ギフテッド フリムンと乳売り女の作品情報・感想・評価

ギフテッド フリムンと乳売り女2017年製作の映画)

上映日:2018年05月19日

製作国:

上映時間:110分

2.4

あらすじ

「ギフテッド フリムンと乳売り女」に投稿された感想・評価

頑張って40分観たけど、
とても観られなくて
濡れ場シーンだけでも観ようと
早送りしたけど、
それらしい濡れ場がなかった。

今年トップクラスの「まじかよ」出た。

間宮夕貴さんは演技も存在感もあるので良い作品に恵まれてほしい。
すね

すねの感想・評価

3.0
待ってましたぁあ!
出馬康成監督の新作!

レンタルショップへ行くと毎回借りられていて、ムキィってなってたけどやっと鑑賞することができた。

DVDセットして始まって3秒で「あぁ…やっぱりこの監督の作る映像ってまじやばいな、かっこいいな」ってわかる。

3秒で!

出馬康成監督はこれまでにも沖縄が舞台の作品を発表しているが、その中の『マブイの旅』を観たときの衝撃といったら…!

あのラストシーン、ラストカットの素晴らしさは、映画好きになって10年くらいだけど印象に残っている。

それくらい好き!

構図も素晴らしい!!

フリムンとは沖縄方言でバカモノ。
バカモノな男と乳売り女、つまりおっぱいパブのホステスとして働く女のラブストーリー。

バカモノだと知っていながら一緒にいて
バカモノだから離れられなくて。

ふたりはどこか似ていて不完全で…。

パズルは最後まで完成しなくて。

最後のピースの埋め方がわからない。
見つからないし、見つけることもできない。

完成させることが
こわかったりもするのかもな。

不完全なままのふたり
そのままのふたり
居心地よくて。


「ああ、沖縄、父はいなくて乳を売る」何度も聞くこのセリフ。
セリフも詩的で美しかった。

カップルがすれ違っていく話でなくて、もう最初からふたりはズレている。闇もあるのにどこかポップで挿入歌や音楽がとてもいい。

ブルドッグを自分たちに重ねてるのも面白い。
まぁ

まぁの感想・評価

1.5
おっぱいパブ嬢
犬のブリーダーで一攫千金を狙う男性(前科あり)
宗教
集団ストーカー

…なんだろう、この作品…

台詞は聞き取りにくいし(BGMが大きくて)…
音楽は内容にマッチしていないし…
物語も面白くない…

なんだろう…
何が言いたいんだろう…と
観続けて…

「人は一人では生きていけないよ」

だったのかな…と…
自分なりの答えを出した…(笑)

「沖縄」を舞台にしているけれど…
私がイメージしている「沖縄」とは…
違ったな…(笑)
…何処を舞台にしても…良かったと思う…

劇中に登場するブルドッグ…♡
…可愛い…♡
(でも…フガフガ、フガフガ…
かなり気になる…笑)

不器用な人たちの「恋物語」…(と…思おう…笑)
面白い“フガフガ”要素はほぼ“フガフガ”見い出せなかったけどな、良いんだ良いんだ!“フガフガ”大好きな間宮さん(現枡田さん)“フガフガ”とブルコロと“ガフッ”フレブルコロが堪能“フガフガ”できたんやから“フガフガ”満足だよ!ぺろぺろ“ガフゥ”

“ガフゥ”ブルドッグのブリーダーに“フガフガ”なってやるさぁ!な“フガフガ”クズ彼氏と“フガフガ”同棲“ガフゥ”するオッパブ間宮さん、なんか“フガフガ”地味にどん詰まってんじゃね、私?って“フガフガ”話

何故か“ガフゥ”TSUTAYAの“フガフガ”エロ映画コーナーに置いてあった“フガフガ”本作ですがねエロ“フガフガ”映画ではありません、チョメチョメシーンはブスな“フガフガ”お姉ちゃんが2シーンくらい?“フガフガ”
間宮さんはおっぱい“ガフッ”出すけど“フガフガ”おっぱい活躍はしません、“フガフガ”でもな、「甘い鞭」以来間宮さん“フガフガ”のおっぱいに魅了され“フガフガ”ているマシンボーイは間宮さんの“フガフガ”おっぱいが顕になりそこに“フガフガ”あるだけで「マジックミラー号」3本分“フガフガ”のキュンを頂けたんで“フガフガ”満足ですよ、ぺろぺろ“ガフゥ”

そして“ガフッ”間宮さん“フガフガ”やクズの彼氏と“フガフガ”同じくらい“フガフガ”画面に映ってるブルコロとフレブルコロな!“フガフガ”めちゃキュートで“フガフガ”「志村どうぶつ園」3週分くらいのキュンを“フガフガ”頂けたんで“ガフゥ”こちらも満足、ぺろぺろ“フガフガ”

え?テーマとか“フガフガ”良くわかんなかったし、“フガフガ”間宮さん“フガフガ”とワンコロぺろぺろ以外の感想は“フガフガ”クズ彼氏やキチガイの親友に“フガフガ”囲まれて間宮さん可哀想や…“フガフガ”、思った“フガフガ”くらいですかね?
あ、時々“フガフガ”間宮さんが“フガフガ”口ずさむ、乳売りの歌は“ガフゥ”寂しい曲“フガフガ”なんやけどなんか好きや“ガフッ”

ちなみにこんな感じでブルコロ達のフガフガが台詞に被ってよく聴き取れない迷惑なフガフガなんですが、ブルコロ好きとしてはそれも愛おしい作品でした!“フガフガッ”
しゅん

しゅんの感想・評価

2.5
フガフガっ
おっぱいパブ嬢とブルドックのブリーダーになりたい男
フガフガ フガフガ
沖縄の貧困カップルのお話

ハァッハゥッハァッ

風土的なもんは取り入れられてたかなと思うがフガフガ
肝心のお話はイマイチだったかな ハァッハゥッハァッ
フガフガっ 親子のお話と犬のブリーディングと絡めてんのかな?よくわかんなかったわ フガフガ
てかゴチャゴチャ言ってねーで汗水垂らして働けや!ってなりました。ガゥガゥ

こんな具合にブルドッグちゃんがフガフガハァーハァー言ってて集中できないシーンとかあるから気をつけれ。
せっ

せっの感想・評価

4.0

「ああ、沖縄、父はいなくて乳を売る。」.
日本版バンコクナイツみたいな(笑)沖縄の闇金とか風俗とかを描いた作品って初めて見たかも。南の楽園でも社会の底辺に暮らす人は変わらない。

男の方がブルドッグ買っててブリーダーしてるんだけど、最初らへん会話シーンでブルドッグのフガフガ音をわざとだろうけど重ねてて、うるさいわ聞き取れんわ汚いわやめて欲しかったわ(笑)(笑).
まゆ

まゆの感想・評価

4.0
沖縄らしくない沖縄映画。貧困カップルを暗くなりすぎずに描けるのは南国だから?犬の吐息に恋愛映画?青春ロマン?不思議な疾走感が楽しめます。
焦りながら、たくましく生きるヒロイン、間宮由貴さんに好感。