ドクムシの作品情報・感想・評価

ドクムシ2016年製作の映画)

上映日:2016年04月09日

製作国:

2.1

あらすじ

大学生のレイジが目を覚ますと、薄暗い室内に一人で倒れていた。壁には黒板がかけてあり、どうやら学校の教室のようである。何もわからぬまま扉を開けると、派手なシャツを着たトシオと女子大生のユミが現れた。「ここはどこだ!?」といきなりレイジにつかみかかるトシオ。やがてその建物にはキャバ嬢のアカネ、新聞記者を名乗るスーツ姿のユキトシ、ヲタクのタイチ、寡黙な少女ミチカをあわせて7人の…

大学生のレイジが目を覚ますと、薄暗い室内に一人で倒れていた。壁には黒板がかけてあり、どうやら学校の教室のようである。何もわからぬまま扉を開けると、派手なシャツを着たトシオと女子大生のユミが現れた。「ここはどこだ!?」といきなりレイジにつかみかかるトシオ。やがてその建物にはキャバ嬢のアカネ、新聞記者を名乗るスーツ姿のユキトシ、ヲタクのタイチ、寡黙な少女ミチカをあわせて7人の男女が閉じ込められているとわかる。いつ、どうやってここに連れて来られたのかは、誰も覚えていない。7人は手がかりとなる情報を集めようと学校らしき建物の中を探して回るが、出口となりそうなところはすべて塞がれていた。最後にたどり着いた部屋で7人が目にしたのは、大きな寸胴鍋と鎖につながれた肉切り包丁...そして壁では7日間分の時間を示すカウントダウン計の数字が静かに時を刻んでいた。自分たちの置かれた状況についてレイジたちが話し合っていると、ユキトシの口から、ネット上の都市伝説である『蠱毒』というデスゲームの存在が告げられる。ルールは『毒虫』となる7人を7日間監禁して殺し合わせること。助かるのは生き残った最後の一人。互いを食い合わせることで最強の『毒虫』を生み出す古来の呪術を人間で再現しようとしているのでは ? というユキトシの発言で、7人の間にお互いへの疑いが生まれる。高まる不安と疑いに怯え、追い詰められていく7人。カウントダウンの数字がゼロになるまで生き延びれば解放されるのか、それとも最後の1人になるまで終わらないのか!?

「ドクムシ」に投稿された感想・評価

原作漫画を一気に読んで映画があったので観てみた。漫画と違うラストで無難にまとめた感じ。元々漫画もなんかの二番煎じの感が拭えなかったけど、映像化でなんか変わったかと言うとそーでもない。緊迫感やハラハラ感も今ひとつ。
よくあるB級バトロワスプラッターだなーと思ってぼーっと見てたんだけどオチがスマート過ぎて「オチスマート!」って叫んだ
yui

yuiの感想・評価

2.5
良大くん目当てで。
ストーリーはまあ…
レビュー見ててそんなに期待もしてなかったのでツッコミながら見てた。
男ふたりの言い合いのところで止めに入る良大くんの背の低さに萌えたので良しとしよう。笑

コドクは孤独的な?ことなの?
たまにこういう何のために見てるのか分からなくなる映画あるよね。
原作とはラストが違うらしいので見てみようかな。
TAKUTO

TAKUTOの感想・評価

1.0
もはや全く笑えないコメディ映画。
グロテスクなシーン来たか!と思えば、全くグロテスクではない。
キャストも目立つ人がいない。
シロー

シローの感想・評価

2.3
お、なんだこれ、どうした?映画。パッケにR15をでかでかと書くほどでもない。
原作とラストが違うのは構わないけど、その設定がひどくて失笑。
urukali

urukaliの感想・評価

-
村井が観たいがための鑑賞。
オチのひどさがやばい。バカバカしいつーかなんつーか…ええ…っていう…んなアホな…て
原作はその分気になる。
原作にリスペクトのない実写ってなんでこうもなくならないんだろうね。
(読んでないで改悪前提みたいになってるけど、作品として素直に面白くなかったので仕方ない)
ぽかーん…としてしまう終わり方。感想を読んでいると原作と終わり方が違うみたいなので読んでみます。
男女7人が何者かに閉じ込められデスゲームをする作品。
主人公が大学生にしては老けてるし演技が下手な気がした。
百合要素グロテスクな表現があるので万人向けではないが、そういう要素を求める人には物足りないでしょう。
Null

Nullの感想・評価

2.0
蠱毒ってもっと狂気満ちてるはずなのに、殺すとこもセックスも全部チープで見てるのが辛い
飛ばし飛ばしでみてラストが漫画と違ってえってなって終わった
>|