海魔陸を行くの作品情報・感想・評価

海魔陸を行く1950年製作の映画)

製作国:

上映時間:92分

3.4

「海魔陸を行く」に投稿された感想・評価

horahuki

horahukiの感想・評価

3.3
カナザワ映画祭in神戸映画資料館!!
人間に捕まったタコが自力で逃げ出し、故郷の海を目指して陸路を1人進んで行くほのぼの映画!

ちなみに、フィルマでは上映時間92分になってますが、カナザワ映画祭で上映されたのは60分弱でした。

タイトルだけで見るやつ決めてたので、てっきり海に住む化け物が陸に上がって来て、人間をぶっ殺して行く系の映画かと思ってました(笑)何が「海魔」だよ!海外じゃあるまいし。

今回のカナザワ映画祭は『世界UMA怪談大会』というタイトルでUMA映画を特集してたのですが、そもそもタコはUMAなのか…。本作のタコは海水のない陸路を永遠と進んでいけてたし、淡水の中も嫌がりながらも楽勝だったから、ある意味UMAということなのかも(笑)

タコの声をおっさんがコミカルに当ててるから、それだけで見てて面白い!汽車に轢かれそうになりながらも線路を越えたり、カエルと遭遇したり、カマキリの交尾→共食いを目撃したり、蝶を蜘蛛から助けたり、蛇に襲われたりとハプニングが沢山。

そんな感じで、まるでEテレの自然紹介系子ども向け番組を見てる感じ。タコ目線で自然界の厳しさを教える的な。古い映画なので画質はアレですが、実際にEテレで流れてても全然違和感ないレベル。でも、本物のタコが砂場・岩場問わず陸をゴロゴロしながら動いてるので、撮影の時に何匹か死んじゃってるんじゃないかな(^_^;)

白黒で現存フィルムの状態も悪いのか、映像が途切れてるように思えるところもありましたが、この時代にしては声も聞き取りやすいし、内容もほのぼのしてて、なかなか面白かったです!
かめ

かめの感想・評価

3.7
タコ目線のドキチュメンタリーロードムービー、子供向け教育映画!


に見せかけた変態映画、無邪気な狂気が満載である
まず生ダコが主人公という時点で少々アレ
撮影の為、砂地にタコを這わせるなんてことは当たり前
タコへの熱湯攻撃
昆虫の捕食シーン 謎の長回し
タコを崖や橋からすごい勢いで落とす  
タコと熊の決闘
と、まだまだ挙げたらキリがないのでここでやめておく。
この撮影で犠牲になったタコくんは一匹二匹ではないはず。

この作品をリアルタイムで鑑賞していた人間はどんな感想を抱いたのだろうか
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.3
人に捕獲されたタコが、故郷の海に帰るまでを描いた、1950年作のタコの逃避行ドキュメンタリー作。ナレーションがあり、ドキュメンタリーながら作り込みは凄い。逃避行するタコに様々な困難が用意されていて、場面場面で面白みがある冒険活劇。ナレーションがあることで、よりドラマ性が増してます。人がほぼ登場しないのも良い演出。
isopie

isopieの感想・評価

-
特集/映画探偵の映画たち

「吾輩は蛸である」と、山本嘉次郎監督『吾輩は猫である』の徳川夢声がナレーションを担当している洒落。

『キングコング対ゴジラ』の大ダコは千葉かどこかに陸へ上がるタコがいると聞いて撮影したが、火を近づけたり電気を通してみたりしたがウンともスンとも動かずに苦労したそうだが、この映画のタコはじつによく動くネ。

はたして映画が終わるまでにチャトランならぬ何匹のタコが犠牲になったのか。撮影スタッフはおいしくいただいたのだろうか。
神

神の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

魚屋の桶から逃げ出したタコの珍道中。カマキリ(交尾後に食い殺すアレ)を見てショックを受けたり列車に轢かれそうになったりと、陸をひたすら歩き回って大変そうだった。水を発見しても川の水で死んじゃうからとにかく陸を行くしかない。可哀想にも思うけど勝手に逃げたのタコだから。
徳川夢声の心の声も良い。