未練の波止場の作品情報・感想・評価

未練の波止場1958年製作の映画)

製作国:

上映時間:49分

3.9

「未練の波止場」に投稿された感想・評価

mingo

mingoの感想・評価

4.0
なんと助監に西村昭五郎。二谷英明主演と考えるとなるほど67年「花を喰う蟲」に繋がるのか。宍戸錠はこちらも67年「東京市街戦」に。西村のヌーベルバーグ的手法は松尾昭典からきていたのか。そういえば「ゆがんだ月」も松尾か。点と点が線になると気持ちいい。松山恵子のヒットメロディを映画化した歌謡映画とあるが世界の映画年代的にヌーベルバーグを意識していたのかどうか気になるところ。そうなると日本ではだいぶ先取った作品になる。繁華街、ドライブウェイ、砂浜、横須賀の当時をきりとった風景にキレがある。観音崎ホテルや浦賀ホテルのチープさに、京浜急行地帯の雰囲気は当時から変わらずでエモい。一般大学時代を思い出した、、
48分という短さも実に良い。「星はなんでも知っている」との歌謡映画2本との組み合わせも完璧。(劇中の映画でも主演は二谷英明)隠れたリビドー映画の習作でもある。
カ

カの感想・評価

4.0
二谷英明様がかっこよすぎますね
渋い お酒とタバコがすごくカッコよく見えてしまった