き!今作も、短いのにめっちゃ可愛い!6分でめっちゃ和む。

3作目からだっけ?の巨大犬チッチの遊び相手を探すドラさん。寝相が可愛い。なんやかんや面倒見
>>続きを読む

007/カジノ・ロワイヤル(1967年製作の映画)

2.8

もう007/ドクターノオも世に出てたのに、てか出てたからこそやっちゃった、アホみたいな007作品のパロディ映画。本当は普通に映画化したかったようだが、交渉が悉く失敗し、結局は恨み節入りのオールスターパ>>続きを読む

反撥(1964年製作の映画)

3.8

同居する姉の無遠慮な性生活をきっかけにどんどん妹の精神が崩壊していく様と、女が男に感じる脅威や恐怖、嫌悪感を、生々しさやグロさ一歩手前でアート的に描き出している。

オープニングがヒッチコックの「めま
>>続きを読む

フロッグ(2019年製作の映画)

3.6

この予告編見た瞬間に、絶対仮面の元ネタはこの少し前に出た邦画の「ミュージアム」だと思ったし、刑事一家に襲いかかる恐怖ってのでまさか内容もパクりなのかと思ったが、内容は二転三転どころじゃないどんでん返し>>続きを読む

ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷(2019年製作の映画)

3.3

殺しのためのお化け屋敷。
いやもう殺すためにここまで労力かける人いないから。金田一少年の犯人かコイツらか。もはやコッチが上だ。

ライドアトラクションや仕掛け館とかの遊園地系ホラーが雰囲気あって結構好
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.2

トライするたびに微妙な気持ちで見終わる、けど、懲りずに毎度トライしてしまうウッディアレンの作品群。

とりあえず、本作と「ブルージャスミン」と彼の私生活から、ウッディアレンが中年女性をどう見てるかだけ
>>続きを読む

エジソンズ・ゲーム(2019年製作の映画)

3.2

発明王エジソンとウェスティングハウスが、各々発案した電流の普及を争う様子を描く。なので、邦題はエジソンズ•ゲームだが、全然エジソンがコントロールできてない熾烈な争い。未来のエネルギーの根源の覇権争いだ>>続きを読む

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

3.8

自分のロックバンドから蹴り出されたダメ男が成り行きでお堅い一流小学校の子供たちにロックを教える。

ジャックブラック、大体いつもダメ人間な役から始まるけど、彼が演じるとほんと憎めないし、愛着湧くよね。
>>続きを読む

シェラ・デ・コブレの幽霊(1964年製作の映画)

3.7

元々アメリカでテレビシリーズのパイロットフィルムとして撮られたが、あまりの恐怖に試写会で体調不良を訴える者が続出し、公開中止となりお蔵入りしてた幻のホラー作品。

前々から観たいと思ってた本作、まさか
>>続きを読む

>|