シュウさんの映画レビュー・感想・評価

シュウ

シュウ

基本評価は緩めです。もうほんとゆるゆるです。アメコミ大好きなのでアクションはもっとゆるゆるです。かといって、ちゃんとラブロマもサスペンスも見ます。でもホラーだけは敬遠気味です。
見た映画は出来る限りちゃんとレビューを出していくので、ほとんどがクリップの中でレビュー待ちです。

映画(177)
ドラマ(39)

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

紛れもなくロックの伝説とその輝きを描いた映画。
観に行く前に自分のスマホなり音楽プレーヤーに、クイーンのアルバムを1枚でも入れてから行った方が絶対に良い。
観終わったら絶対にまた聴きたくなるから。
>>続きを読む

惑星ソラリス(1972年製作の映画)

3.2

芸術点全振りで睡眠導入ムービーな映画。
2時間45分を3回に分けて観ました。
むしろこれを初見&予備知識無しで観て寝るなという方がよほど無理がある。

近未来の世界、未知の惑星「ソラリス」への調査が進
>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

SF映画界の”モノリス”となった映画。
70mm上映やIMAX上映にも色々な事情で観に行けず、結局Amazon Primeで仕方なしに寂しく観る羽目に。
どうせならちゃんとした環境で万全の状態で観たか
>>続きを読む

ネイキッド(2017年製作の映画)

4.0

意外と言ったら失礼だけどちゃんと良い話で締めてくる映画。
Netflix独占って攻めてるというか尖った作品が多いイメージだけど、これはわりかし普通というか王道にエンターテイメントしてたのが珍しく感じた
>>続きを読む

アメリカン・アサシン(2017年製作の映画)

3.5

可もなく不可もなく堅実なアクションしてる映画。
ここまで3.5点で自分の中でしっくり来た映画もそうそうない気がする。

スペインのビーチで恋人と旅行に来ていたミッチ・ラップ(ディラン・オブライエン)は
>>続きを読む

ランボー(1982年製作の映画)

3.9

報われない英雄の怒りな映画。
ちょうど新作の製作をしてるっていうもんですから1からおさらいを…と思ったらほとんど観た記憶が無いんで、いざ観てみたら全然覚えてないし思っていたのとまったく違った。

山間
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

確かに怖いけど"怖い"のベクトルが全く違う映画。
こういうホラーなら全然観られるけど、結局そうなのかどうなのかは観るまでは分からないというジレンマ…

アフリカ系アメリカ人のクリス(ダニエル・カルーヤ
>>続きを読む

スリープレス・ナイト(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ポスターでネタバレしすぎてる映画。
監督が監督だったからちょっと期待しすぎた節はあったのかも。

ラスベガスの路地で銃撃戦が起こり、一方がギャングたちの車からコカインの入ったバッグを奪ってその場から逃
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.2

1時間半かけた世界仰天ニュースのVTRみたいな映画。
観てみて初めて分かったけど、さすがにこれはそりゃあ評価が芳しくないわけだわ。

2015年8月21日、高速鉄道タリスのアムステルダム発パリ行きの車
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

3.6

突然の路線変更で驚いた映画。
元々バカと青春の映画だったのが、バカ成分が急激に増量しててちょっと残念…。

大学でのアカペラチームから始まり世界大会制覇まで成し遂げたベラーズたちも、大学卒業後はそれぞ
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.0

最悪(笑)のダークヒーローな映画。
もはやエディとヴェノムのバディものみたいなもんでしょ、これ。

トラブルメーカーながらも腕のたつ記者のエディ・ブロック(トム・ハーディ)。
態度は横柄でちゃらんぽら
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.9

舐めてた奴がヤバい奴 part2な映画。
衝撃度で言えばたぶん1の方が上だと思うけど、こっちもこっちで言い回しとかがぶっ飛んでる。

マサチューセッツ州のアパートに住むしがないタクシードライバー、ロバ
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.3

人生とは何ぞやということを俯瞰する映画。
自分の中ではジム・キャリーというコメディアンを”名優”のポジションに固めた作品。

周囲を海に囲まれた穏やかな町シーヘブン、トゥルーマン・バーバンク(ジム・キ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.5

要は逆お盆参りしちゃう映画。
最近の3DCGアニメでの異様なハードルの上がり様で少し不安だったけど、いざ観てみたら「え?めっちゃ面白くない?」と完全に持ってかれた。

1年に1度あの世から死者たちが現
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.9

どこまでもツイてない兄弟の一発逆転チャレンジな映画。
主演どころか脇役も端から端まで豪華な人ばっかりでびっくりした。
ケイティ・ホームズとかほんとに「バットマン・ビギンズ」ぶりに見た気がする。

ジミ
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.6

巨大サメ相手でも通常運転の頼もしいステイサムの映画。
直前に「ザ・プレデター」を観たもんだから、なんかもっと荒唐無稽な感じだと思ってたら、わりと普通にサメ映画してた。
ステイサム以外は。

世界一深い
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

4.3

知能指数が地面スレスレどころか地中を潜航するレベルで下がりきった映画。
そりゃあ賛否両論になるわけだわというラストでめちゃめちゃ笑った、このノリでやれるならどんどん続編やってほしい。

メキシコでの暗
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.8

美しいイタリアと儚い恋の映画。
めちゃくちゃ評判も良いし、自分も楽しみにしてたけど、なぜか全然心に刺さらなかったし、そもそもこれは映画館で見た方が格段に良くなるやつだった…
家だと全然集中して見れない
>>続きを読む

SPL 狼たちの処刑台(2017年製作の映画)

4.0

国境を越えて娘を探してそして殺しあう親父の映画。
自分の中ではもう待ちきれなかった香港ノワールなカンフーアクションシリーズの第三弾。
3本目にしてようやっと映画館で見られたけど、この3本目は今までの2
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.2

MCUの圧倒的癒し枠な映画。
「インフィニティ・ウォー」が観る前からありえんぐらい辛そうな感じで実際辛かったけども、こっちは観る前から明らかにふわふわしてたら、やっぱりふわふわ楽しそうにやってた。
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.7

オシャレに一点賭けしたような映画。
これ観て初めて、ケイト・ブランシェットを心の底からかっこいいと思った。

世界的に有名な天才詐欺師ダニー・オーシャン、彼は噂では死んだそうだが、彼には同じく天才的な
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.0

真冬の西部劇と社会派サスペンスミステリーな映画。
少し前から目をつけていたのにあれよあれよという間に行き損ねて、ようやく滑り込みで観に行けたけども、こんなクソ暑い日にクソ寒そうな映画を観るというのも何
>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.4

もう誰が主役だよって映画。
一体前世でどんな徳を積めば自分の父親候補がピアース・ブロスナンとコリン・ファースとステラン・スカルスガルドになるのか誰か教えてほしい。

エーゲ海にある島でホテルを営むドナ
>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

4.2

映画というよりはショーみたいな感覚の映画。
重い腰をあげてようやく観てみたけども、名作として語り継がれるだけのことはやっぱりあるなあと。

時代はサイレント映画がまだ全盛だった頃。
映画界のトップスタ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.5

押し寄せるアクションシーンの連続に飲まれるような映画。
前作の「ローグ・ネイション」が結構お気に入りだったこともあって、前評判の高さを聞きつつも「そう簡単にはいかんやろ…」と少し冷めた視点で観に行った
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.0

モンスターパニックとしての”ジュラシック・パーク”に回帰した映画。
ラストは置いておくとして、たぶん全く知らない人が「ジュラシックワールド」というタイトルだけ聞かされて思いつくとしたらこんなストーリー
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.1

2時間たっぷり松岡茉優劇場な映画。
普段あれだけ映画やらドラマやら観てるくせに、邦画は1年に一本見るかどうかな自分がなんとなくものすごく気が向いて借りてきた1本。

中学生のころから片思いし、誰とも付
>>続きを読む

バーレスク(2010年製作の映画)

5.0

圧倒的歌唱力と美しさとカッコ良さでぶち上げていく映画。
キリが良い本数なんで好きな映画をやっていくシリーズ。
たぶんシェールを初めて見たのはこれが初めてだったと思う。

歌手になることを夢見て田舎町か
>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

もうメイズにいなくても何とも思わなくなってきた映画。
慣れはすごい。
とはいってもSF×ディストピア×ジュブナイルとうまい感じに話が運んでいった方だとは思う。

世界災害対策本部(WCKD)の管理から
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.0

若きハン・ソロの武勇伝な映画。
オールデン・エアエンライクを初めて見たときは全然ハリソン・フォードにあまり似てないなあと思ってたけど、いざ蓋を開けてみればどんどんハン・ソロに見えてくる不思議。

惑星
>>続きを読む

プレデター(1987年製作の映画)

3.7

シュワちゃんと粋な吹替の組み合わせで最高な映画。
4K盤スチールブックのプレデターを買うかどうかを見極めるために、本当にいつぶりかの再鑑賞。
なんやかんやでいつ見ても面白い。

中央アメリカの国家バル
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.9

殺意2000%の復讐劇な映画。
女優もだけど、カメラマンも撮影監督も相当無茶してる。

幼い頃に目の前で父親を無惨に殺され、殺し屋のジュンサン(シン・ハギュン)に拾われたスクヒ(キム・オクビン)。
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

いい話オブいい話な映画。
15分おきに一回くらいのペースで、「お前ほんまええやつか…」ってなってた。

トリーチャーコリンズ症候群という先天性の病気で顔が不形成なままで生まれてきたために、少し“変わっ
>>続きを読む

カンフー・ヨガ(2017年製作の映画)

3.5

2017年の衝撃作な映画。
邦題も英題も原題もカンフーヨガだけど、少なくともヨガで戦ってないのではとは思う。

中国の博物館で考古学者のジャック(ジャッキー・チェン)のもとに、インドから同じく考古学者
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.5

タイトルと内容は全然違うけどびっくりするぐらい青春してる映画。
最初は面食らったけど、どんどん観ていくうちに引き込まれた。

パンクバンドを組み、パンクロックの同人誌を友達と出しているパンクオタクのエ
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.8

豪華でおしゃれな推理サスペンスな映画。
最近ドラマ版の名探偵ポワロを観始めたのでそのついでに。

稀代の名探偵エルキュール・ポワロ(ケネス・ブラナー)。
“灰色の脳細胞”を活用しあらゆる難題を解決でき
>>続きを読む