1952年製作のおすすめ映画 461作品

1952年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、ジーン・ケリー監督の雨に唄えばや、志村喬が出演する生きる、ライムライトなどの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

これぞ職人芸♪ たたき上げの俳優ドン(ジーン・ケリー)と金切り声の大女優リナ(ジーン・ヘイゲン)、そして駆け出…

>>続きを読む

威厳を、常に威厳を 1952年の映画なのに古さを感じないぞ!どれも名曲で今でも通用するからじゃねーか! とにかくス…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

黒澤映画といえば、三船敏郎のイメージが強いけれども、自分は、志村喬が一番カッコいいと思っている。 実際、黒澤作品にと…

>>続きを読む

クロサワ映画で泣かされる時がくるとは思いもしなかった。 死を感じ生を感じる。自分のために生きる。人のために生きる。こん…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1952年、チャップリン63歳の作品。 1947年の前作『殺人狂時代』でバッシングは最高潮になり、50年代には【赤狩り…

>>続きを読む

今日はチャップリンの命日です( ˘ω˘ ) 《チャップリンの没後40年記念》 《チャップリンレビュー40作品目》 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

DVD入れたとたん何の前触れもなく、突然あの有名過ぎるテーマ曲Romance de amorが流れ始めたのでびっくりし…

>>続きを読む

1940年6月、戦争により両親と愛犬を目の前で亡くしたポーレット。愛犬の死体を抱き歩いていると牛追いをしていた少年ミシ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

小津安二郎監督作品、初鑑賞 モノクロ、1952年の作品。 とても期待して観たのだが…。 残念なことに私の肌には合わな…

>>続きを読む

【素朴で淡々としてるがどこか良い】80点 ーーーーーーーーーーーー 監督:小津安二郎 製作国:日本 ジャンル:ドラマ …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

西部の町。日曜の午前10時30分。 退任間近の保安官ケイン(ゲーリー・クーパー)は結婚式の最中。 彼に恨みを持つ前科者…

>>続きを読む

街の保安官ケインが新妻と結婚式を終えて引退して旅行に出ようとしていたその時、殺し屋3人が街にやって来て…… 西部劇の…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ルイス・ブニュエル監督作品を あまり鑑賞する機会が無かったと同時に『アンダルシアの犬』の印象が非常に強かったため ブニ…

>>続きを読む

超大金持ちである主人公が教会で出会った女に一目惚れし結婚するも、異常な嫉妬心と妄想癖により、精神を蝕んでいくという話。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ザ・ハワード・ホークスって感じ!(笑) まさにマシンガントークの観てて爽快なスクリューボールコメディです。ケイリー・グ…

>>続きを読む

『紳士は金髪がお好き』との2本立てで鑑賞してきました! 研究所にて若返り薬の開発に博士が行き詰まるなか、留守中に檻か…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

不良少女のモニカと怠慢で純情なハリーは正反対のお互いに惹かれ合い、駆け落ちをする。家族や仕事、そして社会からドロップア…

>>続きを読む

10代で結婚出産したヤンキー女が周りに迷惑をかけて好き勝手に生きた1年弱を描いた映画で、ベルイマンが世界的に有名になる…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ダグラス・サークの作品のなかでも特にお気に入り。 死期も近い事を悟り始めた親族がひとりもいない独身の大富豪おじいちゃ…

>>続きを読む

「お金は大切」という言葉があれば「お金じゃ人は幸せになれない」という言葉もある。恐らくこの2つの言葉は説明不足なのでし…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

巨匠、フリッツ・ラング、渾身の西部劇。オープニング・ショット(見てのお楽しみということで・・・)を見ただけで確信せざる…

>>続きを読む

熱い接吻と「キスほど良いものはない」という名台詞で掴みは抜群だが、その後はラングにしては面白みに欠ける気が。 ディート…

>>続きを読む

安宅家(あたかけ)の人々

製作国:

上映時間:

116分
4.1

おすすめの感想・評価

これは凄い! ドストエフスキーの『白痴』を頑張って読むよりも美(うま)しい二時間弱を過ごせた! 立ち上がりの十数分間…

>>続きを読む

原作小説の連載当時、女性読者の間では、知的障害の夫(宗一)を世間の目から守り夫に代わって家業を切り盛りするしっかり者の…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

♤フィンランド特集(於ユーロスペース) “カップルでXマス期に観たいムーヴィー“な、愛らしさ! 雪を純白には撮らない…

>>続きを読む

トナカイ。日本人にとっては馴染みがなくクリスマスの風物詩でしかないけど、北欧の雪国では生活に欠かせない温厚な動物。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

良くも悪くも、というか主に悪い意味でとことん小説的な映画 この中編映画はタイトルの通りある恋に関する恐怖体験をした男…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

どうかこちらを向いて。今、君の唇にキスをしているよ。 ある夕方、医師は自殺を図った画家の部屋に駆けつけた。そこで自分…

>>続きを読む

ぼくの伯父さんの休暇

上映日:

2014年04月19日

製作国:

上映時間:

87分

ジャンル:

3.9

おすすめの感想・評価

これは知性を武器にしながら、いろんな人や偶然が重なり合って作られる笑いが最高。ホースをぼこぼこにしている姿を目の当たり…

>>続きを読む

寄せては引く波をカットで割った(つまり反復に反復を重ねた)オープニングは、ギャグの基本である「繰り返し」を暗示している…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

子どもが主役の映画特集〜第3弾 ”赤い風船”と同時収録。 南フランス、海に注ぐローヌ川近くの荒地が舞台。 モノク…

>>続きを読む

南仏の荒地に野生馬の一群の中にひときわ目を引く白い馬"白いたてがみ"が居た。たちまち牧童たちのターゲットとなるがなかな…

>>続きを読む

西鶴一代女

製作国:

上映時間:

137分

ジャンル:

4.1

おすすめの感想・評価

ある女が辿る魂の遍歴。 一瞬の弛みも許さない完璧主義で造り上げた、鳥肌が立つほどの最高芸術。世界に誇れる日本映画の名…

>>続きを読む

5月16日は黒澤や小津と並び、日本映画史にその名を刻む巨匠・溝口健二の生誕119周年記念日に当たります。 17世紀、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

持参金 アメリカでボクサーとして暮らしていたショーン・ソーントンは、戦いの場から身を引き、故郷のアイルランドに戻って…

>>続きを読む

イニスフリーへの女装、じゃなくて助走➁ とあるトラウマを抱え故郷に帰還したウェイン、その日に見染めた娘と恋仲になり、…

>>続きを読む
>|