仮面ライダーセイバーのドラマ情報・感想・評価・動画配信

『仮面ライダーセイバー』に投稿された感想・評価

たろうさ

たろうさの感想・評価

3.8
0
OPが個人的に凄く好きでした。
好きなフォームとか結構ありました。
仮面ライダーがちょっと多かったかな〜って印象ですね
ピーピー

ピーピーの感想・評価

1.5
0
こんなつまらない仮面ライダーとは思わなかった。仮面ライダーも多すぎて、それぞれの個性を活かせてない。毎週見てたがまさかの、仮面ライダーを見続けるのが辛いなんて…
摩睺羅伽

摩睺羅伽の感想・評価

2.0
0

このレビューはネタバレを含みます

悲しい結末に苦しんでるドラゴンを救う回はかなり良かった。急に帰ってきた賢人が暁美ほむらみたいになってた時もわくわくした。
あと全部ダメ。みんな坂は好きらしいけど私は坂もあんま好きじゃない。
ゴーストはキャラ立ちだけで乗り切れたから期待したんですけどね…一年通して見たはずなのにかわいいと思えるキャラひとりもいなかったし登場人物の名前を覚えられもしなかった。トーマと賢人と倫太郎と…なんかカッパみてえな小僧と…子連れのおっさんと…知念里奈と…お兄様お兄様うるさいやつとそのお兄様と…あと忘れた…

どうでもいいけど、コロナ禍だからこそ紡がれた物語だというのに「主人公は小説家だが頑なに原稿用紙をやめないので編集がわざわざ原稿を回収しに出向かなければならない」って設定はどうなのよ。
アドラ

アドラの感想・評価

1.0
0
令和ライダーで1番酷い。ゼロワンやリバイスよりもつまらない。
コロナ禍という言い訳も通じない程に。
やはり福田さん脚本の仮面ライダーは面白くない。
折角聖剣やライダーのデザインはカッコいいのに。
レオ

レオの感想・評価

2.9
0
モチーフが剣士×本ということで、第2話で初登場のバイクの名前と音声が『創刊!ディアゴスピーディ!』だったところが私の一番盛り上り所でした。
『毎号特別加速!』って元ネタ完全にアレじゃないですか。
でもストーリーは毎号加速に反して盛り下がってました。
というか一年クールなのにそれ以降バイクの出番全然なかったのは何故…。

キャラクターが多く、最後まで人物名とライダー名が一致せずゴチャゴチャになり覚えられませんでした。
そしてもちろん多いが故に思い入れもなく…。
基本的に仲間内の内輪もめが多いのもげんなりだし、そもそも味方組織に問題あり過ぎなのでそっちでどうにかしてくれー!って感じ。
必ずどこかでいざこざが起きているので解決してから次に進んで頂きたい。
ラストでやっと全員力を合わせ始めた所から面白くなってきたけどその時は既に最終章だったのだ…。

仮面ライダーシリーズには珍しくエンディング曲があり、東京スカパラダイスオーケストラに併せて踊るのはストーリーに反して平和。
わちゃわちゃするカットも本編ストーリーに併せてキャラや動きがマイナーチェンジされるからチャプター飛ばさずにここだけは毎週欠かさず観てました。
づっか

づっかの感想・評価

3.5
0
デザスト推し
デザストすごくいいキャラしててめっちゃ好きなんだけど出番が少なすぎるんだよな…
蓮とデザストのあの闘いは泣けるし最高すぎる
ファンタジー色がかなり強い…
最終話付近の剣士達がボコボコに倒される絶望感みたいなのはみててしんどいけどよかったわ
仮面ライダーめっちゃ多いな
仮面ライダーが多いせいかなんかキャラの渋滞が起きてたような…w
なんだろうな、なんか微妙なんだよな
戦闘シーンは結構よかったわ

物語の結末は俺が決める
とこ丸

とこ丸の感想・評価

-
0
メルヘンな雰囲気があまり好きではありませんでした。最後まで見ていないので評価はしません。
T

Tの感想・評価

3.0
0
ライダーの造形はカッコ良いのだが昭和の子供からしたらこれは忍者キャプターだ。

脇も含めて歴代ライダーでその後も俳優として生き残ってるのは、最初からちゃんと演技が出来ているんですよ。その場しのぎのイケメンだけでは1年保ちません。見続けるのしんどかった…。
7mi

7miの感想・評価

3.3
0

このレビューはネタバレを含みます

序盤〜中盤にかけて賢人のカリバーへの異常な執着や飛羽真裏切り者疑惑など非常に厄介かつキャラの感情・思考がストーリーに動かされすぎてしまっており悶々とする時期があります。しかし、ユーリ登場から何とも言えない感じで仲直りをするなど少し強引な部分がありながらも軌道修正されていき、倫太郎がけじめをつけに行くあたりで面白さがでてきたと思います。
唐突に絡み始めたのが残念ではありますが綺麗に締めたデザスト×蓮やネガティブの極みだった賢人くんの復帰など山場が数多くあり、終盤は最高だったと感じます。また、ボスキャラが魅力的で、ラスボスのストリウスの絶望や悲しみは胸に刺さります。

今まであった敵キャラが最期に笑みを浮かべる描写がラストに活かされるとは思いもよりませんでした。ストリウスにとって本当の英雄(救世主)になるEND…好きです。

p.s:Vシネを見た時にあまり良くないと思っていたセイバーのキャラ達のことを好きになっていたことに気づきました。そんなに酷くなかったのかもしれません。もう一度見て判断したいと思います。
録り貯めてたこれもやっと鑑賞。
前作に続き設定に溺れてるイメージ。そもそも剣士×小説家じゃなくて、剣で戦う人達×本書いてる人やん。ゼロワンほど設定活かしきれてないんですよね。しかも序盤が戦隊モノかよっていうノリで全然ライダーノリじゃなかったし。多人数ライダーは過去作にもありましたが今回ほどどのキャラも立ってなくてただただ設定と役割だけの烏合の衆なメンツなかったんじゃないですか?ひどいwしかもソードオブロゴス?あいつらも全然クソ組織クソメンツだし。前半ほとんど誰も助けずただただ「カリバーとケントくん」言うてるだけで私情がすぎるでしょwww
で、そんな前半から後半になって急に話のノリが変わってライダーさが出てきて持ち直してましたけどアドバンテージ覆せず。という感じでしょうか。メギド共が空気すぎるし。デサストは確かにみんな好きだと思うんですけど、それも活かしきれず勿体無い。あんなエモいキャラなのに。終わらせ方だけめちゃくちゃ良かった。それが決まってたのならそこまでにもっともっと出番増やして深みを出してくれればもっとエモい最高のキャラになり得たのに…。今作の中で1番しっかりしたキャラだったんではないでしょうか。あのラストにしただけでも頑張ったほうなんだろーなー…残念。あ、後半は倫太郎の叫び芸とマスターロゴスのクズ叫び芸がめちゃくちゃウケました。なんなんだよアイツらww
コロナ禍の作品とはいえ、ロケ現場に既視感があったりCGだったり撮影の大変さは伝わってきますが、設定や内容やストーリーといったキモの部分では言い訳になり考慮には値せず…。結局、個人的にウィザードもそうですが、剣と魔法系のノリのライダーは肌に合わないんですよね…。キック全然しなくて忘れてた頃にやったり、バイクほぼ乗らないし、剣で斬られてもそんなダメージなくて結局大技的な爆発とかで傷付くってのもお約束とはいえ萎えるというか。
結果、令和は2作続いて設定だけの面白みない作品になってしまっているのが残念。
>|

あなたにおすすめの記事