ディープ・インパクト2016の作品情報・感想・評価

「ディープ・インパクト2016」に投稿された感想・評価

【字幕・録画視聴】
良くも悪くも終始ベタな展開が続くので、目新しさは感じられないが気楽に安心して観ていられた。

低予算感丸出しのチープな映画だけれどそれなりに楽しめたかな。
すー

すーの感想・評価

2.0
このシリーズ全然見てないくせに録画してたので見てみた。ま、そんな感じだろうなあって映画。
まい

まいの感想・評価

1.5
見たことあるのを忘れて再び鑑賞。
今度は記録したから大丈夫なはず!


自分が開発した衛星が、スパイ用に悪用されたと告発。会社の悪事を暴露して辞めさせられた主人公が、地球を襲う隕石を発見。隕石から地球を守る話。


実にチープな出来である。そもそも、地球の危機をあんな少人数でどうにかできると思うなよ。それに、小惑星をお手製ロケットでどうにかできんだろww。あれじゃあ、小学生の夏休みの科学実験だよ(°д°)
邦題に騙された。
薄い内容にチープなCG、極め付けのショッパイ演出。
時間返してくれよぉ
キヨ

キヨの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

最初からついていけなかった…
何かを会社の悪事を暴露して仕事辞めされられたのはわかったけど、それで家に落書きとか息子殴られるとかFBIが見張るとか、暴露した内容の規模感掴めなかった。

大学生がビルに惚れるのも、絶賛されるほど私の好みでなかったのも、隕石により破壊された地域の様子とか全然分からないのも、隕石落ちまくってるのにFBIは人間を追ってるのも、全体的に不完全燃焼。

あとはあの規模の小惑星を1.5ℓでどうにかしようって計算おかしいんじゃないか。
ありがちな家庭崩壊中の父親が
ありがちな組織を内部告発した為にFBIに付けねらわれながら
ありがちな組織に侵入して情報を得るも見つかってピンチに
ありがちな地球滅亡の危機を
ありがちな少人数でなんとかしようとする

とてもありがちな映画でした。
HirokiSo

HirokiSoの感想・評価

2.5
地球に小隕石が連続して衝突、原因は通常では観測できない暗黒惑星ーー。
ありがちなテーマやけど、筋は通ってるし楽しめた。最後はどう対処するのかハラハラ。

でも個人の力の、しかもたった1.5Lの塩酸で対処するのは無理があるのでは...。この映画の最後の決め手は、いかにして国(国防省)とか軍隊を動かすかなんかと思ってた。

ちょっとFBIとか研究所長とかありえんけど、現実にもしこういった事態が訪れるとしたら、実際のそういうお偉方が柔軟に対応してくれることを願うばかり。
なにわ

なにわの感想・評価

1.0
地球の危機とか好きやからちょっと楽しかった。
ちょっとだけやけど。

このレビューはネタバレを含みます

地球に巨大隕石衝突!というディザスタームービー……のはずなんだけど、どうにもこじんまりとしたスケールというか、もうちょっとなんとかならんかったの?という仕上がり。とりあえず小惑星を学生のお手製ロケットで破壊するくだりは、呆れをを通り越してもはや変な笑いが出た(笑)
シラノ

シラノの感想・評価

3.5
Netflixで鑑賞。


またまたビッグタイトルに適当に年号つけただけの映画なんだけど、三度目の正直なのかそこそこ楽しめた。


といってもデカい隕石(?)と、小さいけどヤバい威力の暗黒小惑星群が落ちてくるのを、主人公兄弟と天才の息子が学生ロケット砲で無理矢理止めるだけの映画w


しかも前半はひどく微妙というか退屈で、主人公の弟が「古典的だけど使える方法だ」とか言って、FBIのクルマのマフラーにバナナを入れてエンストさせるとこしか笑えなかった。

これって元ネタはたぶん一番最初のビバリーヒルズコップだったと思うんだけど、確かに古い映画だな(;・∀・)


あとはこういう映画で登場しがちなアホなうえに人の話を聞かない上司のせいで大惨事になり、ギリギリのところでなんとかロケット砲炸裂でめでたしめでたしみたいな。

ある意味こういうB級映画の黄金パターンかな?w

ただし、こういうB級ディザスタームービーでおそらく解決策で一番人気の核ミサイルは登場せずw

まあたまには例外もいいもんですね。


あ、他に素晴らしいところは、ムカつくブスFBI捜査官の女に人工衛星の破片が降り注ぐシーンは最高。

今までされてきたことをおもうとテンションがあがる、劇中1番の「くっそざまあああ!」なポイントです。
>|