私はシベリヤの捕虜だったの作品情報・感想・評価

私はシベリヤの捕虜だった1952年製作の映画)

製作国:

上映時間:86分

3.5

「私はシベリヤの捕虜だった」に投稿された感想・評価

TSUBASA

TSUBASAの感想・評価

3.0
短文感想 70点
近年、ワシントンの公文書館で発見されたとされる貴重な作品。通っているビデオ店の隅の方にあったので購入してみてみました。映像はかなり粗く、最初と最後は音が消えていますが、日本人のシベリア抑留を描いた数少ない、貴重な作品であります。今作は実際の捕虜生活経験者の証言を基に、忠実に真実を再現したセミドキュメンタリーであり、お世辞にも映画として面白みがあるとは言えませんが、反共プロパガンダ映画として存在意義のある映画と言えるでしょう。ちなみに舞台はシベリアですがロケ地は北海道とのこと。こればかりは仕方ありませんね。
Pokhara

Pokharaの感想・評価

4.0
やっと戦争が、終わって日本に帰れるかと思ったところで、捕虜になり、シベリア送りにされ、3年。日本政府が、船をだすまで、強制労働。捕虜に対する態度で、国民性が、測れるかも。ソビエトのひとたち自身が、スターリンに、ひどいめにあってるので、捕虜に対するのも、同じになる。シベリアで朝は、7時に起こされ、一日黒パン300グラム。仕事が、できなければ、減食100グラム。それで、極寒のなか伐採などの重労働。本とあり得ないなかを生き抜いた方もいるし、寒さのなか死んでしまった方。
共産教育するのも、日本人も日本語を台湾の人に教えたりしてたしな。知っている方で、シベリアいって朝起きたら隣似、ねていた
人が、死んでたって話も聞いたことがある。