1952年製作のおすすめ映画 489作品

1952年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、ジーン・ケリー監督の雨に唄えばや、ブリジット・フォッセーが出演する禁じられた遊び、ライムライトなどの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

雨に唄えば

上映日:

1953年04月01日

製作国:

上映時間:

102分
4.1

あらすじ

ジーン・ケリーが監督、主演を務めた名作のミュージカル映画。サイレント映画のスター俳優・ドンとリナの映画がトーキーになることになったが、悪声のリナの声をドンの恋人・キャシーが吹き替えることに…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

素晴らしく愛おしすぎて、 なんて素敵なんだ。 遅ればせながら観たけれど、 これは今更ではなくて、 いつ観ても素晴らし…

>>続きを読む

実にカラフルな、美しい作品です。 このカラフルとは、衣装やセット等の鮮やかさも勿論あるのですが、豊かにストーリーに織…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

#金曜レイトショー で視聴。 1952年のフランスの映画。「太陽がいっぱい」のルネ・クレマン監督。 ヴェネチアの金獅子…

>>続きを読む

人の死をきちんと悼む信仰が道徳の基盤になっているんだなと考えさせられる。 今作の舞台は第二次大戦中のフランス。戦争に…

>>続きを読む

ライムライト

製作国:

上映時間:

137分

ジャンル:

4.1

あらすじ

チャールズ・チャップリン監督、主演作。かつてはロンドン一だった道化師・カルヴェロ。自殺を企てたバレリーナのテリーを助け、励まし、再び舞台へ戻すが……。年の差ある男女が織りなす感動的な人間ド…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

落ちぶれた老芸人と人生に絶望したバレリーナの物語で、サイレントからトーキーへ移行したチャップリン後期の作品。 トレー…

>>続きを読む

2019年 347本目 あーチャップリンが好きだ。名言のオンパレード。 彼の晩年の映画ということを考えると、この映…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

冒頭 レントゲン写真とナレーション「この物語の主人公の胃である」。 忙しくて退屈な毎日、無意味な書類にハンを押すだけの…

>>続きを読む

自分が癌になって、もう余命幾ばくもないと 知った時、どんな気持ちになるんだろう⁉️ 誰でも「明日から仕事頑張る」 「…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ルイス・ブニュエルもう1本。 『Él(彼)』とは、フランシスコ。四十過ぎの独身(どうやら童貞らしい)。 敬虔なカトリッ…

>>続きを読む

人間の本性にジリジリと迫るドラマであり、またある意味では古典的サスペンス作品。 冒頭の約5分のシーンが完璧に思えた…

>>続きを読む

お茶漬の味

製作国:

上映時間:

115分

ジャンル:

4.0

あらすじ

日本を代表する巨匠・小津安二郎の野心作。 戦時中に検閲当局から却下された脚本を改めて取り上げた因縁の作品だけあって、ユーモアが見事に織り交ぜられた秀作となっている――― ふたりは倦怠期…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

戦前、小津が中国戦線から帰還後に製作しようとした『彼氏南京に行く』が検閲を通らず、なくなく映画化を断念したシナリオを改…

>>続きを読む

「お互いウソつかない いいご夫婦だってあるわよ」 「ないないそんなの。もしありゃ、お互いすっかりあきらめてんのよ。う…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

人生、ベスト更新。 人生、ベストノワール。 リチャードフライシャーのノワール。 70分という時間で濃厚。 シンプルな…

>>続きを読む

この世でこの映画より面白い映画は無い。 これより上は無理。 信じられないくらいの傑作。 映画の内容は、列車の中で女を護…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

クッソ傑作マジで! 今まで『天国の日々』で喜んでた自分が情けなくなる位の傑作である。 テレンスマリックで喜んでる暇があ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

華やかなサーカスの表と裏で巻き起こる物語 金曜レイトショーにて鑑賞 サーカスを舞台に様々な人間ドラマを描いています …

>>続きを読む

1952年の作品 グレーティストショーマンのP・T・バーナムが前身を作ったアメリカ最大のサーカスが舞台です。 さす…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

オフュルスの「流麗なカメラワーク」の頂点はこれでよろしいね?途中途中口あんぐりしながら観てしまい台詞すら追えなかったの…

>>続きを読む

マーティン・スコセッシやポール・トーマス・アンダーソンがビックリ仰天し、自作で真似ようとしたのも納得の驚異的すぎる長回…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

あまり見慣れていないフランスの映画をアマプラで観賞。 後半は目が離せず、尺も理想的でイッキ見出来ました❗ 本作の主人…

>>続きを読む

ずっと観たかった作品でした! 所謂不倫ものなのですが途中から展開が読めなくなりました、また映像や演出、セリフがかっ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ある男(ジェラール・フィリップ)が、眠る度に美女の夢を見て…というルネ・クレール監督作品🎥 この「夢に落ちて行くシーン…

>>続きを読む

ゴーモン配給、ジェラール・フィリップの名声を確固なものにしたルネ・クレールの監督作。音楽は「ローマの休日」のジョルジュ…

>>続きを読む

やぶにらみの暴君

製作国:

上映時間:

66分
3.8

おすすめの感想・評価

王は本当に悪なのだろうか。彼の疑心暗鬼や嫉妬、劣等感は我々と同じだ。その国に縦社会構造の歪みはあるが取り敢えずは平穏無…

>>続きを読む

高田馬場・ACTミニシアターで鑑賞。(2本立て) 1955年のキネマ旬報ベストテン第6位に選出されていたので、観に行…

>>続きを読む

ぼくの伯父さんの休暇

上映日:

2014年04月19日

製作国:

上映時間:

87分

ジャンル:

3.9

おすすめの感想・評価

‪「ぼくの伯父さんの休暇」‬ ‪冒頭、波打つ海岸と心を和ます音楽。 海辺の避暑地、バカンス、家族旅行の人々、列車、…

>>続きを読む

日常の何気ない1コマを切り取って笑いに変える。 チャップリンへの憧憬はそのままに、避暑地の海岸沿いのホテルに開襟シャツ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

西部“劇″ではない。 現実こっちのほうが近いのかもしれない。 観ている最中はもうイライラが迫ってきて苦しかった。 保…

>>続きを読む

アカデミー受賞作品を観よう62(1952年第25回編集賞/主演男優賞/作曲賞/歌曲賞) 画面に漂う緊張感! い…

>>続きを読む

西鶴一代女

製作国:

上映時間:

137分

ジャンル:

4.0

おすすめの感想・評価

お春という女の生涯。 若くして、愛する人に出会い、 年老いて、路上で体を売るまで。 圧倒的田中絹代。凄い。 ごめん遊ば…

>>続きを読む

冒頭の羅漢堂以外、正面きったバストショットが一つもなく、冷徹に一人の女の数奇な運命を高みから眺めた作品。 常に一定の…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アメリカのピッツバーグから小さな旅行バッグひとつで幼い頃生まれ育ったアイルランドの片田舎にやってきたショーン。 惚れ…

>>続きを読む

楽しい!楽しい! こんなに盛り上がる作品とは思わかなった!敢えて例えるなら人情喜劇と言ったところだろうか、、、 舞台…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

夏場になると時々、遠くの方で音のしない稲妻を見ることがある。ゴロゴロ音がしない分、見ていて不思議な感じがする。 『稲…

>>続きを読む

全体的によくわからないところもあり、また物語も大変小さな話。 そのため、何か強烈に刺さってくるものはないのだが、ジワジ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

19世紀末のフランス🇫🇷 芸術の街モンマルトルにある有名なキャバレー"ムーランルージュ"に魅せられた画家ロートレックの…

>>続きを読む

赤い風車=フランス語でムーランルージュ =フランスのキャバレー 「ムーランルージュ」というタイトルの映画は一本ではな…

>>続きを読む
>|