赤胴鈴之助 月夜の怪人の作品情報・感想・評価

「赤胴鈴之助 月夜の怪人」に投稿された感想・評価

Milkiti

Milkitiの感想・評価

2.7
前回の方が好き。
と言うか今なら一本にまとまってる長さの後編。
とにかく謎の竜巻が手から出てきてみんなが倒れるというのにはびっくり。
「当時はあぁいうのが流行ったのよー、手から竜巻。」と、一緒に見ていた母。

うそん。明らかに変ですやん。
でもまぁ漫画やからいいのかな。色々一件落着で、なんか爽やかに去っていく竜巻さんがかわいかった。
途中のホーホケキョのシーンでは足をどんどん出すとこも、各々の動物、役者の味の見せ所もそれぞれに面白かった。
第一部から遅れて第二部公開。るろうに剣心とかの半世紀前にやってるんだから凄いよな。
とにかく竜巻さんだよ。竜巻さんがヘソをまげて「鈴之助、俺と戦え」と聞かない。なんというツンデレっぷり。林成年、濃い濃い。
辻切り騒ぎがあり、犯人は竜巻さんか?と疑問があって、探しまわる鈴之助と、ナゾの黒覆面。
名乗れないでいる鈴之助の母に被害がおよんだりして、竜巻さんとも和解、やっとのこと火京物太夫と岳林坊に勝利する。

しかし何と言っても真空斬りだよなぁ。
真空斬りと言いながら斬ってないもんな。手から謎波動を発射する。カメハメ波か?剣をとっては日本一に♪とか良いなが徒手空拳!もはや剣道でもなんでもないけど、これが赤胴鈴之助だ。
頑張れ強いぞ僕らの仲間赤胴鈴之助!