ビューティフルライフ~ふたりでいた日々~のドラマ情報・感想・評価

ビューティフルライフ~ふたりでいた日々~2000年製作のドラマ)

公開日:2000年01月16日

製作国:

再生時間:54分

4.1

「ビューティフルライフ~ふたりでいた日々~」に投稿された感想・評価

Utopia

Utopiaの感想・評価

4.7
0
カリスマ美容師の青年と図書館に勤める車椅子の女性との淡い恋を描いた北川悦吏子脚本による大ヒットドラマ。
泣ける、名作すぎる。王道な展開だけど二人の透き通った美しい愛に心打たれる。当時のヘアスタイルやファッション、2000年の東京の街並みも絶妙。そしてキムタク最強。カッコ良すぎ。常盤貴子さん水野美紀さん渡部篤郎さんみんな良い。
minefilm

minefilmの感想・評価

-
0

このレビューはネタバレを含みます

ちょっと強気で負けず嫌いな女性と夢に向かって突き進む優しい男性の恋愛物語。配信サービスで配信していたので鑑賞。

北川悦吏子さんらしい台詞が随所にあり、内容は普遍的といえど少し恥ずかしい台詞もあった。今の時代と価値観が違うからかもしれない。何より、二人が織り成す空気感や会話内容が終始可愛かった。
木村拓哉さん演じる柊二が、本当に優しくて素敵な人だった。

この時代に流行っていたトレンディドラマ、他にも沢山あるので観てみたい。
OMOCHI

OMOCHIの感想・評価

5.0
0
常盤貴子と木村拓哉
よかった!

あのオレンジ?茶色のジャケット🧥な!
にゃこ

にゃこの感想・評価

4.5
0
記録用

この作品も好き。
自然なドキドキに魅かれる、それこそドラマの醍醐味だと私は思ってます。
心

心の感想・評価

5.0
0
本当によかった。
このドラマを超える作品には今後出会えないと思う。
常盤貴子さんがひたすらに可愛い。
magoーtk

magoーtkの感想・評価

5.0
0
ロンバケからの流れで。
これも中学生のときYouTubeで見て以来だから9年ぶりの視聴。
今回はちゃんとTSUTAYAで借りてきた。
これはあのときもドハマリした記憶。
今回も負けじとドハマリ。

役者の声の魅力。
控えめだけど叙情的な劇伴と北川悦吏子の等身大のセリフが、
木村拓也と常盤貴子の持つ稀代の美声をひきたてる。

木村拓也の声は破滅的に優しい。
常盤貴子の声は切実さを越えて明るい。

このドラマはラブコメじゃなくて、
いわゆるヒューマンラブストーリーだけど、キュンの濃度も天下一品。
トイレの前のキスをはじめたまらない。

生活の息が感じられるというか、
妙にリアルに感じ取れる二人の登場人物の重量の感覚が、終盤辛く悲しい気持ちを残していく。
名作。

木村拓也の演じた役のなかだと瀬名の次に好き。憧れ。あーいう男になりたいよ。
MH

MHの感想・評価

4.0
0
そういえば一時期きむたくのドラマばっかみてたんだな。しょうがないよね自然の摂理的な(?)
ニコリ

ニコリの感想・評価

4.0
0
みてた、みてました!
毎週楽しみにしてリアタイで。
常盤さんが美しくて、だから切なくて、でも見たい。
美容師という職業には、相当好印象になったし、モテるのもわかるな、と。
mame

mameの感想・評価

3.1
0
死化粧する時悲しくて悲しくて美しくてほんとに泣く。主題歌も良い。
K

Kの感想・評価

3.8
0

このレビューはネタバレを含みます

バリアフリーを世間に浸透させ美容師志望者数を爆上げしたドラマ
1話で死ぬことが既にわかっていたしド直球の展開だったので個人的にはそこまで好きではなかったけど、車椅子の苦悩をそのまま描くというより、車椅子を通じて「過去に拘泥する足かせ」みたいな誰もが抱える悩みを押し出して描いていたのがよかったなあと

ネットが色んなものの壁を無くしたからこそ、壁だったり分断を描くことが難しいんじゃないかなあって。だから鬼滅、呪術廻戦みたいに主人公に一昔前よりエグいほどの心理的負荷や重荷を背負わせることで高い壁を越えさせようとするアニメが人気なのかな?っていう独り言
>|

あなたにおすすめの記事