ヒトラーSS/アドルフの肖像の作品情報・感想・評価

「ヒトラーSS/アドルフの肖像」に投稿された感想・評価

temmacho

temmachoの感想・評価

3.7
SA突撃隊の弟とSS親衛隊の兄、ナチス内の対立に翻弄される二人の物語…
アドルフほとんど関係なし(笑)
映画の冒頭は1931年のシュツットガルト。
二人の青年兄弟を通してナチスを描いています。
エルンスト・レームや、ラインハルト・ハイドリヒ、その他のナチス幹部も登場します。
「長いナイフの夜」なども描かれており、ナチスの制服の移り変わりや、レアなワードも多々出てきて興味深いものがありました。
テレビ映画がDVD化されたものは、面白いものが多いですね。
全編英語。誤訳あり。DVDの画質はあまり良くなかった。
スゥエーデンのテレビ映画とのこと。大戦に巻き込まれていく二人の兄弟の対称的な人生を通してあの時代のドイツを描いている。SAとSSの対立や国防軍兵士たちのナチス政策への躊躇など興味深い。
日本タイトル、カチャカチャだけど、凄く良い映画です!
ナチスに参加した一般の人々がリアルに描けれている珍しい映画。
私の中では名作です。