1950年製作のおすすめ映画 452作品

1950年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、ハミルトン・ラスク監督のシンデレラや、三船敏郎が出演する羅生門、田舎司祭の日記などの作品があります。

あなたにおすすめの記事

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

シンデレラ

上映日:

1952年03月07日

製作国:

上映時間:

74分
3.8

あらすじ

ウォルト・ディズニーの「シンデレラ」は世界で最も有名な童話に基づく物語。胸をうつストーリーと、心に響く音楽、壮大なアニメーション、魅力的なキャラクターたちが、世代を超えて人々を魅了してきた…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

妻に先立たれた男は娘のシンデレラと立派な城に暮らしていたが再婚。連れ子あり。 シンデレラは父親を亡くした後、ママ母に…

>>続きを読む

大人が見ても充分面白かった。 動物の服ってシンデレラが作ってたのね笑 最後の猫vs小動物のバトルとか好きだなー。 ・…

>>続きを読む

羅生門

上映日:

1950年08月26日

製作国:

上映時間:

88分

ジャンル:

3.8

あらすじ

旅法師と柚売りが通りすがりの下人に語り始める――盗賊が森で女を犯し、その夫を殺した。しかし語られる各々の証言は異なっていて。米アカデミー賞名誉賞、ヴェネチア映画祭金獅子賞受賞の傑作!

おすすめの感想・評価

藪の中は闇の中。 初観賞。雨のなかの羅生門(羅城門)、これがもう完璧。圧倒的な存在感を前にして、言葉を失う。そ…

>>続きを読む

黒澤明監督の映画をお薦めされて まずは一本目!! 個人的解釈で超要約すると まじブーメラン映画! 学生の時にやった、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

日記帳+インク壺+ペン+スータン+ベレー帽+マント+自転車+門+口笛+ワイン+パン+ジャガイモ+聖体拝領+ウサギ+気ま…

>>続きを読む

若い司祭の信心と葛藤。 ロベール・ブレッソン。 フランス北部の寒村へ赴任した新任司祭の生活を通し、俗世の残酷さと偏向的…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

売れない脚本家ギリス (ホールデン) は、借金取りに追われる途中、かつてサイレント時代の大女優ノーマ・デズモンド (ス…

>>続きを読む

プールで発見された水死体。 なぜこんなことになったのか… それを紐解いていくお話。 時は遡り、脚本家ジョーと女優ノ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

女優を夢見る若い女性が手段を選ばずスターへとのし上がっていく姿を描く、ショービズ・サスペンスの金字塔的な作品。 映画…

>>続きを読む

ある日、新進女優イヴ・ハリントンはアメリカ演劇界の栄えある賞に輝いた。だが、彼女がここまで上り詰めるには、一部の関係者…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ブニュエルがカンヌで監督賞を受賞したシリアスな傑作社会派ドラマ。 戦前の活動では映画監督というよりシュールレアリストと…

>>続きを読む

目にしているのが耐えられないほどの負の連鎖。 しかし、このおぞましさから我々は目を背けてはならないはずである。 とはい…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【堕ちた天使】 オレの好きなケイパーものでは相当、上位に来る計画犯罪映画。全体を覆うクールでハードなモノクロ映像がか…

>>続きを読む

2022年4月22日 『アスファルト・ジャングル』 1950年アメリカ制作 監督、ジョン・ヒューストン。 他の監督作品…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

日曜日の朝6時50分、ベッドに寝そべって鑑賞 気持ち悪い……ほんとに気持ち悪い……あー放っておいて欲しい……なんで僕お…

>>続きを読む

ディズニーの短編アニメーションです。リスが住む森にキャンプにやってきたドナルド。リスがドナルドの足跡を見つけるところか…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

フランスの詩人ジャン・コクトーがギリシャ神話「オルフェウス』の伝説を基に、生者と死者の禁断の愛を描いたストーリー。 …

>>続きを読む

🔸Film Diary🔸 ▪️本年鑑賞数 :2022-040 再鑑賞 ▪️死ぬまでに観たい映画1001本-516 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

馬面のくせにイケボでお馴染みのボギーさん♡ ほんとカッコイイよね~ 声だけは‪ 。。。(おい‪w) アマプラ開いたら…

>>続きを読む

昔の犯罪映画は、単純なあらすじの中に当時では問題視されていなかった事を無意識に描いているケースがある。 『ガス燈』で、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 月一でヒッチコックをレビューする 「#マンスリーヒッチコック」のお時間です。 今回はアメリカ時代の中期の作品「…

>>続きを読む

2021年11月29日 『舞台恐怖症』   1950年イギリス制作 監督、アルフレッド・ヒッチコック。 ロンドン。…

>>続きを読む

恐るべき子供たち 4Kレストア版

上映日:

2021年10月02日

製作国:

上映時間:

105分

ジャンル:

3.7

あらすじ

ある雪の日の夕方、子供達の雪合戦が熱を帯びる中、ポールは密かに想いを寄せていた級友ダルジュロスの放った雪玉を胸に受け倒れてしまう。怪我を負ったポールは自宅で療養することになるが、そこは姉エ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

端的に言って、確かに死ぬまでに観るべき一作だったかなと。 4Kレストア購入してしまいました。 **** どうも時…

>>続きを読む

「恐るべき子供たち」 本作はジャン=ピエール・メルヴィルがコクトー自身がナレーションを務めるかたちで、1950年に監…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

騎兵隊の生活と活躍を描いた西部劇。  ジョン・フォード監督、ジョン・ウェイン主演、クロード・ジャーマン・ジュニア共演、…

>>続きを読む

「アパッチ砦」「黄色いリボン」に続くジョン・フォード監督「騎兵隊三部作」の最終作で、ジョン・ウェインとモーリン・オハラ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

超好きこれ。 シュニッツラーの同名戯曲の映画化。1900年のウィーンが舞台。この時代のウィーンといえば世紀末芸術や、…

>>続きを読む

🔸Film Diary🔸 ▪️本年鑑賞数 :2022-046 再鑑賞 ▪️死ぬまでに観たい映画1001本-※※※ …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

意外とめっちゃ幌馬車😳めーちゃずっといっぱいの幌馬車!!10〜20台くらいの幌馬車の移動をしつこいまでにずっと撮る!し…

>>続きを読む

1950年ジョン・フォード作品。主役はいつもはフォード作品の脇を固めているベン・ジョンソン。 町に馬を売りにやって来…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

悪魔に魂を売ったファウストの物語に基づく1950年フランス産モノクロ・ドラマ ルシファーの弟子(と字幕にあったけど部…

>>続きを読む

子供から大人まで楽しめそうなイタリアの寓話的物語。 ゲーテの戯曲をモチーフにしつつもオリジナリティあふれる愉快な脚本が…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ジェーン(ジュディ・ガーランド)の営む農場に妹がジョー(ジーン・ケリー)とその劇団を連れて帰ってくる。ジェーンは納屋で…

>>続きを読む

1950年公開の、ジュディ・ガーランドとジーン・ケリー共演によるミュージカル映画。MGMでのジュディ最後の主演作。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

独裁国家にハメられた一人の医師のお話 from イギリス 盗聴は当たり前、国家の為なら人間も消せる。 なんとも恐ろし…

>>続きを読む

アメリカの外科医マルロー(ダグラス・フェアバンクス・Jr.)はボスニア国からの表彰と公開手術の依頼を受ける。同国のガ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

🔸Film Diary🔸 ▪️本年鑑賞数 :2022-048 再鑑賞 ▪️死ぬまでに観たい映画1001本-※※※ …

>>続きを読む

フライシャーの映画は厳格という言葉がよく似合う。全てが計算しつくされ、無駄が何一つない。もはやブレッソン並みにソリッド…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

絵画を映像に転生させるその手腕に唸らされる。連続的な点滅による戦争の演出。妖艶な詩的なナレーションであるのに作品は反戦…

>>続きを読む

ピカソってホントに凄い。大好きな画家。 ピカソのあらゆる作品をコラージュして「ゲルニカ」という映画を成立させている点で…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1950年の作品、バート・カルマーと ハリー・ルビィ、MGMに関わりの深 い二人の音楽家を称した伝記映画♫ 同じ世界で…

>>続きを読む

作詞家バート・カルマーと、作曲家ハリー・ルビーの半生を描いた、フレッド・アステアとレッド・スケルトン主演のミュージカル…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

🔸Film Diary🔸 ▪️本年鑑賞数 :2022-044 再鑑賞 ▪️死ぬまでに観たい映画1001本-※※※ …

>>続きを読む

勇者の赤いバッヂ 南北戦争の新兵を描いた作品。 南北戦争といえば思い出深いのは「グローリー」ですね。デンゼルワシント…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

面影ラッキーホール「私が車椅子になっても」及びグレタ・トゥーンベリ氏の元ネタ(嘘)。ポリオで下肢が麻痺し歩行困難になっ…

>>続きを読む

1950年 アメリカ🇺🇸 アイダ・ルピノが監督として初めてクレジットされた作品 将来有望な若手女性ダンサー、パート…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

悩める科学者が平和のために暴走した話。 ロンドンの首相邸に、国立科学研究所勤務の核兵器研究者ウィリントン教授(バリー…

>>続きを読む

核兵器を巡るポリティカル・サスペンスの元祖? 人類初の核兵器投下の5年後に、 もうこういうのが公開されてるのがアグレッ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

世間の目だけを気にした子供への躾。膝組んでタバコを吸い始める。他人の赤ちゃんを抱くとき妙な違和感がある。我が子のことを…

>>続きを読む

「自分が結婚する為に、我が子を他人に預ける」という行為を、本作では「仕方がない」と、主人公の周囲は感じている。これは現…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

脅えるサンドイッチマンと1950年東京 敗戦から5年後の東京が舞台。 寺尾聰のパパ宇野重吉が、犯罪に巻き込まれるサ…

>>続きを読む

"ロクちゃん"・"ツルっぺ"と呼び合う仲良し宇野重吉・中北千枝子夫妻かわいい。キャスティングからして明らかに低予算だが…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

何処へも通じていないホール。 ジャン=ピエール・メルヴィル。 ジャン・コクトーの代表作を底本とし、コクトー自身がナレー…

>>続きを読む

原作者ジャン・コクトーが脚色に参加しナレーションも務めているジャン=ピエール・メルヴィル監督作。 やっと見ました。 …

>>続きを読む

醜聞(スキャンダル)

製作国:

上映時間:

104分

ジャンル:

3.7

あらすじ

黒澤明(監督)×三船敏郎(主演)の黄金コンビによる野心作!――― 特異な画風とオートバイ愛用者で有名な青年画家・青江一郎は、美貌の声楽家・西條美也子と伊豆の旅館にいる所を写真に撮られた。そ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『羅生門』と同年に製作された黒澤監督作品。 新進の画家と人気歌手がスキャンダルとなる。2人は雑誌社を訴え、裁判沙汰に…

>>続きを読む

 黒澤映画の中ではマイナーで評価も割れているガーエーですが、死と再生を描いた晴れやかな作品です。おそらく名作『生きる』…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ピュリッツァー賞を受賞したブロードウェイ舞台劇をヘンリー・コスター監督が 映画化した心暖まるコメディ。 原題:Harv…

>>続きを読む

🔸Film Diary🔸 ▪️本年鑑賞数 :2022-034 再鑑賞 ▪️死ぬまでに観たい映画1001本-※※※ …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アンソニー・マン監督と俳優のジェームズ・ステュアートが組んだ8本の映画の第1作。 父を殺した犯人を追跡するジェームズ・…

>>続きを読む

ライフル、ライフル、ライフル! 次から次へとエピソードが連なっていくストーリーで、登場人物達の間をタイトルにある伝説の…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ショウほど素敵な商売はない♪+気ままな暮らし♪+ユー・キャント・ゲット・ア・マン・ウィズ・ア・ガン♪+ガール・ザット・…

>>続きを読む

2019年映画始め。 何にしようか悩んだけど、ミュージカル始めになったニューイヤーミュージカルコンサートが素晴らしか…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「むねかたきょうだい」と読みます。 小津さんが松竹ではなく、初めて新東宝で撮った作品。 当時、新聞で連載された大佛次…

>>続きを読む

🔸Film Diary🔸 ▪️本年鑑賞数 :2022-027 再鑑賞 ▪️死ぬまでに観たい映画1001本-※※※ …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アメリカ西海岸のサンフランシスコの名前のもとになった聖人、アッシジの聖サンフランシスコの行った所業の短編集のような映画…

>>続きを読む

鳥にまで説教をしたという、自然を特に愛した聖人のアッシジのフランシスコと彼の弟子たちの逸話集をもとにした作品。 逸話…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

🔸Film Diary🔸 ▪️本年鑑賞数 :2021-751 再鑑賞 ▪️死ぬまでに観たい映画1001本-※※※ …

>>続きを読む

傑作【バニー・レークは行方不明】のオットー・ プレミンジャー監督による【フイルム・ノワール】。 同監督作【ローラ殺人…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2021年12月4日 『旅愁』   1950年アメリカ制作 監督、ウィリアム・ディターレ。 イタリア。 旅の途中、飛…

>>続きを読む

技師のデイヴィッド(ジョゼフ・コットン)とピアニストのマニーナ(ジョーン・フォンテイン)はイタリアで出会い恋に落ちる。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

タイトルと口髭のゲレゴリー・ペックの本作の写真は昔から見ていたものの今回初鑑賞。 モノクロ・スタンダードで画質がかなり…

>>続きを読む

西部一の早撃ちでならず者として恐れられたジミー・リンゴ(グレゴリー・ペック)は足を洗い、家族と平和に暮らそうとしていた…

>>続きを読む
>|