シュウ

アリー/ スター誕生のシュウのレビュー・感想・評価

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)
4.2
また1つの星が生まれて、また1つの星が潰えていく映画。
やっぱりブラッドリー・クーパーって最高にイケメンですわ。
これが今年の映画見納めで良かった。

カントリーロックの世界的スター歌手として成功しているジャクソン・メイン(ブラッドリー・クーパー)は、成功の影で酒とクスリに溺れる日々。
それによって右耳も日に日に耳鳴りが激しくなり、歌手としていられるのもいつまでか分からないような状態。
そんな時、たまたま見つけたバーでドラァグクイーンたちに混じって歌うアリー(レディー・ガガ)を見て、彼女のステージに釘付けになる。
アリーの才能を確信したジャクソンは彼女の楽屋に行き、自分のライブで歌わないかと話を持ちかける。
しかし、彼女には確かに才能はあったがどのレーベルに売り込んでも、良い答えをもらえたことはなかったため、完全に自信を喪失していた。
それでもそんな彼女をジャクソンはライブステージへと連れ出すのだった。

原作、というかこの映画自体は4度目のリメイクなわけで、ストーリーに関しては特別目新しいところは無い。
と、言いたいところだけど、自分は昔の3本を観たことも無いし、ましてやストーリーなんて知るはずもないし、どうも他の人のレビューを読んでるとところどころ違ったりオマージュがあったりする様。
同じようなジャンルで公開の時期もあって「ボヘミアン・ラプソディー」とどうしても比較されがちになってしまうけど、こっちはこっちでカタルシスに溢れるラスト。
観てみて分かったのは、音楽映画というよりも恋愛ドラマという側面の方が強かったと思う。
だから何となく批評家の評価がべらぼうに良いっていうのも分からなくもない。
でもちょっと長すぎというか、シリアスで重めな雰囲気が続いてラストに入るまでが少ししんどいかなあ。

レディー・ガガを主演に抜擢というところで話題性のあるこの映画だったけど、主人公はレディー・ガガなのかと聞かれると、いやブラッドリー・クーパーの方じゃないのかという感じ。
監督をクリント・イーストウッドから引き継ぎつつ、かつ主演も務めつつと頑張りまくり。
しかもライブのシーンはライブに飛び入り参加して歌って撮るという、師匠のクリント・イーストウッド並みの本物志向。
もちろん演技の面でも、酒とクスリで破滅していく天才肌のミュージシャンを熱演する。
まあそもそもブラッドリー・クーパーの顔が良すぎるので、もう何しててもかっこええなあ…という感想しか自分は出てこないけど。
最近の出演は某アライグマの吹替ばっかりだったから、久しぶりに顔出しの登場で嬉しい。
レディー・ガガも思ってた以上にめちゃめちゃしっかりとやってたし、脇役のサム・エリオットなんかは本当にいぶし銀な演技ですごく良い役をやってた。
脇役の登場がちょくちょく説明不足のきらいがあるのが少し気になってたけど、それ以外は実力のある俳優がしっかり脇を固めている。
監督としてのブラッドリー・クーパーもこれを見る限りでは、しっかりとした能力のある人なんだなあと思わされた。

「スタア誕生」という名作古典のネームに負けず、アカデミーも狙えるぐらいのものを作ってきたのはすごい。
でもやっぱり、あと半年前か後ならもっと評価がよかったろうに、同時期公開の映画がね…