古畑任三郎 FINAL 今、甦る死のドラマ情報・感想・評価

古畑任三郎 FINAL 今、甦る死2006年製作のドラマ)

公開日: 2006年01月03日

製作国:

4.1

「古畑任三郎 FINAL 今、甦る死」に投稿された感想・評価

ゆう

ゆうの感想・評価

4.0
0
いつもとは違う展開。
藤原竜也の無邪気さ、そして石坂浩二の恍惚さのバランスが絶妙であった。
古畑と石坂浩二の会話はとても深みがあって見応えがありました。
まりも

まりもの感想・評価

3.8
0
今時、古畑任三郎を観ている人なんて、わたしぐらいではないのかな。はあ、今更ながら終わってしまうのが哀しい。
オープニングから音楽までハマってしまい、すっかり古畑ロスです。

『今、蘇る死』
非常に練られた脚本で、途中からそれに気づき愕然となります。
藤原竜也さん、子どもっぽい男子役がとても似合ってました。笑うと八重歯がなんともかわいいですね。
傷ついた古畑が、「甘いものが食べたいな。食パンを丸のまま焼いてアイスクリームとメイプルシロップかけてチョコレートソースを少しだけ…」と言うセリフがものすごく好き。
YoshiHide

YoshiHideの感想・評価

4.0
0

このレビューはネタバレを含みます

藤原竜也の回、2回連続自殺者が出てしまって落ち込む古畑任三郎がスイーツを食べたいと呟く。「熱々の◯◯にバニラアイスクリームを載せて△△ソースをかけて…」
ゆか

ゆかの感想・評価

4.5
0
キャラが皆すごい。笑 またこんなドラマして欲しいなぁと思う。
HHHHHH

HHHHHHの感想・評価

5.0
0
日本のドラマでこれに勝るものはないと思ってる。
役の名前で呼んでしまうほどの演技力。また再放送して欲しい。SMAPとさんまが出たやつは面白かった。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.6
0
落ち込んでゴテゴテのスイーツ食べたいと言い出した古畑が可愛すぎる。。
藤原竜也の出てる作品で1番すきな犯罪者。粘着質な喋り方が超気持ち悪かった。

やっぱり古畑任三郎はイケメン。
Deち

Deちの感想・評価

4.0
0
シーズン重ねるごとにパワーダウンしていったのは否めない。
石坂浩二の話は好き
nao

naoの感想・評価

5.0
0
古畑任三郎が終わってしまうと知って泣いた気がする…
最終回に相応しいゲスト3人で、特に松嶋菜々子ちゃん大好きな私としてはストーリー含め大満足でした。
こんなにも心踊る刑事ドラマ、また観たいなぁ。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.7
0
第1夜「今、蘇る死」
堀部パンの社長である伍平が熊に襲われて死に、甥に当たる大吉(千葉哲也)が社長に、その弟である音弥(藤原竜也)が副社長に昇格することになった。大吉は社長に就任すると同時に工場の裏山を売却してレジャーランドにする計画を始動、リゾート開発に否定的だった音弥と対立する。そんな中、音弥は郷土資料館で館長の天馬恭介(石坂浩二)を手伝っているうちに1冊のノートを発見する。それは、彼自身が小学生時代に推理小説に熱中していた頃に書いた「人の殺し方」がびっしり綴られている自由研究のノートだった。音弥は、その中から選び出したいくつかのトリックを使って大吉を殺害する。捜査に訪れた古畑は早々に音弥の犯行と看破するが、その音弥は猟銃の暴発事故により命を落とす。
人気刑事ドラマ「古畑任三郎」完結編。
第1夜は、この地方に伝わる「あの世節」に見立てた連続殺人事件や密室トリックなど金田一耕輔もののオマージュ。
藤原竜也、石坂浩二、イチロー、松嶋菜々子の好演が、印象的。
>|