古畑任三郎 FINAL フェアな殺人者のドラマ情報・感想・評価

古畑任三郎 FINAL フェアな殺人者2006年製作のドラマ)

公開日: 2006年01月04日

製作国:

4.1

「古畑任三郎 FINAL フェアな殺人者」に投稿された感想・評価

てつへい

てつへいの感想・評価

3.8
0
イチロー登場会。若。
イチロー(イチロー)となる、そのまんまキャスティングです。
イチローが良く見える(悪く見えない)ことを主眼としてます。
nekopug

nekopugの感想・評価

4.1
0
久しぶりにみたら割とビミョウやった(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
もーーー

もーーーの感想・評価

4.0
0
過去鑑賞として記録。

イチローがイチローとして出演しているレアな作品。
当時すごいはハマって、モノマネで1人古畑できるくらい鑑賞した。
古畑finalかつあのイチローが犯人役!ということで放映当時大変話題になった1作。イチローの演技も悪くないです。古畑が疑惑をひとつひとつ紐解いていく様がやはり面白い。
古畑任三郎シリーズに本人役で登場するのはSMAP以来。その魅力は三谷幸喜がその人物をどのようにキャラ付けするかというところにかかっているのですがスマップ編に比べて少し直球過ぎた。もう少し悪意を込めた人物設定でも良かったかも。
ゆう

ゆうの感想・評価

4.0
0
現役メジャーリーガーのイチローさんが出てるなんてそれだけで見る価値はあります。
立ち姿や振る舞いがほんとかっこいい、まさにスーパースターです。
河原で野球しててイチローが現れたらもう鳥肌ものです。
おひさ

おひさの感想・評価

2.5
0
記録

イチローの演技は さて置き
イチローに演技させたのは すごい。
えの一

えの一の感想・評価

4.4
0
地下駐車場で車の中で薬飲まして殺すシーン、友達とマネしてキャッキャしてました。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.6
0
イチローが頭おかしい役にイチローって名前で出るもんだから、ちょっとイチローご自身のイメージとして定着しそうで危なかった。。古畑さんの前置き聞いててもこれだよ。。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.6
0
第2夜「フェアな殺人者」
警察を退職してから「バリトンホテル」の警備員として働いている向島を激励しにホテルを訪れた古畑と今泉、西園寺の前に、帰国中のメジっャーリーガー・イチロー(本人)が現れる。実は向島はイチローの異母兄だたのだ。その夜、前々から向島を脅迫していたフリーライターの郡山繁(今井朋彦)がホテルを訪れる。郡山の所業に堪忍袋の緒が切れたイチローは、郡山を刺殺して自分も死のうと考えていた向島から自殺用の毒物であるストリキニーネを取り上げ、それを使って郡山自身に選ばせ服毒死させた。捜査担当となり再び「バリトンホテル」を訪れた古畑は助手席にわざわざ残しておいたかのような火が付かないマッチの箱からイチローを事情聴取。会ったことも現場に居たこともあっさり認めるイチローに、嘘を嫌う清廉で強い意志を見た古畑は、大リーガーからの”完全試合の挑戦”を受けたとして、真っ向から状況証拠固めに徹し応戦してゆく。
イチローならではの強肩と俊足を生かしたトリックと知恵比べが、良かった。