幸せの絆の作品情報・感想・評価

「幸せの絆」に投稿された感想・評価

なん

なんの感想・評価

3.7
中国語の授業で見た。
授業中だったけど泣いた。
家族って認められるシーンは最高。
ただ、中国映画って演技大袈裟な気がするんだけどそれが嫌な感じじゃなかった。
☆☆☆★★★

中国発の素朴な人情と家族愛の物語。

これは“来ます”よ、泣き度がかなり高いですね。何と言っても子役の女の子が上手すぎる。そりゃ泣くって°・(ノД`)・°・

“風車”を筆頭に“様々な料理”“洋服“イナゴ”等の数多くのキーワードが、後半に畳掛ける様に押し寄せて来ます。そりゃ‘鬼嫁の眼にも涙’ってもんです。
【村長】も善い人だし、【元気おばさん】も善い人。おじいさんが言う「例え生活は貧しくても、幸せなのが一番。」とゆう考え方は、原題の【暖春】の、おそらくは“いつか必ず春はやって来る”と思われる言葉に繋がります。

《血より濃い愛》の物語がここにはあります。

(2007年7月29日銀座シネパトス1)
hirokikan

hirokikanの感想・評価

3.5
近頃珍しいフィルム上映で、しかもかなり傷みが激しいものだったので、相当前の映画かと思ったら、2003年制作とあって驚いた。
中国で大ヒットを記録した「大催涙弾映画」らしいが、そこまでは泣けなかった。
お涙頂戴映画の定番ストーリーで、中国版「おしん」と言われるのも分かるが、至る所で大河ドラマのような壮大な音楽が流れ、これが感動をスポイルしている気がした。
あんこ

あんこの感想・評価

3.3
中国語の勉強の為に。
主人公の小花の泣く演技がすごく上手でもらい泣き。