愛の地獄の作品情報・感想・評価

「愛の地獄」に投稿された感想・評価

人物や物語の背景は俗っぽいけど、「地獄」に突っ込んでバサリと終わらすのは素晴らしいと思う。最近の映画で足りないのは、このあたりの投げやりな潔さ。誰かしっかりと「鬱な映画」として書き残してほしい気もする。それにしても最近はキチガイ(の映画)ばかり見ていて滅入る。
AS

ASの感想・評価

3.8
シャブロルじゃなくてカイヤットの方。
暴走お母ちゃんことアニー・ジラルドの演技が光る。話自体深みは無いのでそこは割り切って彼女の名演を楽しむべし。
遺体の入ったポリ袋を触って少し後退りする場面が出色
青山

青山の感想・評価

3.5
「眼には眼を」以来2度目の鑑賞となるカイヤット監督。本作は娘が誘拐された一家のお話。
相変わらず暗くて重くて常にストレスを感じながら観ていた。誘拐犯人へのイライラよりも、マスコミや野次馬への「犯人はともかく、まずはお前らが死刑になりゃいいんだ(Mr.Childrenより引用)」感がヤバい。
また、終盤の展開もそれまでのマスコミへのイライラとはまた異質の嫌〜な感じ。よく1本の映画でこんだけ観てる人を嫌な気分にさせられるものだと感心しちゃう。監督はきっと天才でめっちゃ性格悪いんだろう。