御存じ快傑黒頭巾 第二話 新選組追撃の作品情報・感想・評価

御存じ快傑黒頭巾 第二話 新選組追撃1955年製作の映画)

製作国:

上映時間:83分

-

「御存じ快傑黒頭巾 第二話 新選組追撃」に投稿された感想・評価

怪傑黒頭巾VS新撰組(近藤勇・土方歳三・永倉新八)痛快時代劇!
薩長の軍用金の運搬護衛をする薩摩藩士:山鹿弦一郎→黒頭巾。
対する新撰組は、会津の松平容保から、その軍用金を奪うよう指示されて、軍用金運搬一行を奇襲する。という有り得ない設定。
当然、黒頭巾が勝つに決まっているが、一応1回、軍用金が近藤らに奪われる。
山伏・易者・曲芸師・獅子舞い男など「変化(へんげ)」を見せる弦一郎(黒頭巾)。惑わせているつもりか?
結局、桂小五郎と一緒に軍用金を取り戻して、めでたしめでたし。
主役が勝つのは当然だが、どちらかと言えば新撰組の方が好きなので、ちょっと微妙な結末。
そして、変化(へんげ)しても、大友柳太朗は大友柳太朗。