時代劇のおすすめ映画 318作品

時代劇製作のおすすめ映画。時代劇映画には、黒澤明監督の七人の侍や、有村架純が出演する関ヶ原、羅生門などの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

七人の侍

上映日:

1954年04月26日

製作国:

上映時間:

207分

ジャンル:

4.3

あらすじ

世界中の映画人に影響を与えた黒澤明監督の時代劇。戦国時代の貧しい農村を舞台に、野盗と化した野武士から村を守る7人の侍たちの雄姿を描く。複数のカメラで同時に撮影するマルチカム方式が採用されて…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「残るは13 (人) これは全部村に入れる この前を通りすぎると同時に 追い討ちをかけ 村の辻(十字路)で挟み撃ちだ …

>>続きを読む

三船敏郎さんのこのパッケージ写真かっこ良すぎる。 いつ雨降るんだろうと待ち構えてて、雨が降ってきてテンション上がりまく…

>>続きを読む

関ヶ原

上映日:

2017年08月26日

製作国:

上映時間:

149分

ジャンル:

3.2

あらすじ

西暦1600年10月21日。長く混迷を極めた戦国時代に終止符を打ち、その後の日本の支配者を決定づけた、戦国史上最大の天下分け目の決戦“関ヶ原の戦い”。その決着に要した時間はたったの6時間だ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

石田三成に焦点を当てた関ヶ原。その割りに有名な干し柿エピソードはなかったですね。司馬遼太郎の司馬史観が反映された作品な…

>>続きを読む

大満足‼ まず自分の中での期待値が異常なほど高かった、実際に関ヶ原古戦場跡を巡ったくらいの歴史好き、更に好きな俳優は…

>>続きを読む

羅生門

上映日:

1950年08月26日

製作国:

上映時間:

88分

ジャンル:

3.8

あらすじ

旅法師と柚売りが通りすがりの下人に語り始める――盗賊が森で女を犯し、その夫を殺した。しかし語られる各々の証言は異なっていて。米アカデミー賞名誉賞、ヴェネチア映画祭金獅子賞受賞の傑作!

おすすめの感想・評価

芥川龍之介の短編 『藪の中』と『羅生門』をもとにした黒澤明監督の名作。 日本映画として初めてヴェネツィア国際映画祭グラ…

>>続きを読む

ここ数ヶ月に鑑賞した作品の中で一番良かったかもしれません。恥ずかしながら、初めての黒澤明作品でしたが、予想を遥かに上回…

>>続きを読む

清須会議

上映日:

2013年11月09日

製作国:

上映時間:

138分

ジャンル:

3.2

あらすじ

天正10年(1582年)本能寺の変。一代の英雄織田信長が死んだ――。跡を継ぐのは誰か?後見に名乗りを上げたのは2人。筆頭家老・柴田勝家(役所広司)と後の豊臣秀吉(大泉洋)。勝家は、信長の三…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

関ヶ原の戦いは「天下分け目の合戦」として有名だが、織田信長亡き後、戦国時代に終焉を告げる為の「清須会議」も血を流さない…

>>続きを読む

三谷幸喜脚本・監督作品。 本能寺の変後、織田家の家督を継ぐのは誰かを、柴田勝家、丹羽長秀、羽柴秀吉、池田恒興らの宿老た…

>>続きを読む

のぼうの城

上映日:

2012年11月02日

製作国:

上映時間:

144分
3.4

あらすじ

豊臣軍にケンカを売った、でくのぼうがいた。

おすすめの感想・評価

【"力"に屈したら男に生まれた意味がねェだろう】 実は原作本の方に興味がありずっと気になっていた作品。 文庫版のイラ…

>>続きを読む

【最後まで、戦いを諦めなかった成田長親。】 ★名台詞 成田長親『武ある者が武なき者を足蹴にし、才ある者が才なき者の…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

映画館で観に行きました!公開当時はなんと小学生💦 高評価つづきなのはたまたまです😅 武士 島田新左衛門のもとに、「罪…

>>続きを読む

全然映画には関係ないけどナインティナインのANNから続けてずっと岡村さんのANNを聴いてる。この前のラジオでの不適切な…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

もはや、安倍晴明、野村萬斎抜きには語れない。 もうこの先、安倍晴明と言われたら野村萬斎を想像せずにはいられない。 相…

>>続きを読む

続編はスケールが大きくなりがち。 さなださんは出てこないけど、続編は観た事ないので・・・。 ただ、今作には真田さんよ…

>>続きを読む

超高速!参勤交代

上映日:

2014年06月21日

製作国:

上映時間:

119分

ジャンル:

3.4

あらすじ

江戸期、徳川吉宗の治める時代、お上に無理難題をおしつけられたわずか1万5千石の小藩があった。磐城国(現在の福島県いわき市)の湯長谷(ゆながや)藩である。元文元年(1736年)春、湯長谷藩は…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

いやー、笑えた。 特に西村雅彦、もうツボ。 この策士策士、あんたしかないと担がれて得意になる反面、無茶振りがエスカレー…

>>続きを読む

こちらも久しぶりの再鑑賞。 自分の評価とFilmarksの評価がこれだけ解離するのは久しぶりですが、私はけっこう楽しん…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

フウシュウマ、ヨウジャクレキ、トウショウカ。 フウシュウマ、ヨウジャクレキ、トウショウカ。 フウシュウマ、ヨウジャクレ…

>>続きを読む

陰陽師ってなに? 安倍晴明ってだれ? この人の顔って地味だなー。 …めっちゃカッコイイ。好き。←単純 時は平安時代…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

日本が世界に誇る伝説的な映画監督、黒澤明の代表作としても知られる『用心棒』(1961)を鑑賞しました! 言わずもがな…

>>続きを読む

過去鑑賞記録 ・リアリズムに徹したNOT受け身な斬り方 ・人を斬ったときの効果音 ‾͟͟͞((—̳͟͞͞o ズ バ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

盲目の座頭の身でありながら居合い抜きの達人であるヤクザもの。日本時代劇を代表するアイコン的なキャラクターを生んだ作品『…

>>続きを読む

お前と合った仲見世の 煮込みしかない クジラ屋で… 浅草芸人としての 挟持と才能と。 「座頭市」 北野武監督作、…

>>続きを読む

超高速!参勤交代 リターンズ

上映日:

2016年09月10日

製作国:

上映時間:

119分

ジャンル:

3.3

あらすじ

江戸時代、老中・松平信祝(のぶとき/演:陣内孝則)の差し金により幕府から突然参勤交代を命じられた磐城国(現在の福島県いわき市)の湯長谷(ゆながや)藩。金も人手も時間も無い中、知恵と工夫でな…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

前作の思わぬヒットで味をしめて急ごしらえで作った感じが個人的には強く感じます。そのせいからかどうかは分かりませんが、最…

>>続きを読む

行ったら帰るは当たり前! 2日で帰るも朝飯前!? 「超高速参勤交代」の続編。今回は、江戸で1年滞在した後の復路のお話…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

戦に敗れた侍大将が、姫と軍用金200貫とともに同盟国へ逃れるため、敵陣を突破する娯楽活劇。 冒頭、侍大将を演じる三船…

>>続きを読む

これまた楽しい見ごたえのある娯楽作品です。黒澤映画って、見る前は巨匠の芸術作品かと身構えてましたけど、実際は見る人をト…

>>続きを読む

壬生義士伝

製作国:

上映時間:

137分

ジャンル:

3.7

あらすじ

愛する者のために涙を切り、人を切る――― 浅田次郎の同名時代小説を『おくりびと』の滝田洋二郎監督が手がけた時代劇大作。 幕末の世、新選組に入隊した盛岡・南部藩出身の吉村貫一郎の波乱の生…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

基本オタクなので中高生の頃にもちろんハマった新選組。 歴史小説とか読み漁ってて、こちらも原作は既読済。 新選組でもマ…

>>続きを読む

盛岡から来た壬生の狼 新撰組にこんな男がいたとは! けっこう血生臭いシーンが多いけど 滝田監督らしいユーモアもあるし…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

姫路城と松本城と名護屋城を行き来するおはなし。 家督相続や怨恨、領地拡大というそれぞれの思索が乱れに乱れ、合戦は血…

>>続きを読む

大学4年の在学中、生涯で最初に体験したプロの撮影現場が『乱』だった。 聞いていた黒澤神話と違って、助監督に対する以外は…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

@ 大阪ステーションシティシネマ~午前十時の映画祭9~   人生ベスト級。5億いや5兆点。純粋な「面白さ」に、どこま…

>>続きを読む

あなたは少しギラギラし過ぎてますね。鞘に入っていない抜き身みたいに。でも本当にいい刀はちゃんと鞘に入ってるものですよ …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

深作欣二監督のSFやファンタジーの中では極めてマトモなのは角川春樹の「看板娘(薬師丸ひろ子)にサムい感じにしたら承知し…

>>続きを読む

薬師丸・快感・ひろ子が八つの光る玉を保持する犬士を集めて夏木・つるとんたん・マリを退治しに行く冒険奇譚。いいなぁ、薬師…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

名作『羅生門』に出て来る盗賊、多襄丸をモチーフにした本作・・・"そして、どこまでも自由"と語ってる様に、型破りな中野裕…

>>続きを読む

萩原健一が出た最後の映画らしいので期待せず見てみたが、案の定酷いものだった。 最初のシーンから衣装とか演出とか色んな…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

短評です。 とにかく残酷な拷問の映画を撮れ!という現在のメジャー系ではおよそ考えられないお達しによって製作されたエロ…

>>続きを読む

2話オムニバス、1話目が俺らが観たかったスコセッシ『沈黙ーサイレンスー』で2話目が俺らが観たかった川島雄三『幕末太陽傳…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【シネマメモ帖 「宮本武蔵」(1961)の錦之助がカッコいい】 「STAY HOMEをCHANCEに変える」 とい…

>>続きを読む

三國連太郎さんが他界されてから、今日でちょうど5年が経過。 晩年はもっぱらスーさんの温厚イメージが先行しますが元来は…

>>続きを読む
>|