シュウさんの映画レビュー・感想・評価

シュウ

シュウ

映画(287)
ドラマ(47)

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

5.0

過去だけにとどまらず未来まで、そしてやっぱり過去に行き着く映画。
シリーズの中だとこれが一番SF然としてて一番好きですね。
興行成績も日本だけPART2が一番良かったみたいで。

現在の時代を守る冒険
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

5.0

いつ観ても何万回観ても名作な映画。
ここまで皆が口を揃えて面白いって言う映画はそうそうなかなか無いと思う。
金曜ロードショーでの放映に全力で乗っかっていくスタイル。

1985年のある朝、カリフォルニ
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

まさかの実話が元ネタなサスペンスミステリー映画。
「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」とか、最近劇場で公開してくれるミステリー映画が増えてきて、推理もの好きにとっては嬉しい限り。

世界的人気を
>>続きを読む

スーパーティーチャー 熱血格闘(2018年製作の映画)

3.7

学園ものドラマの総集編2時間スペシャルみたいな映画。
観てる最中に「あれ、これって元ネタが香港とかでドラマとかなんだっけ?」とか本気で思った。

舞台は香港、中高一貫の徳智学園ではここ数年大学への進学
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

3.8

暴走する正義感に巻き込まれた不運な男の映画。
主演のポール・ウォルター・ハウザーを見るたびに、「ズートピア」のクロウハウザーがめちゃくちゃ脳裏をよぎるのは一体何なんだろう。


持ち前の正義感の強さか
>>続きを読む

ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

新たな世界へと駆け出していく応援歌みたいな映画。
最近はキツイ話の映画ばっかり見がちだし、世の中もこんなことになってるから、こういう優しい映画は脳と心にとても良い。


ニューヨークの片隅にある小さな
>>続きを読む

サマー・オブ・84(2017年製作の映画)

4.2

連続殺人鬼もきっと誰かの隣人な映画。
劇場で観た分がまだざっと数えて10本ぐらいあるけど、ここらでDVDで観て面白かったやつを。
ジャンルがホラーだったから二の足を踏んで観れなかったけど、自分でも全然
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.1

下地は格差社会、そしてさらにその下には…な映画。
「新感染 ファイナル・エクスプレス」といい、アカデミーまでもぎ取る韓国映画界の底力は本当にすごい。


路面の脇から小さく覗く窓、半分地下に埋まったよ
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.4

スクリーン越しに汗とガソリンと排気ガスの匂いがしてきそうな映画。
もう公開が終わったものを言ってもしょうがないんだけど、臨場感が半端なくて絶対に劇場で観るべきタイプのやつ。


時は1960年代、アメ
>>続きを読む

ダンス・ウィズ・ウルブズ(1990年製作の映画)

4.0

ネイティブアメリカンたちとの心温まる交流の映画。
ここ最近ケビン・コスナーがかなりマイブーム。
ようやく感想が2020年に観た分に入ったと思ったら、もう年度変わりの時期になってしまった。


時代は南
>>続きを読む

ジュマンジ/ネクスト・レベル(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ネクストレベルというより追加コンテンツみたいな映画。
たぶんSONYもここまで1作目があんなにヒットすると思ってはいなかったのか、突貫工事で続編しました感がすごかった。


呪われたゲーム「ジュマンジ
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

結局新しいものを何も生まなかった映画。
J・J・エイブラムスには同情するところはあるけど、それでも3部作通して話の筋がブレブレすぎだよ…


ファースト・オーダーによってレジスタンスが敗走してから1年
>>続きを読む

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(2018年製作の映画)

3.8

実写化ってこういうことを言うんだなって映画。
あまりに馴染み深すぎて、他人の家のごはんなのに味噌汁が実家と同じ味みたいな奇妙な感覚に襲われた。


「シティーハンター」、依頼さえあれば探偵、ボディーガ
>>続きを読む

ファイティング・ファミリー(2019年製作の映画)

4.2

スポ根?いいえ、ハートウォーミング・ファミリーコメディ・レスリングな映画。
後にも先にもこんなジャンルになりそうな映画はこれだけだわ。


イギリスに暮らすべヴィス一家は家族で小さなプロレス興行行う、
>>続きを読む

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

おじいちゃんたちの終活みたいな映画。
そのおじいちゃんたちが名だたる名優&名監督だからすごい。
しかもそんな映画をおじいちゃんたちが一番嫌ってそうなNetflixが出してきたからこれまたすごい。
>>続きを読む

エンド・オブ・ステイツ(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ついに標的が大統領じゃなくてしまった映画。
最大の問題がシークレットサービスの主人公であることに気づいてしまったの、この手の悪役では一番賢いのでは?

シークレットサービスでありながら、アメリカ、そし
>>続きを読む

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.8

本当に普通に続編してた映画。
評価はともかくとして、せっかく作った「ターミネーター3」「ターミネーター4」「ターミネーター:新起動/ジェニシス」はどうするんだ感はやっぱり否めない。

メキシコの自動車
>>続きを読む

ジェミニマン(2019年製作の映画)

3.9

いろいろ冒険が過ぎるアクション映画。
ストーリーは陳腐だけど、アクションと映像は今まで見たことないものを見せようという気概が感じられて、個人的に大好きです。


国家への脅威となる存在を秘密裏に抹殺し
>>続きを読む

アクション・ジャクソン/大都会最前線(1987年製作の映画)

3.7

80年代の雰囲気とノリ全開なアクション映画。
カール・ウェザースがハーバード大卒ってキャラ付けはちょっといくらなんでも無理がないだろうか。
まだドルフ・ラングレンがマサチューセッツ卒って設定だった「エ
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

100%ビートルズ愛だけで突っ走る映画。
愛だけで出来ているので、全体的に言えば少しアレな部類に入ると思います。


イギリスの小さな海辺の町、シンガーソングライターでヒットを夢見るジャック(ヒメーシ
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

すごく評価に困る映画。
新年早々にいかにも意識高そうな映画のレビューだけど、正直初見では一ミリも何が言いたいのかよく分かんなかった。


政府の強力な監視社会ながら、秩序は乱れ治安は悪化し、荒廃してい
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

4.0

ワールドワイドな殺し屋たちを楽しむ映画。
世界各国からバリエーション豊かな殺し屋がやってくるの、なんだか「キン肉マン」とか「機動武闘伝Gガンダム」っぽさがあるな。


「コンチネンタル・ホテル内で殺し
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

悲劇的で危険なジョークで塗りつぶされた男の映画。
「ダークナイト」のときもそうだったけど、やっぱり何だか面倒くさいオタクが量産されそうな映画ですね…


日夜、犯罪と汚職が蔓延る大都会ゴッサムシティ。
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ビジュアル系除霊ホラーエンターテイメントな映画。
キャストはめちゃくちゃ豪華なのに、色々吹っ切れたホラーやってて、終盤になればなるほど怖くなかった、すごい。


東京でサラリーマンとして働く田原 秀樹
>>続きを読む

ヘルボーイ(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

悪趣味エンターテイメントアクション、ここに極まれりな映画。
もうちょい人気出たり売れたりするかと思ってたんだけど、この感じじゃあしょうがないですね。

現代の超常現象やオカルト関連の事件を中心に捜査を
>>続きを読む

大脱出3(2019年製作の映画)

3.4

ぶっちゃけマックス・チャン主演の映画。
前作の「大脱出2」も大概な出来だったけど、こっちも正直褒められたようなもんじゃ無い気が。

刑務所に自ら入り、自ら脱獄することで警備システムのコンサルタントを行
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.7

宇宙へのロマン、美しさ、そしてやっぱりブラピな映画。
タイトルの「Ad Astra」が劇中でタイトル回収されなかったので、結局発音はどう言っているのか、アクセントがどこなのか分からなくてモヤモヤするし
>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

70年近く経っても色褪せないラブロマンスな映画。
映画館で観る白黒映画ってどんな感じなんだろうかって思ってたけど、想像してた以上に普通というか、案外気にならないもんなんやなって。


ヨーロッパ某国の
>>続きを読む

僕のワンダフル・ジャーニー(2019年製作の映画)

4.3

今度こそはちゃんと感動できた犬派のための映画。
でも、そんな自分は生粋の猫派の猫アレルギーです。


農場で家族とともにのんびりと幸せな日々を過ごすイーサン(デニス・クエイド)と相棒とも呼べる老犬ベイ
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

アクションと映像の革命みたいな映画。
20周年記念で4DXかDolby Cinemaでやってるっていうもんだから、せっかくだしDolby Cinemaの方で観てきた。
Dolby Cinemaで幕間で
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

むかしむかし…のハリウッドでのおとぎ話な映画。
この映画のブラピは心の底からイケメンだし、俺もセロリ買ってきてブラッディ・メアリーと一緒に飲むようにしようってなるよね。

かつて西部劇ドラマの主人公と
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.5

世界一のエンターテイナーの人生というファンタジーな映画。
タロン・エジャトンの歌は確かに文句なしで上手いんだけど、映画としてそこまで面白いかと聞かれるといまいちパンチが足りないような…

”レジー”こ
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ノスタルジーがとことん沁みる映画。
午前十時の映画祭のおかげで映画館で観られるなんて思いもしなかったけど、観返す度に深みというか、心に刺さるようになってきた気がする。

ローマで暮らすサルヴァトーレ(
>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.7

無邪気な殺人天使の映画。
ロレンソ・フェロの目鼻立ち整いすぎてて、本当にこの世に実在してるのか不安になってきた。

1971年のアルゼンチン、ブエノスアイレス。
公務員の父親というごく普通の一家で育っ
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

3.7

ナァ~~ツゴェンニャ~ババジ!ジババ~って始まる映画。
10年経っても最初の「Circle Of Life」を聞くたびに脳内をよぎるのは芸人の大西ライオンの顔。
同じディズニーアニメ実写化の「アラジン
>>続きを読む

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

筋肉とハゲ増量でお送りするバディアクションな映画。
このクソ暑い真夏の真っ只中に、ハゲ2人VSサイボーグハゲっていうひたすら暑苦しい映画を公開しようなんて考えた奴は一体どこのどいつなんだ。

イギリス
>>続きを読む

>|