ピラナコンダの作品情報・感想・評価

「ピラナコンダ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

ピラナコンダのビジュアルが絶妙に気持ち悪くてよい。だが、ピラニア要素をもう少し見せてほしいと願うのは酷であろうか。ぜひ、シャークトパスを見習っていただきたい。


ピラナコンダに喰われると血が霧散して辺りを覆う演出はB級らしくて◎。作中でもB級映画の撮影チームがおり、メタ的な言及にも痺れる。

ガンナーは名前のせいか銃殺。
たまき

たまきの感想・評価

1.1
ピラニアとアナコンダでピラナコンダ…そんな映画。

CGが酷いので、ピラナコンダが出てこないシーンを楽しむべき作品。
ピラナコンダに喰われる予定の人間達のドラマシーンは、特筆する箇所はないが、ついつい見てしまうくらいのクオリティ。
なんか悔しい。

そもそも、ピラナコンダさんに思ったよりピラニア要素がない。

変なZ級映画に手を出すくらいなら、普通にアナコンダを見た方が良いと気づかせてくれる、そんな作品。
とてもくだらない。内容も全くと言っていいほど無いので、頭を使いたくない時に見る映画。1番問題なのはCGがチープ過ぎてモンスターが画面にマッチしてない
登場人物たちはピラナコンダになすすべもなく殺される。
それはこの映画におけるメインキャラクターでさえもだ。
追い詰められて死ぬ者、突然死ぬ者..。

普通人は死に方を選べない。
死という圧倒的な力を前に人間は無力なのである。
あまりにも不条理に人を殺す姿を見ていると、ピラナコンダが死そのものではないかと思ってしまう。
いつの間にか忍び寄り命を食らうもの..

ピラナコンダ..次はあなたの元に現れるかもしれない..

まとめるとすっげえつまんなかったです。
殺し方が単調、ストーリーもお粗末、2匹目の登場のさせ方が下手すぎ、逃げるか戦うか2転3転しすぎ、で文句しか出てこないやばい映画
唯一笑ったのはボスの女が ピラナコンダ...てシリアスな顔で言うとこ。いやお前クソ緊迫したシーンでなに命名してんの
突然変異によりヘビ映画界に現れてしまった珍種。ピラニアとアナコンダのハーフみたいに扱われるが、ピラニア感はほぼない。顔面が変わった形しているデカいヘビである。

カニ、カエル、ピラニアなどの動物の映像が無意味に差し込まれるが、映像として綺麗なので小休止にもってこい。まさかこれを考えて? とも思ったが、単純に資料映像を挟み込んだだけだと思われる。

最初、アマゾンの話かと思ったらハワイの話でびっくり。そりゃ確かに所々隠しても隠しきれない舗装された道が映るわけだ……。

内容的に光ったところはないが、最初は嫌いなキャラだった金髪が、なぜか徐々に好きになる。多分、みんなが真面目にやっている中でふざけた性格をしている彼女がギャグ映画感を醸し出すことに癒されていたのではないかと推測される。

ビキニのおねーちゃんは結構画面に映るし、ヘビも結構出る。退屈はしないかもしれないが面白いかどうかは保証できない。
mamo

mamoの感想・評価

1.9
まぁ、雑ですわな。
全て薄ーーーーい味付け。
ラストもまた薄味だけどあれはあれでいいかもw
kanalope

kanalopeの感想・評価

1.0
ピラニアシリーズ観た結果、オススメに出てきたので鑑賞。
B級モンスター映画は大抵余裕で喜べるんですが、これはちょっとだめだった、、

バラすとどっちも良さげな映画あるからかしら。
絶望的に面白くない。

もっとこう、あっただろうに。

おっぱいだけだよ、この映画。
始まりからハイテンションなオープニングソングではじまった本作。
ピラニアの受け口とテラテラ光るアナコンダの体をもつ黄色い巨大生物と大放出される巨乳水着美女(エサ)が魅力でした。
他にも、ちょいちょい人が居なくなるのに大して気にしない人々や、銃声と共に傷口へ向かって飛び散る血糊、逃走時何度も振り返りながら「しつこいな」と言うキャラクターと反して何度も映し出される何も追ってきていない背後の映像など、魅力は沢山あります。

しかし、この映画、マイケル・マドセン氏の出演料や壊れたヘリ、無駄に出てくるちょい役巨乳美女(エサ)に予算使い果たしてしまったのではないかと疑いたくなりました。

でも総合的にいうと趣向があっている人にはたまらない作品だと思います。
>|