戦国自衛隊・関ヶ原の戦いのドラマ情報・感想・評価

「戦国自衛隊・関ヶ原の戦い」に投稿された感想・評価

nori007

nori007の感想・評価

3.5
0
1979年版、2005年版、と続けて見てきてドラマ版を視聴。
たしかに面白い!いや「戦国自衛隊1549」があまりに酷かったのでそれに比べたら遥かに面白い。「戦国自衛隊1549」の翌年にテレビで放送となった今作。

このドラマでは関ヶ原の戦いがメインとなる。石田三成と徳川慶喜の天下分け目の合戦で戦国の世を誰が統一するかにかかっている。

タイムスリップした自衛隊は、渡部篤郎は石田三成と成り代わり新たな歴史を作ろうとする。鍵となるのは小早川秀秋だ。史実では秀秋の裏切りによって徳川が勝利する。

いちおうの主人公、反町隆史。存在感はあるもののいったい何をしたいのかわからない。
仲間の大半は石田三成側についたというのに、反町は中立である。

家康に酷いことをされておきながら秀秋を家康側につかせ、自分は石田三成=渡部篤郎に加勢する。お前さあ支離滅裂じゃねえかよ。

まあ結果はさ、仕方ないところに落ち着くのだがちょっと反町が優柔不断のヘタレだったな。ただ夢を見させてくれるというか、合戦シーンも多くとてもよかった。

もちろん、前編後編なので長すぎるのも難点だ。2時間ものにすべきだったろう。
若き、藤原竜也
個性派、渡部篤郎
先生が抜け切らない反町隆史と頑張ってます。
だいすけ

だいすけの感想・評価

2.0
0
続編としてのアイデアは抜群に良いのだけれど、ストーリーになんの進歩もないのが残念。津川雅彦、長門裕之、南田洋子の共演は特筆!
まーくん

まーくんの感想・評価

3.6
0
70年代の映画、2005年のリメイク映画「戦国自衛隊1549」に続く前後編二部構成のスペシャルドラマで長編作品となり、ドラマ独自のアプローチで展開。個人的には主演の反町隆史や佐藤江梨子、渡部篤郎や藤原竜也など新旧豪華キャスト陣を惜しみなく投入しているこのドラマ版が好き。なお、南田洋子の遺作品でもある。

あなたにおすすめの記事